ぬくもり

「聖人(せいじん)は未病(みびょう)を治すとは、ヤマイいまだ起こらざる時、かねて慎めば病なく、もし飲食色慾などの内慾をこらえず、風寒暑湿の外邪を防がざれば、その侵すことは少しなれども、後にヤマイをなす事は大にして久し」『養生訓』巻第一、総論・上36

「聖人は未病を治して、已病を治さず、未乱をおさめて、已乱をおさめず」

真の上医はヤマイになる前にヤマイにならない養生法を提言し実践させることで大衆を健康に導き、

真の統治者は戦乱がまだ始まっていない時に戦争を回避する外交手腕を発揮して、戦争のない平和な一生を国民に送らせる。

どこぞの国の宰相や医療者には、まことに耳に痛い言葉です。

戦争も医療もありもしない脅威を煽り、ありもしない敵を捏造し、ありもしない大量破壊兵器やテロ組織やガン化原因物質や病因を標的に、あたかもそれがあるがごとくに

人々を記者クラブメディアやあらゆる媒体を使ってマインドコントロールすることで成立させるマッチポンプなでっち上げなショックドクトリンなインチキ産業、

ひとことで言えば、医療と戦争は資本主義マーケティングの論理で運営される純ビジネスというのが本質なのだ。

そして今や既存のこうした医療産業や戦争ビジネスの本質が暴かれたことで、覚醒した一部の者が真実の情報を公開するフェーズ(段階)へと移行している過渡期なのだが、

さて、医療産業の悪辣さを声高に叫ぶ自称覚醒者の中に、どれだけホンモノがいるのか?

そこんとこが、かなり問題なのだ。

現代医療を叩くのはケッコウ、しかし、現代医学の良さはまた計り知れない程にあることも事実。

救命救急、感染症に対する抗生剤、精密な手術、どれをとっても東洋医学では歯が立たない。

ではあるが、例えば病気にならない健康な時に東洋医学を受療する事による健康増進効果は、

およそ西洋医学や現代医学では逆立ちしても絶対に及ばない。

健康な身体をより健康に保つ医療が実は鍼灸指圧、東洋医学の醍醐味、真骨頂なのだ。

未病治とは「いまだヤマイならざるをちす」と読む。

医者の常套句に「なぜこんなになるまでほっておいた?」と患者の不養生を叱る言葉があるが、

そんじゃあ、アンタは真の意味での「こんなにならない」養生法をこれまで大衆に啓蒙し、実践させてきたのかね?

と、逆にこちらが「こんなんなっちゃった」患者の味方になって反撃したい。

いいっすかね?

なぜこれほどまでにこの日本には病人が溢れて、この国の医療費が40兆円にまで膨れあがっているのか?

それは本当の意味で価値ある養生法が一般化しておらず、習慣化していないからなのです。

では、本当の意味で価値ある養生法とはいったい何なのか?

だ〜か〜ら、それこそが『ネバネバヒート養生法』って、何度も言ってるじゃない!

めんどくさい、難しい理屈なんか覚えなくてもイイから、

ネバネバヒートという言葉だけを暗記して、ネバネバは植物性食品や発酵食品に含まれるβグルカンのことだな、

ヒートはヒートショックプロテインのことで、これは体温を少し上げるような自分に合ったエクササイズを実践したり、

世界一のヒートショックプロテイン医療である鍼灸指圧を症状のある時だけでなく、症状などない健康な時にも受療することで、

身体中に生体防御タンパク質のヒートショックプロテインを分泌させることだな。

あっ、そうか別にエクササイズをやらなくても、鍼灸指圧を受けなくても、βグルカンを食べるだけでもヒートショックプロテインは分泌されるから、

ネバネバとヒートをひとつの言葉に融合してあるんだ!

誰がこんなスゴイ言葉を作ったのかなぁ?

「俺だ、オレだ!ハリィ様だ! 未病治の上医、ここにあり!」

う〜ん、なんかまた敵対者を猛烈に増やしそうな展開だ(笑)

スポンサーサイト

2015.03.01 | | コメント(6) | トラックバック(0) | 命曼荼羅

コメント

(笑)

イェイ!!

2015/03/01 (日) 13:47:29 | URL | nakaohayato #- [ 編集 ]

ありがたやー!
ネバネバヒート、スゴイですわ!

2015/03/01 (日) 20:29:51 | URL | 三十路 #- [ 編集 ]

フフフ

nakaさん、このあいだコメ欄でスーフィーダンスに触れたのが、

キッカケで、ここんとこスーフィーネタが続いて、

スーフィーダンスの哲学や思想まで知ることができて、

イスラム文化圏の奥深い叡智にビリビリ来てます。

トルコのある宗派の年1回のスーフィー祭りもユーチューブで観たけど、あれも凄かった。

輪廻転生とか、螺旋とか、DNAとか、重力とか、生命記憶とか、宇宙法則とか、曼荼羅とか、原形質流動とか、マニエリスムとか、

「変わらなくあるために、変わり続ける」とか、

スーフィーダンスの集団を観てると、色んなキーワードが浮かびます。

恐らくはそういった生命や宇宙の本質となるコア・コンセプトを身体知として体得するための身体操法がスーフィーダンスであろうと推察します。

アタシもスーフィーな回転を軽くマネしてみたけど、目が回ってしまって、いつものタコ踊りに戻しました(笑)



三十路さん、いつも応援ありがとう!

2015/03/02 (月) 02:12:54 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

久しぶりになります。

すごく久しぶりのコメントになります。
フランスで歌手をしている者です。

何年分かの遅れを取り戻すように過去記事を読ませて頂いておりますので、いつも突拍子もないコメントなってしまいますがお許しください。

>真実の情報を公開するフェーズへと移行している過渡期

まさにそういうことですよね。
そう捉えると、あと5年、10年もした頃には、
大分東洋医学の考え方で健康を捉えるような
視点も社会の中に浸透していくのでしょうか。
そうあることを心から願っています。

そして、kouhakudouさんがご指摘なさるように、
西洋医学の本当に優れた部分と、
東洋医学の本当に優れた部分を
はっきりと認識したような
コンセンサスが出来上がっていったら
本当に素晴らしいですよね。

2015/08/02 (日) 03:25:52 | URL | akechi #- [ 編集 ]

ボンジュール!

akechiさん、こちらこそ、お久しぶりです。


いささか無駄に膨大な過去記事がございますので、それなりに読み飛ばしながら、最新記事を読んでくだされば、ありがたいです。

なにしろ、書いた当の本人も過去記事には頓着しないタチなんで(笑)



一説によれば、現在の医療は、西洋医学が3割、東洋医学が7割を受け持つことで、

医療費の膨大問題はアッサリと解決すると言われております。

ところが実際は西洋医学が9割、いや全部で、

東洋医学は1割もしくは蚊帳の外という状況が続いております。

頭痛ひとつ取っても、鎮痛剤で治すところを東洋医学で治すだけで、医療費は大幅に削減できます。



こういったシビアな問題も含めて、これまであまりに東洋医学が注目されてきませんでしたので、

それでひとつわたくしめが、一肌脱いで、東洋医学を斬新な切り口で見せることで、

東洋医学の啓蒙を推進しようと目論み、こんなブログを続けております。




現在、トリニティウェブというウェブ版の雑誌に

「養生アルカディア 凝りを巡る哲学的考察とセルフケア」

という連載をはじめておりまして、これまで初回2回分の連載記事がアップ済みで、

只今目下、第三回目の記事原稿を鋭意執筆中というところです。

明日8月3日に入稿予定で、ようやく、原稿も90%ほど出来上がってきて、

最後の推敲に集中しております。



しかし、今年の日本の夏は暑いですね!

akechiさん、フランスの今年の夏は如何ですか?



2015/08/02 (日) 06:33:38 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

私も長文好きなので、思い切って書いてしまいますね。

そうですね。
西洋医学3割、東洋医学7割というのは私にも感覚的にぴったりくる割合に思えます。

私は西洋医学などごめん被ると言いたいですが、
緊急医療や、眼鏡を作ったりなど、社会全体を考えればおそらく3割ぐらいは必要な分野がありそうですもんね。


本当にそうなったらいいなぁ。。
まったくそうはなって無いですもんね(涙)

こういうことは、いろいろな既得権益などの関係上、草の根的に広めるしかないのだと思いますので、
私も自分の親しい付き合いの範囲内だけでも、
少しでもバランスのとれた認識が浸透するようにと思っております。



フランスは今年は6月末から猛暑が始まり、
ほぼ1ヶ月の間36℃越えが連続、40℃などもたまにあったのですが、
1週間ほどまえから、一気に15℃ほどまで冷え込みまして、過ごしやすいというよりは、すでに秋の風がちらほら感じられるほどです。

こちら、西側のヨーロッパの真ん中辺りでは、
こういった暑さが毎年ちょこちょこあるのですが、
普通はほんの一週間ほどで終わってしまい、
あとはだいたい、夏を通して20℃ぐらいの
過ごし易い気候になってしまいます。

我々よりも暑さに弱いフランス人は(私の奥さんも含めて)ヒーヒー言っておりますが、非常に乾燥した気候ですので、40℃とは言っても日陰に入れば、冷房なしでも十分しのげる程度なのです。
トマトやキュウリ、スイカなどを食べて、冷房なしでしのぐ猛暑はとっても気持ちがよかったです。

もう15年も日本のむっとくる暑さを体に吸収していないので、私には最近、あの暑さが恋しく感じられてきます。年に一度そういった暑さを体に入れる事が、実は日本人としての自分の体にすごくいいことのように最近は感じているのです。


養生アルカディアのほう、
読ませて頂きます!
今後とも応援しております。

2015/08/02 (日) 12:53:08 | URL | akechi #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR