新・命を耕す 4

蛯名健一氏の超絶ダンス ←ここをクリック!!!




さて、「新・命を耕す」の第4講は、少し趣向を変えて、まずはこちら上に貼り付けた動画を観てからというサプライズでスタートです。

しかし、何度観ても、観るごとに発見があり、また感動を新たにしてしまいます。

エビケンこと蛯名健一氏のパフォーマンスを初めて観たのは、このダンスコンテストの最初のオーディションのみの動画がある掲示板に貼り付けてあった時で、

かれこれ1年くらい以前かと記憶しておりますが、最初に観たときは本当にビックリしました!

特にあの映画「マトリックス」の主人公ネオがピストルの弾をスローモーションで避(よ)けるCGシーンを、そのまんまCG無しでリアルに再現してみせて、

さらに後ろに超絶技巧で倒れてから、今度は巻き戻し画像をそのまま観ているようにスックと後ろに寝た状態から起き上がったあの演技には、

ここに並んだ審査員たちと同じくスタンディングオベーションで、「アメイジング!インクレディブル!ワンダフル!」の雨嵐な感動を覚えた記憶がございます。

こうして久しぶりにつぶさに観ても、やっぱりスゴイっすね!

予選はそれぞれ演出を変えてきて、観客を飽きさせません。

恐らくは臨死から脱魂、再生、そして天界への昇天を描いたあのシリアスな演技なんか、イントロは暗黒舞踊かアンフォルメルなダンスと思わせますが、

なにかバレエでも観ているかのような荘厳で厳粛な雰囲気のダンスに心を打たれます。

日本のテレビ局が彼のこれまでと今を追ったドキュメンタリーで、彼は「疲れないで、汗をかかないで、いかにして観客を楽しませるかを考えている」と語っていますが、

パフォーマンスを終えても、それほど汗もかかずに、息もそれほど乱れていないのは、どうも確かなようです。

彼の身長は160センチと普通に考えれば小柄ですが、何かそのへんにもヒントが隠されていそうです。

まるで重力など無いかのような、あのスローモーションの「マトリックス」のネオの動きなどは、

これは体重が重く、身長が高い場合には、さらに難易度が増すと推察します。

頭の重さはその高さによって位置エネルギーが増大しますから、背が高ければ高いほどに頭の重さ、大きさが全身の動きを傷害するネックになってきます。

そうそうネックと言えばエビケンさんオハコの「首かっくん」というイントロの技での、首が前に抜け落ちたような演技にもビックリします。

もしも江戸時代にエビケンさんがタイプスリップすれば、彼は両国の見せ物小屋の世界でもトップスターになれるでしょうね。

それで彼の宣伝用の垂れ幕には「男ろくろ首」とか「ヘビ男」とかね、そんなコピーが書かれるかもしれません。

チャップリンとマイケル・ジャクソンとフレッド・アステアとジェット・リーを足したようなダンス風パフォーマンスは、司会者が述べているように

「アメリカがあなたに投票した」と言わしめてのチャンピオンですから、イチロー選手と同じく日本人の快挙としてもっと絶賛されてしかるべきでしょう。

しかし、まだそれほどエビケン・ブームにはなっていないようで、なんでもいいから話題をでっち上げて、一時期だけワーッと持ち上げて、

あとは徹底的にこき下ろすか、エキスを吸い尽くした後は知らんぷりで、後は野となれ山となれ、の化け物メディア体質に

食い尽くされないように、しっかりと芸を練って上手にもったいぶって芸を売っていって欲しいと切に願います。

いやさ、ほら気功ブームとかで俺らは痛い目に遭ってるし、メディアってものの恐ろしさにはほんと懲りてる。

ああ、あのエノケンの感じで、エビケンなのか?な。フフフ、なかなかいいセンスだわさ。

さてと、今回は映像のインパクトが大きいから、アッシはそんなに喋らんでもエエね?

いや、そいでもちっとだけ、何か言っとくかな(笑)

ちょいとそんじゃあ、治療院の宣伝アピールでも、ひとつだけしておきますか。

これまで本ブログでは、まったくと言っていいほどに自分の治療院の営業みたいな事はやってきませんでしたが、

このブログは「鍼灸指圧 光伯堂」サイトに併設されたコラムとしてスタートしておりまして、つまりは本来は

自分の治療院の広告宣伝が主目的なのです。

ようは、この治療院の治療師がいったい何を考えて、どんな治療をしているのか?

をアピールする場がここであるはず、なのです。

ですが、なんだかそういった宣伝営業のような事は何となく「医は仁術」に背(そむ)くような気がして、

これまでは営業記事は書いてきませんでした。

でもね、例えば不妊症に対する鍼灸指圧治療ってのは、これは産婦人科などで行う不妊治療とはまったく異なって、

痛くもないし、恥ずかしくもないし、ただひたすらに気持ちの良い治療でもって、不妊体質が妊娠可能体質に改善されていくという実に優れモノの一面がござまいす。

今も産婦人科の高度生殖医療とコラボレーションとなる温灸治療を継続治療している方がおりますが、

彼女の身体もだんだんといい感じの「場」になってきました。

わたしの身体には患者さんの心身の情報場がつねにダウンロードされてきますので、治療のたびにどんな体質になってきたのかは、この身体で分かります。

恐らくはこうした感覚が『細胞共鳴現象』とか『脳波同調現象』ということになるのだと思います。

言わば避雷針のような、気が通り抜ける身体に変容しているのが治療師と言えます。

アレ、宣伝が中途半端じゃね?(笑)

そうそう、不妊症でお悩みの方がおりましたら、ひとつ選択肢として「鍼灸指圧 光伯堂」をセレクトすることをお勧めします。

不妊症に対する体質改善治療の基本は腰の付近への温灸治療となります。

ヒートショックプロテインをいかにして腰腹背中の全域、太陽神経叢や骨盤内臓器へと分泌させるか、が妊娠体質への変貌の鍵となります。

気がそこかしこに通じはじめれば、間違いなく効果が出ます。

今日も当院に通院中の彼女が来院します。

エビケンさんと同じく顧客第一主義で、

「患者さんが気持ちよくなって、身体が軽くなって、楽しい気分になる」治療を

モットーに本日も仕事に精を出すとします。

ゴールデンウィークも佳境、みなさまに置かれましても養生第一でお過ごし下さることを

お祈り申し上げます。

スポンサーサイト

2015.05.03 | | コメント(5) | トラックバック(0) | 鍼灸指圧

コメント

ウマシカ

おはです。

エビケン画像は、マジ凄かったです(驚
柔軟性、筋力、バランス感覚、全てに超が付くレベル。
オッサンには死んでも、真似は無理です、はい(爆)

ブログ一括保存は、此処がFC2を使っているから。
FC2は全面閉鎖の噂が流れてるから、取り急ぎ保存掛けましたわ。
まぁ、子×5さん、大帝さん等々の保存掛けた次いでなんですけどね(笑)
でも一般受けする内容書いてるブログ、此処だけなんですよ(笑)



2015/05/03 (日) 07:25:35 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

サル クマ トラ トリ で五禽戯(ウマを除く)

おっす、もしもここFC2が閉鎖になったら、

どっかへ引っ越して、新装開店しまっせ!

ブログタイトルは同じでね。

今日は初診のブログ読者さんが来院されて、話が盛り上がってしまって、

アレならひと晩でもネタが尽きないかも(笑)

つうことで、次稿でチョロッとそのへんのネタに触れますわ。

まあ、連休はだいたいこんな感じで、オーダーが満杯の日が多いのが、

ここ5年ほどの傾向っすね。

さて、タオル類を干してくるから、またあとで。

2015/05/03 (日) 19:50:47 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

ウマシカコメ

おはです。

先生のブログ三分の二くらいは紙で保存してますが、最近はインク代も厳しいのでデーター保存に切り替えましたわ(笑)

記事内容で言うと、先生が書いていた時期によって、周りの人達に使える範囲が違いますからね。
書いてる本人的には、新しい内容の方が納得出来ると思いますが、利用する方としては過去記事が大切に成る場面も多々出て来るんですわ(笑)

前コメで書いたけど保存したブログで、他人のために使えるのは此処のブログだけですからね。
後のブログは、無知で、無学で、無教養な自分の知的レベルを引き上げるために利用しているので、普通の人には面白くない内容かと思います(笑)

諸般の事情により、しばらくダイブします。
顔出せたら、光伯堂にもマジ行きたいですわ。
ではでは。





2015/05/04 (月) 08:01:49 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

いつでも光伯堂の道場破り、熱烈大歓迎っす!

https://twitter.com/yokosimablack

こちらブラちゃんのツイッターは、毎日、欠かさず読んでますので、

こっちにコメントなくてもね、俺的には全然オッケーだぜい!

身体だけは大事にして、いつか馬鹿っぱなしに花を咲かせましょう。

そうだねぇ、過去記事はミトコンドリアに傾斜していて、

それゆえに色んな事象が立ち上がってきて、それもあって今はミトコンには、

あまり触れないんだけど。

そもそも細胞内小器官というのは、マクロの人体で言えばようは組織や臓器に相当するわけ。

そいで脳科学と言えば脳ばっかりに馬鹿みたいに着目し、

肝臓病の専門家は肝臓のみを研究し、

あるいは腸内細菌の研究者は腸内細菌が健康の鍵のすべてを握っていると吹聴し、

食事指導家は食がすべてであると叫ぶ、などなどのこうした

あるひとつの要素に焦点を絞って、他の膨大な要因をすべて無視する論理展開を

要素還元論とも、「オッカムの剃刀」ロジックとも呼ぶことについてはこれまで何度も声を大にしてここでも警醒を促してきました。

私がかつてミトコンドリアを主軸に命の運用を説いたのは、DNA原理主義とも呼べる「ゲノムを知らずばヒトにあらず的」な

強引なゲノム至上主義のトレンドに一線を引いて、いやいやゲノムがすべてではない、ミトコンドリアという細胞内小器官から細胞生理を解読し、

ガン細胞の生成消滅や生命力の何たるか?を説明することも可能である、というこれまでとは違った視点での命のありようを描き出す必要性を感じたからでした。

つまりミトコンドリアはあくまでキッカケに過ぎず、命の膨大な事象におけるほんのワン オブ ゼムを提供したに過ぎませんでした。

ところが、ミトコンドリアが人体に必須の動力源であるATPの95%を産生しているという側面を強調し過ぎたせいなのか、

はたまたミトコンドリアに注目する自然なトレンドの波がいい塩梅にブレイクスルーした時期に重なったのか、

とにかくミトコンドリアを活性化しさえすれば、健康は勝ち取ることができる、という私の意に反したミトコンドリア原理主義な新興トレンドが浮上してしまいました。

DNA原理主義や脳科学至上主義がまったく命を正しく捉えることができないのと同様に、

むろんミトコンドリア真理教でミトコンドリア偏執狂のミトコンドリア信者思考では、命を正しく把握することは不可能です。

脳や肝臓や腸内細菌や食だけに注目しても、命の何たるか?が観えないように、

ミトコンドリアだけに注目したところで、細胞生理の何たるかは分かりません。

ゲノムのエクソン領域とイントロン領域の全容把握、DNAセントラルドグマについての深い認識、小胞体やリボソームの役目、細胞質におけるタンパク分子の動態、ミトコンドリアと同じく恐らくはウイルスかバクテリアが起源であろうペルオキシソームの働きの解読、リソソームという細胞内胃袋の動態把握、オートファジーとアポトーシスについて、細胞膜の役割、免疫細胞とガン免疫の相関の正確な認識、etc、

と細胞生理もまたマクロな人体の組織臓器の様態と同じく、無数の要素が複雑に絡み合いそのどれが欠けても細胞生理はうまくいかずに支障が生じ、

またもしも細胞生理に不祥事が発生すればそれをバックアップする機構も2重、3重に用意されている、

というのが真の細胞生理のありようなのです。

またこれに今話題にしている気の領域である音場、磁場、電場などの要素が多重多層的に影響してきますし、

また意識、意念、こころの問題もこれらに加えてさらに重要な側面となります。

つまり、ミトコンドリアに着目してできる対策が効を奏するかどうかは、これだけ膨大な要素が絡み合う命においては、

ある意味、「大海の一滴に等しい微細な手当て」と言えなくもないのです。

もちろんミトコンドリアの重要性はどれほど強調してもイイくらいに、重要ではありますが、

それならゲノムも小胞体もリボソームもペルオキシソームもリソソームもオートファジーもアポトーシスも細胞膜も免疫細胞も、

まったくミトコンドリアと同じくもの凄く重要で、

音場も磁場も電場も意念もまたまったくミトコンドリアと同じかそれ以上に重要なのです。

こういったわけで、本ブログが開設されて以来の私の思惟の変遷の模様もまた本ブログの見所と言えましょう(笑)

現実に癌の末期の患者さんや、筋ジストロフィーを長年病んできた患者さんや、リウマチで関節が変形してしまった患者さんや、

脳梗塞の後遺症で片麻痺になった患者さんを目の前にすると、

ミトコンドリアうんぬんなどという屁理屈など一切通じず、

とにかくその場で何らかの結果を出すことが私たち治療家に求められる最大のミッションとなります。

PC上の空論とエッジな医療現場の真実が、整合性をもって合致することは、まずありません。

エッジな現場には、エッジな現場でしか感得できない命のありようが存在します。

それが、まさに今回の大きなテーマである気と関わってくるというわけです。

さて、音が気である、という真実が今後は大きなトレンドに育っていくかどうかは、

これからの論説展開にかかっているとも言えます。

とはいえ、いつも通り、平常心で今後も様々なトピックに挑戦していきますので、

どうぞ今後ともよろしくお願い申し上げます。

2015/05/04 (月) 22:13:44 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

ウマシカ

おはです。

お気遣いに感謝です。
健康はボチボチなんですが(笑)、試験勉強に集中したいので、少しネット環境断ちをと思いまして。
いい加減結果出さないと、かなり拙いので(爆)

人体も、世の中も、微細に拘り突っ走ると、結果ズレて行きますからね。
音も、電気も、磁気も、光も、結局は振動ですからね。
震度・周波数の世界を抑えたモノが、主に成ると自分は強く考えてますわ。

ではでは。

2015/05/05 (火) 06:16:01 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR