命を耕す 30

「人はつねに心気を身体の下部にみたさせるべきである。心気が下部に落ちつき、一身の元気が全身にみちるときは諸病のおきる一部の隙もない。

名人達士の息は足の踵でし、凡人は喉で呼吸をする。

およそ、生をやしなうの道は、身体の上部を清涼にし、下部は温暖をたもつように気をつけねばならない。

臍の上に小豆をのせてあると想像し、観念し、心気を丹田におさめる。

心を掌のなかにみたして行動せよ。

心を足の裏におさめて、よく万病を治す。

心こそ、地獄と、極楽の作り手である。心の奥の心宝の光をかくす心上の雲を吹きはらえ。

なにももとめなくてもよい。おのれの心さえ平和に養いたもち、正しくととのえ、そだてあげればあとは自然によくなる。」

引用 直木公彦「白隠禅師 健康法と逸話」日本教文社







バイタルフォース(生命力)とは、身心のエネルギーが合致したもの。

しかるに、身体は心の支配を受けて働き、心は身体の具合に左右される。

この心と身体の両方ともを健やかにすることが、生命力を養う秘訣である。

しかし、現代人はこのモノとしての身体の本当の仕組みも使い方も知らないし、

またこの見えざる心の出所も知らず、心を自在に操る方法も知らない。

ようは身心の実相実体を何も知らずに生きているのが現代人なのだ。

だからこそ、万病がはびこり、万障に襲われるのだ。

人類をこの無知無明の災厄から救う手だては果たしてあるのか?

もっち、ある、ある、あるに決まってまっせ、ここ、ここ、ここに、ありまっせ(笑)

ビリージョエルの名曲「素顔のままで」

あの曲の中に人の生きる道の真理が歌われていました。

橋本敬三先生は「人は本来、生まれながらに救われている」とも申しております。

肩肘張らずに、素直に、素顔のままで生きられたら、

その瞬間に、わたしたちは極楽の仙境に到達するのでしょうね。

とはいえ、わたしはけっこうつねに修羅の世界における阿修羅の憤怒像と化しておりますがね(笑)

フンヌーッ!!!!!、と憤怒してるうちは、まずもって神気(しんき)は丹田に収まりませんわな!

足裏を意識しながら、歩くと、地に足が付きます。

この要領で、自在に意念を身体全域に通じさせることができれば、

百病が生じる隙がなくなり、健康体になるかもしれません。

まあ、心がね、なかなか御(ぎょ)せないのが、俺のいちばんの問題かも(笑)

ユーチューブで観た、じじー・ジョエルの顔、まるでシルベスター・スタローンみたいで、

人生の哀愁が顔に出ていて貫禄と味があった。

あのお歳で、ピアノ弾き語りだもんね。すげえよ!

いやさ、よくビリーの曲を聴いていた高校時代を思いだして、

スイート&ビターな気分に浸って、泣けてきちゃったよ。

フフフ、こういうのも音という気による浄化作用というか、気功そのものだよね。

スポンサーサイト

2015.04.26 | | コメント(16) | トラックバック(0) | 鍼灸指圧

コメント

ウマシカ

おはです。

昨日の飯山Gのブログ2版は、先生が日々の実践やブログを通して発信してる情報と、滅茶苦茶シンクロしてますな。

指圧の評価が、狭い範囲の一部で変わる鴨(マジで)
潰される可能性も有るけどね(-_-;)

飯山Gの秘蔵の弟子て、先生知ってるんじゃないですか?(笑)

2015/04/26 (日) 06:01:38 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

ほんとや!

ひさびさに、ビリーに夢中で飯山Gのブログが更新されてたのを

見過ごしてた(笑)

弟子を読んでの弟子って、まさか飯山G本人の指のことだったりしてね。

あるいは、患者側の本人の指とか。

自己指圧を飯山Gが指導したとか。

それより、ビリーだよ。

ピアノマンもいい曲だよね(笑)

あっ、ブラちゃん、遅ればせながら、ありがとう!

舌使い呼吸法から、だいぶここ数日でメソッドが進化してきた。

肛門運動法とかね(笑)呼吸のついでに肛門とか、そのへんの筋肉も連動させたら、

けっこう気持ちイイかも。

ヨーガにはよくあるやり方だけど。



2015/04/26 (日) 06:18:37 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

追加

無料で3時間の治療とか、8時間も指圧し続けるなんて、プロなら絶対に引き受けないと思うよ(笑)

だからプロの仕事ではないかも。

どうもね、そのへんがなんですな。

ただ、指圧が再評価されていくキッカケになることは、イイことだけど。

飯山Gの方から、そのうちフォローの情報が発信されるでしょうから、

そのへんも注視して検証しつつ、慎重に取り扱うということで。

末期癌がアッサリと指圧で治るとか、そういう路線は逆にちっとアブナイし、

うっかりするとトンデモ再評価になりかねない。

あくまで、指圧の真の価値、有効性を正統にプロである有資格者が熱く発信していくというのが、やっぱり正しい方向性だと思ってます。

ここみたいにね。

2015/04/26 (日) 06:38:34 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

追加2

う〜ん、情報だけなら、ここは見るのは無料だし。

もしも、ここを読むだけでアッサリと元気になりゃあ、

そりゃあ、すげえ、奇跡の読書気功治療だよね(笑)

秘蔵の弟子と言えば、そう言えなくもないし(笑)

まっ、やっぱりあのくらいのGさんともなれば、一癖もふた癖もありますわい。

2015/04/26 (日) 06:58:48 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

ウマシカ2

ビリーですか、確かに良いですな。
アップテンポよりかは、スローテンポの曲が好きですね。
個人的にはUKなんで、フィルおじさん聞いてると落ち着きますわ(笑)
PSBとか、SOSも好きです、はい。

飯山Gの書き方だと誤解生むかもしれないけど、指圧受けて体調とメンタルが良い方向に変化したことは間違い無いから、読む側が表現水割りで良いんじゃないんですか(爆)
過大な期待持った人が誤解して、トラブルに成る危険性も否定は出来ないけどね。
期待も中庸で(笑)

2015/04/26 (日) 07:09:27 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

うい、了解っす!

中庸路線は、イイッスね。

過剰な期待は、常に裏切られるってのが、命の現場っすから。

期待半分くらいで、オオーッ、効いた、みたいなのが理想か。

2015/04/26 (日) 07:59:37 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

ここんとこの気づき

実は自分はヘソシタ三寸の丹田という意味が今まで

まったくわかりかねていて、何が丹田じゃい?!

と相変わらずのアマノジャクをこれまでずっと貫いておったわけです。

だけんども、だいたいどこを見て回っても、誰もがクチを揃えて

丹田、タンデン、たんでん、とね、こればっか言うわけよ。

そいで、ではいったい理想の腹(はら)とは、いったいどういうものか?

と真剣に考えていたら、電撃閃光が脳内空間にピカッときらめいて、

そう、かの三木成夫博士の前稿の一文によって、見事に解剖学的なタンデン腹の意味が解読されて、

な〜る、なる! つまりは腹部における内部からの内圧による自己による

腹部指圧こそが、按腹(あんぷく)こそが、

理想の腹を作るメソッドだ、と閃いたわけです。

腹に空気を入れるんじゃなくて、腹圧をうまく内側からかけることで、

腹部臓器のすべてを内部から指圧するということ、

がきっと、すげえ、身体賦活作用があるんだろうとね。

で、これってクルマに乗ってる時にも出来るし、寝てても、座っていても、どこでも出来るし、

舌の運動法も、肛門の引き上げ運動も、これもどこでも出来て、ゼニは一銭もかからない。

まんず、これでネバネバヒート養生法のヒートのアイテムとしての「適度なエクササイズ」が、

少なくとも舌運動、肛門運動、腹圧運動の3点もここにオリジナルに創発されて、そろい踏みしてしまったとね。

いや目出度し、目出度し!

カエルのノドの筋肉に由来するすべての筋肉や経絡がこの舌、腹圧、肛門の三点セットメソッドで

十二分に刺激できるから、こりゃあ、養生法に一大革命が起こってくるぜい!

まっ、ヨーガにしろ、気功にしろ、この三点セットは必ずどこかの修練に挿入されてはいるんだけど、

ワッチの場合は、こうしてキモの美味しいところだけを

抜き取って、キレイに皿に並べてしまうという一種の特技がありまして(笑)

鮮度の良いうちに召し上がれ(笑)

2015/04/26 (日) 16:58:58 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

ウマシカ3

帰宅したので、コメの続きwww

釈迦の呼吸法=逆腹式呼吸法
これ効きますぜ、旦那。
たんに吸気の時には腹を引っ込め、
排気の時にお腹を目いっぱい膨らませるだけ。
但し普通の腹式呼吸と比較すると、
見た目お腹出てない感じだけどね。

初めて数日後、両脇腹に謎の筋肉痛・・・。
それが内側からの圧力だと気付くまでに、
そこから数日掛かりました(笑)
恐るべし逆腹式呼吸(-_-;)

朝か晩にやっているトレーニングの時は(15分から20分くらいね)
途中から1分間に1呼吸くらいの感じですね。

良いんだか、悪いんだか(笑)

2015/04/26 (日) 18:10:26 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

浜名湖ガーデンパーク

という、箱物行政のなれの果ての公園はあるんだけど、

基本、駐車場は無料で、屋形船も展望台も乗らなければ、

全部、無料なる公園があって、今日はそこへと出掛けて、

日光浴と散歩して、メラトニンを分泌して、各種の筋肉を刺激してきて、

さっき、帰宅して、脳内に溜まったアイデアをブチュッとここに投入です(笑)

その内圧による言わば内壁からの指圧的なメソッドって、これはまたコロンブスの卵で、ここんとこコロンブスの卵が生まれまくってる。

さいで、黄門様だって、いっつも出す方ばっかじゃなくて、引っ込める方に動かせば、

もしかしたら脱肛の予防になる余得もあるかもだしね。

フフフ、こりゃあ、やっぱ内圧革命!

でも、あまり内圧かけ過ぎると、あのオリンピックのバーベル挙げみたいに、

腰椎ヘルニアになったり、脱腸になってもね。

そのへんの匙加減が今後の課題かもね(笑)

こういうネタの展開はネタが尽きない、尽きない、湧く湧く(笑)

2015/04/26 (日) 18:17:57 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

脱肛というと

烏骨鶏が脱肛してるのを発見して、そのままにしておくと
つつかれてお陀仏になるので、カミさんがホームステイを決意。
風呂(洗面器の)に入れて、ドライヤーで羽根を乾かして、
出た腸を押し込んで、乾燥防止に蜂蜜を塗り込んだり、
を繰り返すこと1週間。全快して鶏小屋に戻りました。
ダッコちゃん(その時からの命名)にしてみると
総排泄腔にあった異物を出そうと気張ってるうちに脱肛した様子。
匙加減は大事ですね。(笑)
失礼しました。

2015/04/26 (日) 19:16:13 | URL | 桑畑五十郎 #- [ 編集 ]

肥田式強健術

この肥田春充が創始した独自の身体操法だど、

やっぱりカエルバラみたいに、本当に布袋さんかと見まごうような、

立派な太っ腹に腹全体を膨らませる。

でも、俺とブラちゃんが今、創始しているのは、見た目にはまったく

腹が膨らまないのに、しっかりと内側から外へと向かって圧をかける方法だからね。

まあ、とにかく、舌、腹、肛門なんかの動きを深く探求すると余得は大ありと見た!

2015/04/26 (日) 19:21:25 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

完治祝い!

すごいっすね、桑さんと四十鈴さんは。

幸せなコッコちゃんですね。

烏骨鶏の脱肛治療の権威?(笑)

おいらが今、始めたのは黄門様をキュッと引っ込めるメソッドですわ。

これで上の舌と、下の肛門の、上下の出口のメソッドをつなげたわけっすね。

なんか、上下をつないだところがオモロイと自分では感じています。

2015/04/26 (日) 19:38:41 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

HSPですかね

風呂につけてやると、気持ちよさそうにつかるんですよ。
自力で食べれなくなった鶏を何羽も見送ったけど、
弱った鶏はまず入浴させるのがいい鴨ですね。(笑)

2015/04/27 (月) 06:51:11 | URL | 桑畑五十郎 #- [ 編集 ]

HSPでしょうね

「気持ちイイことなら、なにをやってもイイ、もし冷蔵庫に入って気持ちイイと感じるのなら、そうしてもイイ。ただし、それをやったあとに、グッタリするようなことがあれば、それは身体には良くない」

みたいな事を操体法の創始者であった医師、鍼灸師の故・橋本敬三先生が仰っていたけどね。

コッコちゃんも、風呂に浸かると気持ち良さげ、にしてるんすかね?フフ。

昨日は浜名湖花博の跡地である浜名湖ガーデンパークにお出かけして、子供っちは

ジャングルジムみたいなネットを張った遊具で目一杯飛び跳ねて、うちら親はそれを木陰でボンヤリと眺めて、

どうでもいい無駄話を夫婦で歓談する、というまことに平和な休日を過ごしました。

浜名湖もいよいよアサリ狩りのシーズンで、そこかしこで、すでにアサリを物色中の人影を目撃。

ワッチは、実は浜名湖の景色がとっても好きで、ほんと、ここんとこ、良く浜名湖には寄ってて、

連れ合いには「また、ハマナコぉ〜〜〜!」とヤバイ雰囲気ではある(笑)

子供っちには、昨日の遊具は大好評だった。

汗ながして、HSP分泌して、日光浴びてセロトニンやメラトニンを分泌して、

まあ健康に良い休日でしたね。って、さっきも言った?(笑)

そう、それで、ハイウェイドライブにおける腹式呼吸法とか、肛門引き上げとか、舌運動法とか、そのへんも修練してきて、

帰宅して、ちょっと腹が痛いと思ったら、どうもガスが押し出されてきていて、

放屁一発で、この腹痛は解消とあいなりました。

なんか、今朝も体調が良いんだけど、こりゃあ、三大内圧メソッドの効能かしら。

2015/04/27 (月) 07:32:41 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

あらゆるところで

共鳴し始めているとすると、とてつもないハーモニーが生まれるかも。
卵とか種って一種のビッグバンなんですよね。
だから芸術は爆発です。何のこっちゃ(笑)

2015/04/27 (月) 19:13:39 | URL | 桑畑五十郎 #- [ 編集 ]

ムッシュ イマイ

今井俊満というアンフォルメルの旗手と呼ばれた芸術家は、

「自分のコピーはしない」

が信条だったけど、ほんと作品の様相がコロコロと年代で変わっていって、

ある批評家は「全細胞をチェンジするアーティスト」と評価してましたね。

自分の「変わらなくあるために、変わりつづける」は

もちろん小沢一郎氏の座右の銘のプチぱくりだけど(笑)

同じニュアンスです。

碩学や達人はみな同じく丹田の核心を掴んでいるだけど、

それぞれの度量で表現していて、受け手の器量がまたマチマチだから、

やっぱり、何が核心なのか?が伝わりにくい。

だから、アッシがわっかりやすい味に仕立て直して、

これも「変わらなくあるために、変わりつづける」の策で、

子供でも食べられるようにしちゃう、ってのが本ブログのミソ。

丹田も上丹田、中丹田、下丹田があって、さらに背中に2から3点と手と足にも、あるとも言われている。

でも、陣さんも仰っているように、3点絞りくらいがベスト!

舌、腹、肛門を意識するだけで腸管内臓系と体壁筋肉系のすべてに刺激が通じればとね、フフフ。

2015/04/28 (火) 05:22:14 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR