わからんもの




すでにお気づきの読者も多いと思うが、

最近このブログに分子レベルの用語が

登場する機会がガクンと減った。

例えばヒートショックプロテインとか、

一酸化窒素とか、βエンドルフィンとか、

オキシトシンとか、リポポリサッカライドなど。

こうした生理学や生物学の共通用語をこれまで

盛んにここでは使ってきたのだが、

なぜか少し前からそうした用語を使わなくなった。

その理由のひとつは、こうした用語は、

一般の皆さんには耳馴染みが薄く、

こうした用語を多用すると、なんだかものすごく

記事内容が難しく感じるようなのだ。

「先生のブログは高度で深い内容で難しい」

というのが、以前のこのブログ読者の評価だった。

わたし的には、ぜんぜん難しいことを言っているつもりは、

ないのだが、そんな風に言われる理由は、

いったいどこにあるのか?

と常々、悩んできた。

それで、ある時、あぁ、たぶん、横文字の専門用語が

その原因だろうと気がついたのだ。

そうして、そんな専門用語を排除した記事を

心がけてからは、難しいという評価はほとんど

聞かれなくなった。

あ〜、うれしい!

アタシだって、難しい記事なんか書きたくないもん!

だいたいアタシは単純だし。

それでガクレキもカタガキもチイも・・

おっと、ヤバイ、ヤバイ、

この自己卑下的な表現は異常に評判が悪いから、

今後はこの表現は自主規制しなければ(笑)

う〜む、つまり、俺は自分を過大に評価されるのが

好きではないし、持ち上げられたり、

おだてられると、逆に腹が立ってくるという

わけのわからん性格なので、

このブログの記事内容が難しいとか、高尚だとか、

ハイレベルだとか、そうした過分なる評価が

そうとうにうざくて嫌いなの。

ようはエスタブリッシュメントな論壇には、

私の論説は似合わないし、

なんだか美しい正論は虫酸が走るほど嫌いになっちゃった。

そんな屁の役にも立たないキレイゴトの正論ではない、

読んでいると時々イライラするし、

ムカムカするんだけど、でもどうしても読むのを

止められない、読むとクセになる、

もうこのブログを読まないと、

一日が始まらないという言わば養生法の探求ブログ中毒、

ヨータン・ブログ・フェチが出てきてくれると、

とっても嬉しいわけだ。

というわけで自然に難しい生理学用語は、

どこかに消えてしまったのだ。

だいたい分子レベルの動きなんか、

体感レベルで把握できないじゃん。

時に30キロ以上のお茶箱を200箱以上も

トラックに上げ下ろしする仕事をしている俺の

治療院の常連のIさんが、

そんな仕事だから慢性腰痛を抱えていて、

ある日、突発的な激痛が腰から脚に来た。

それで整形外科に行ったら、

鎮痛剤のブロック注射を打ったが、

一度ならず何度打ってもいっこうに痛みが引かない。

それで、もしかしたら鍼が効くかもと思い、

私のもとに藁をも掴む思いで駆けつけた。

そんな時に、

「はい、これで、今から鍼を打つと皮膚や筋肉から

オキシトシンが分泌されて、そのオキシトシン分泌が

起点となって続いてβエンドルフィンが分泌されると、

この腰や脚の痛みが緩和される」

なんて説明を、Iさんは求めてはいないわけ。

とにかく一秒でも早く、その激痛を取り除いて欲しい。

無駄な難しい高尚な説明なんか一切求めていない。

それがわかっているから、とにかく一刻も早く

その激痛を取り除くために、鍼先に全神経を集中して、

治療する。

その結果、整形外科で何度もブロック注射しても治らなかった

激痛が、わずかその1回の鍼治療で吹っ飛んで消えた。

ブラボー、俺って、神の手じゃん!

コラッ、自分で言うな(笑)

Iさんにとっては分子レベルの鎮痛緩和の機序説明など

要らんのだ。Iさんが求めていたのは、

体感レベルでの鎮痛緩和。

分子レベルでどれだけ理屈が語れても、

実践で役に立たなければ意味がない。

いや分子レベルの理屈はべつになくてもいい。

きほん、体感レベルで納得できれば、

それがすべてなのだ。

「やった、効いた、治った」の「さんた」。

「さんた」なき理論など、

実践者には屁の役にも立たん。

「さんた」抜きの論説など、

屁理屈だけの自己陶酔。

「さんた」込みの理屈だけに意味がある。

実践なき理論の世界には、ほとほと飽きた。

おれの論説はすべて実践の裏付けをもとに、

展開している。

俺が分子レベルで語ると、自分がなんだか

背伸びしているみたいで、どうも気恥ずかしい。

実験室で顕微鏡を覗いたことなんかないからね。

そういう語りはすべて読書のお蔭。

もちろん読書データと整合性を取るのは大事。

でも、そんな読書データの編集作業みたいな

気取った論説は、もう散々やった。

で、そういうのも、もう飽きたし、

嫌いだし、俺に合わない。

まあ、ほんの香り程度に分子レベルを

登場させることはあっても、これからは、

ぜんぶ自分の言葉で語る。

それがいちばん気持ちいいしね。

生命はエビデンスのツギハギではない。

生命はカオスなのだ。

つまり生命はわからん。

わからんものを、体感レベルで

わからんなりにわかろうとする。

それを言葉にして表現する。

それでエエんとちゃう?





2018.01.03 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

食べ頃




豚の角煮

↑ブログ「ハリィーの掌」から



年が明けた。

とはいえ、自分的には気持ちが刷新されたとか、

なにか新しいチャレンジをしようとか、

そんな勇ましい気持ちは今、

サッパリ湧いてこない。

そういうモチベーションは、

年が明けたからとかそんな大きな節目ではなく、

私の場合はつねに瞬間、瞬間に、

そうだからだ。

はぁ〜、また、新年早々から、

こいつは、めんどくさいイチャモンを始めた。

と、今思った読者の皆様。

お目が高い。

はい、その通り。

どうでもいい事に、難癖を付ける、

そんな性分は年が明けても健在です。

だって、年が明けたら、なにもかもが変わるとか、

去年の悪口雑言がすべてチャラになるとか、

魔法のようにすべてが帳消しになるとか、

そんなのウソに決まってるじゃん。

初日の出を拝んで、一年の安泰を願う。

これはけっこう。

また正月を迎えることができたことを、

お雑煮を食べて噛みしめる。

これもけっこう。

だけど、あらゆる意味で、

昨年と今はつながっている。

いつのことかは覚えていないが、

お正月のテレビに出ていた所ジョージさんが、

「みんな正月を迎えると、よく去年の事は

御破算にしてとか言うけど、俺はもうぜ〜んぶ

ズルズルと引きずって、切らない」と

言って周囲の者を驚かせていた。

その時、アッ、やっぱり一線から落ちないだけの

哲学?いや思想?いや信条があるんだな、

とその時、その言葉を聞いて思ったものだ。

冒頭に挙げた私のもうひとつのブログ「ハリィーの掌」の

昨日の記事は、豚の角煮を取り上げた。

豚バラブロック500グラム×6、を仕込んだが、

そこかしこに配り、今朝、うちに残っているのは、

数個だ。

今、温め直している。

出来たてよりも、何度か火を入れて、

二日後の大晦日あたりが一番美味しくなる。

今朝ならまだギリギリ美味しさが残っている。

でも、これ以上、時間が経つと、

なんだかちょっとカスっぽくなる。

なんでも食べ頃がある。

カスまで崩れていない少し煮詰まって

ちょうどいい食べ頃の記事を、

今年も書いていきたい。

本年も宜しくお願い申し上げます。




2018.01.01 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

魂の叫び





今日は暦のうえでは大晦日。

でも地球にとっては、

いつもの一回転、

コロッと自転するだけ。

地球が一回転するごとに、

人間が作り出したカレンダーの

日めくりが、めくられる。

でも、地球にとっては、

46億年 × 365日!

も回転しつづけてきて、

そのうちのたった一回転。

地球にとっての一回転は、

それほど重大じゃあないだろう。

と、ここまで大晦日だの正月だの、

といちいち大騒ぎする人間を茶化そうと、

前振りしたのだが、なんだか

地球の一回転が一日という表現が、

妙に神々しく思えてきた。

アレッ、なんだこの殊勝な気持ちは?

おい、毒舌はどうした?(笑)

案の定、毒舌再開の評判が良くない。

親族からもクレームが出始めている。

自分を卑下するような

ガクレキもカタガキもチイもメイヨもケンイもない野良犬、

という表現など特に評判が悪い。

そんなことわかっているから、

いちいち言うな、と。

また多方面の方々の気持ちを逆なでしているようで、

そこかしこから、チクチクとリベンジ的な

コメントの反発を招いている。

まあ、狙い通りじゃん(笑)

毒舌ってのは、書く側にも、

それなりの気合がいる。

書いていて、なんとなく、心がザワザワする。

ならば、そんな事を書かなければいいのだが、

書いて自分の気持ちを正直に言わねば、

本当の気持ちが伝わらないのだ。

キレイゴトだけを言っていられれば、

それはこちらだって気分がいい。

でも、キレイゴトはキレイゴト。

そんなキレイな言葉で世の中が変わる事はない。

ぜったいにない。

キレイゴトもまたガス抜き、思考停止なのだ。

神経を逆なでされる。

読むと何だかムカツク。

自分の事を言われているのかと動揺する。

そんな毒舌はそれだけに反発も多い。

だけど、そんな言葉のやりとり、

摩擦がきっと、なにか新しいムーブメントを

生み出すはずだ。

そんな思いで毒舌を再開したのだ。

自分がガクレキもカタガキもチイも

メイヨもケンイもない野良犬である事を強調するのは、

そうしたものを持っている者が、

たぶん羨ましいからだろう。

そうしたものを持っている者は、

若い頃にしっかりと勉強して、

ひとさまが楽しんでいるときに、

脇目もふらずに頑張った者だ。

だからそうしたものを勝ち取り、

この社会でそれなりのステイタスを築いたのだ。

それは大いに誇りにしていいことだ。

わたしは高校までろくに勉強をしなかった。

そのせいで大学に行けるような学力は、

身につかなかった。

努力をしなかった報いが野良犬の境遇なのだ。

エスタブリッシュメントな地位を勝ち得た者は、

それだけの努力をしたのだ。

おれはそれだけの努力を怠った。

だから野良犬なのだ。

ここから俺なりにはい上がるには、

正攻法では無理だ。

キレイゴトの論説では、

とてもじゃあないがはい上がれそうにない。

いや、キレイゴトには飽きたのだ。

キレイゴトでは変革などできない。

毒舌はもちろん自分にもはね返る。

だが、それでいいじゃないか。

そんな跳ね返り、反発すら、

新たなエネルギーに変換すれば。

筋肉に発生した乳酸は、

乳酸回路により回収されて、

またミトコンドリアのATP産生の燃料になる。

からだはもともと余剰産物の毒的な分子を、

ふつうに活用している。

それを見習えばいいだけだ。

今年の本ブログでのわたしの発言に

反発、反感が生まれて、

わたしとの交流がイヤになった方も、

多数おられたことだろう。

言葉は誤解のもと。

言葉は盲信のもと。

言葉はあらゆる意味でめんどくさいシロモノ。

言葉よりも大事なものがある。

それは言葉の奥にある魂だ。

チンケな言葉、ちゃらい毒舌。

そんなコケオドシの言葉の奥にある私の魂の叫びを

感じ取って頂きたい。

これからも俺は俺のスタイルで

このブログを書いていく。

大晦日にふさわしいのか、

どうかわからないが、

本年最後の記事を今日も読んでくれてありがとう!

では、みなさま、よいお年を!



2017.12.31 | | コメント(7) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

めしうまのコツ




今日は年末年始の短期休暇の初日。

自分の時間が取れて、

昼寝でも出来れば、と期待していた。

だが、しかし。

結局、午前は治療院の大掃除、

午後はクルマを洗いと、

なんだか、一日中、働きっぱなしだった。

生まれついての貧乏性か(笑)

でもその甲斐あって、

家はそこそこキレイになったし、

動けば腹が空いてメシも旨い。

胃腸が動くと、

胃壁からグレリンというホルモンが出てくる。

このグレリンというホルモンは、

胃が空っぽになったことを脳へと高速で

伝達する専用の神経回路があると同時に、

血液中にもグレリンは分泌されて、

全身のミトコンドリアに号令のハッパをかけて、

ミトコンドリアを活性化する。

まったく良くできた仕組みだよ。

筋肉を動かす。

肉体労働をする。

筋肉中のグリコーゲン・ストックが使われて、

それをもとにミトコンドリアが爆発的にATPを

産生する。すると筋肉中に溜めてあったグリコーゲンが

使い果たされてしまう。

筋肉中のグリコーゲンが使い果たされたら、

肉体労働のためのATPが筋肉で産生できない。

こうなると、筋肉を動かすことができなくなり、

バテて、くたばってしまう。

それでは困るから、胃にミトコンドリアによるATP産生の

新たな燃料となる食料を補給するために、

胃壁がドラでも鳴らすように、

グーグーと蠕動運動を起こし、

胃壁からグレリンが分泌されて、

脳に腹が減ったと思わせ、

ミトコンドリアに次ぎのATP産生の燃料となる

食事由来の栄養素が来るぞ、と知らせるのだ。

体を動かす→ATPが消費される→

→ストックしていたグリコーゲンまで使われる→

→腹が減る→グレリン分泌→

→大脳&ミトコンドリアの活性化→

→食べ物を食べる→胃腸の消化を経て腸壁から

栄養素が血液中へと送られる→血液中に送られた栄養素が

全身のミトコンドリアに届き、筋肉中に届き、

全身のミトコンドリアがATPを産生し、

筋肉中にグリコーゲンが補充される。

食べて動いてまた食べる。

動いて食べてまた動く。

ひとは、

いや俺はやっぱり食べるために生きている。

働かざる者食うべからず。

そう休日もやっぱり働いちゃうんだよね。

うまいメシを喰うために。










2017.12.30 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

やられた

五木寛之「健康という病」幻冬舎

↑クリックすると本の紹介あり。




昨日は我が治療院の本年最終営業日だった。

この最終営業日は毎年、早くから予約が埋まり、

昨日も営業時間のすべて、8時間余、

治療に明け暮れた。

午後は5時間続けて治療する事がわかっていたから、

昼飯は、ご飯てんこ盛り、3杯食べた。

それでも夜の8時頃の夕飯時には、

腹がペコペコで、天麩羅蕎麦やら、

頂き物のマグロの刺身でご飯2杯、

頂き物の大根の千枚漬けなどを、

ガッツリと食べた。

おまけに食後には、緑茶に静岡銘菓うなぎパイまで。

もちろん、腹は、ほてっぱら、になった。

でも、こういうのを俺の亡くなった

お婆ちゃんたち古い衆は、

「仕事が食べるんだから、いいんだよ」と

言ってくれたものだ。

俺がもしも糖質制限なんかやったら、

ただでさえ痩せてるのが、もっと痩せ細って、

まあ見られたもんではない。

今だって、そうとうに痩せてる。

それで糖質制限なんかできるわけがない。

もちろん、する気もない。

いつだか、同じ歳くらいの若い、いや若くもないのに、

俺の仕事を称して

「部屋の中でやるちょこちょこ仕事」

みたいに言われたことがある。

その時、カッチーン!と頭に来たけど、

べつに、そいつと喧嘩なんかしても、

せっかくミトコンドリアが生み出したATPの使い損だから、

文句は言わなかった。

だけど、だから、今、言っておく。

あのな、世の中には、それぞれたくさんの仕事がある。

そして、みんな、それぞれ、その仕事のなかで、

苦労したり、体を使ったり、頑張っている。

でも、べつに、それを自慢したり、

いちいち苦労してる、なんてみっともなくて、

普通は外部の人間にはそんな愚痴はもらさないもの。

はたから見れば楽に見えるような仕事だって、

やってみれば決して楽じゃないし、

いざやろうとすれば同じようにできっこない。

おい、指圧が、ちょこちょこ仕事だって?

ならば、誰でもいいから、お前が治療師役になって、

誰かをやってみろ。

何分、持続してできるか?

恐らくは10分間も持ちまい!

俺はそれを丸一日中、ずっとやるんだぜ。

手の指の第二関節はぜんぶ、巨大なタコと、

節だらけだ。

ちょこちょこ仕事と揶揄していたような連中は、

いつもこの指のタコを見て、

驚愕する。

俺はその驚愕するサマをいつも楽しんでいるんだよ。

ひとさまの仕事を妙に貶んで見下す。

俺にはそんな気持ちが湧いたことはない。

俺のもとには、あらゆる業種職業の患者が来る。

患者の体は様々だが、そこに善悪美醜の差はない。

体は体だ。

ちょこちょこ仕事、もとい、

フィンガー・レスラー・ハリィー・今村は、

指圧をすると、とっても腹が減る。

でも、腹が減るのが、また気持ちいいのだ。

わたしにとっては時にご飯をてんこ盛りにガッツリと

食べることは、仕事をするうえでも、

生きるうえでも、健康でいるうえでも、

とても重要な事だ。

そこに一律に、腹八分に医者いらず、だの、

糖質制限だの、カロリー制限だの、

長寿遺伝子サーチュインの活性化だの、

そんな理屈を押しつけられても、

はぁ〜、ふざけんな!

でしかない。

つまり、仕事で食事量は幾らでも変わってくるのだ。

肉体労働者と頭脳労働者では、

消費するATPが違う。

ATPを多く消費すれば、その分を補って、

ミトコンドリアをフル稼働するために、

燃料である食事はとうぜん多く食べなければならない。

筋肉をほとんど使わずに頭だけを使うような

ATPをそれほど消費しない労働者は、

少食でもなんとかやりくりできる。

このように、食事量だって、一律に決めることなど、

絶対に出来ないのだ。

それなのに糖質制限という言葉がブームとなり、

まるでドカ食いをする者は非国民とでもいう

世相となっている。

あ〜、イヤだ、イヤだ。

おら、非国民と言われようと、

餓鬼と言われようと、腹が減っては指圧ができぬ。

俺は俺で俺イズムでやっていく。

世の中に溢れる健康情報ほど当てにならないものはない、

という主張は、すでに本ブログでは、

おなじみの主張で、これまでも散々にそんな事を

書き連ねてきた。

うちの患者にもよく言われるのだが、

このブログをもとにゴーストライターが本を書けば、

10冊くらいの本は書けるよ、と。

まさか、辣腕編集者がこのブログに目を付けて、

ここに書かれている内容からヒントを得て、

冒頭の本のコンセプトを思いついたわけではあるまい。

五木寛之さんが以前から健康や養生にモノを言っているのは、

周知の事実だ。

だけど、五木さんは、作家が本業じゃん。

でも、俺は健康カテゴリーど真ん中。

鍼灸指圧師として鍼灸指圧業を25年やってきた。

自分の体を通した体験、主観だけで、

本を書くのと、それにプラスして、

手の内で何万人もの患者の体を実際に触ってきた体験がある

のでは、やはりそこに奥行きや深みが増すのは、

当たり前だ。

だが、しかし、やはり、それはそれ。

ネームバリューのある一流の作家先生と、

野良犬では、知名度に雲泥の差があるのだ。

あ〜あ、先を越されちゃったよ。

あちゃー、ちっ、先に、やられちゃったよ!

というのが、昨日の仕事を終えた夜に

朝刊に掲載された冒頭の本の宣伝を見た時の感想だ。

この本、売れるかもね。

こっちは、とっくに、そんな論説は、

やり尽くしてるけど。



2017.12.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

«  | ホーム |  »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR