兼愛 21

「強きヒトは、強きを頼みて慎まざる故に、弱きヒトよりかえって早く死す。また、体気弱く、飲食少なく、常にヤマイ多くして、短命ならんと思うヒト、かえって長生するヒト多し。これ弱きを畏れて、慎むにあり」『養生訓』巻第一、総論・上31

養生のキーポイントは2つで、万事を畏れて、万欲を慎むことにあるわけですが、つまりは養生(ようじょう)とは用心(ようじん)ということになるのかもしれません。

たとえ目だった症状が発現していない健康感がある時にすら、ヤマイを畏れて用心して養生に努めることが、結果として無病息災の人生を約束するのだ、と一貫してマスター・エッケンは主張しております。

慎んで益軒先生のアドバイスを参照し、実践しようではありませんか!

さて、前稿では「ガンの原因はウイルス説」に軽くジャブをかまして、噛みついてみましたが、まだ歯が食い込んで離れませんので、少し犬歯でこの学説の肉を食いちぎって、本稿の奥歯でよく咀嚼してみます。

そもそもこの学説の何がオカシイのか?というと、普通は細胞がウイルスに侵蝕される(例えばレトロウイルスの場合)には、

まず細胞外から細胞膜のレセプターに「鍵と鍵穴の関係」でピッタリマッチするMHC(主要組織適合性遺伝子複合体)を見つけたレトロウイルスは

その鍵穴となる部位に自分の殻の部分のキャプシド蛋白質を吸着させて宿主細胞の細胞膜とウイルスの殻の多糖分子を一体化させることで

細胞内へと向かう門戸、扉(とびら)を作り宿主細胞内に侵入していきます。

こうして最初に宿主細胞の細胞膜のドアを開けてウイルスが宿主細胞内へと侵入すると、

ウイルスはやおら自分が羽織っていたコートを脱ぎ捨てて(これを脱殻・アンコーティングと呼ぶ)、

ウイルス内にみすからのキャプシド内に仕舞っていたウイルスゲノムのRNA情報を逆転写酵素によって

宿主細胞のDNAゲノム内へと組み込みます。

こうなると宿主細胞は最早、ウイルスゲノムの支配下に敷かれて、宿主DNAはウイルスの望むに任せて、子ウイルスを合成するためのタンパク分子の作製を始めて、

ウイルスを組み立てる部品が宿主細胞の細胞質に揃うと、それらは組み立てられて(これを集合・アッセンブリーと呼ぶ)、

ついに宿主細胞内に生まれたたくさんの子ウイルスたちが、宿主細胞の細胞膜を内側から破って

宿主細胞外へと放出(これをバディングと呼ぶ)されていき、細胞外へと放たれたウイルスたちはまた次なる宿主細胞を見つけて感染していきます。

この吸着、侵入、脱殻、核酸の転写複製、蛋白質の合成修飾、粒子形成から放出までの一連の動きがガン細胞内で進行しているのなら、

ガン細胞はセネカヴァレーウイルスによるガン治癒がまさにそれなのですが、常に侵蝕されたウイルスによって破壊されてしまうはずなのです。

それなのに子宮頸ガンの組織にはヒトパピローマウイルスが多数発見されたから、そら見たことか!ヒトパピローマウイルスこそが子宮頸ガンの原因ウイルスだ?だって?

だ〜か〜ら〜、もしもヒトパピローマウイルスが子宮頸ガンの組織に発見されたとしたら、本当の意味でそのウイルスたちはなぜそこに集結しているのか?

ってワタシは聞きたいわけよ。えっ、誰に聞きたいか?って。そりゃあ、ヒトパピローマウイルスにね。医学アカデミズムには別に聞く気はありません!

セネカヴァレーウイルスは「ガンを治す」ためにガン細胞に侵入するが、では本当にヒトパピローマウイルスはガンを引き起こす原因として子宮細胞に侵入しているのか?

もしも本当にヒトパピローマウイルスが子宮頸ガンの原因ならば、確かにヒトパピローマウイルスに対抗するワクチンを作製して、それを接種すれば一定の子宮頸ガンの予防効果はあるかもしれない。

しかし、もしもヒトパピローマウイルスが子宮頸ガンの原因ではなくて、まだいったいこのヒトパピローマウイルスが何をしているのか意味不明であり、

あるいはガンを治す事はなくとも、そうやって入りこんでゲノムをホストと融合融通しているあいだに、ハナシがまとまって、今にセネカヴァレーウイルスと同じように、

ヒトパピローマウイルスもガンを治すウイルスへと変貌を遂げるウイルスとホストの「共進化」の過程が今、現在進行形で進行しているとしたら?

な〜んて想定もアリかもしれないのです。

ウイルスの究極的な役目は「地球生命界の管理」とワタシは見ていますので、ガン細胞内に侵入したウイルスがただその細胞をガン化させているのか?

それともガン化を抑制して正常化させようとしているのか?

今、現在のところはまだまだ浅はかな人智ではその真相を推し量ることは不可能でありましょう。

ヒトの胎盤合成に関わってヒトを生み出すウイルスが、ヒトをガンにしてヒトを殺すのだろうか?

むろん、劣化した細胞はその個体にとって健康に害となるゆえに厳密にアポトーシスされるし、

劣化した個体はその種の進化にとって害となるゆえに厳密にアポトーシスされるわけで、

その両者に「地球生命の管理」を担うウイルスが関わり、劣化した細胞に感染してこれをアポトーシスし、

劣化した個体にガン細胞を増殖させて個体まるごとのアポトーシスを導くことはあるかもしれません。

しかし、基本的にはウイルスは生命の躍動を媒介するメディアなはずで、「ウイルス=悪」キャンペーンは余りに

ウイルスを侮蔑し差別する排他的な生物学における優生学的な選民思想の発露と糾弾してしかるべき案件とワタシは思っております。

単なる勘だけど、たぶん、ウイルスがガンの原因という学説はかなり怪しいと私は踏んでます。

ウイルスに感染を許す程に免疫力が低下しているという状態が持続するとガンにもなりやすい、とは言えますが、

ウイルスそのものがガン化の主要原因かどうかはまだ判然としない、くらいでいいとゲノムの谷間のどこかで声がします。


『 「・・・オロカナ ジンルイカラ オマエ ノヨウナ コタイガ デテクルトハ イガイダ・・・」

「あっ、エルサ、もとい、マザー・ウイルス様!今回は貴女の方から登場してくれましたか?」

「・・・ウイルスノ ナンタルカ ヲ サグル タビジハ ジツニ エキサイティング デアロウ?・・・」

「はっ、はい。このうえなく刺激的です。しかし、余りにウイルスがこれまで差別されてきたことに、いささか重いショックと、激しい自責の念にさいなまれております」

「・・・テンモウカイカイ ソニシテ モラサズ、スベテノ ジョウホウハ リョウシシンクウノ バ ニ インプット サレテイル、オマエノ ゼンゲンセツ ゼンコウドウ モミナ スベテ ワタシノモトニ トドイテオル・・・」

「悪いことはできませんね!地球上のすべてのウイルスが常に地球生命の動向を伺い、ゲノム内にしっかりと共生して、生命界のそのすべてを掌握しコントロールしているなんて、余りにスゲくて、1%がやってるインターネットによる監視なんて目じゃないっすよね!(やべぇ、俺、マザー・ウイルスに向かってため口使っちゃったよ!)」

「・・・スデニ ワタシノコドモ タチガ ジンルイノ イシキヘンカクヲ スベク ヒトナイザイセイレトロウイルス ノ コレマデ シヨウサレテイナカッタ ブブン ヲ キドウシテイル、ヨアケハ チカイ ト オモエ・・・」

「おお、有り難きお言葉です!」

「・・・サラニ ウイルスノ セイメイノ フカミヲ ツイキュウスルノダ、モトメヨ サラバ アタエラレン・・・」』


「101匹目のサル」が世界中に同時多発し、「蝶の羽ばたきが竜巻に変わる」時、

99%の夜明けが始まる!

スポンサーサイト

2015.02.22 | | コメント(5) | トラックバック(0) | 命曼荼羅

コメント

今夜の

晩ご飯はまず自家製どぶろく風飲料を呑み、自家製キムチ風漬物と自家製ぬか漬けっぽいものと(べつに自家製はいらないか?ま、いいか。。)、その漬物汁と酒粕ちっくなやつに二日ぐらい浸けた手羽先をオーブンで焼き、ついでに里芋も焼く。というものでした。
そしてその後、今日の兼愛21を拝見させていただき、ニヤニヤ沸沸していたところ、 そしたら胃腸はもとより、からだの隅々から、(気分としては田んぼや畑や養鶏場みたいなところからも)うおぉぉぉぉぉぉぉぉーーーー!!という地響きの如き歓声に似た、なんというかハリィさんが鼓動の時に触れられてた1ヘルツ以下の低周波音とはこれか!と勘違いしてしまうようなざわめき?叫び?共鳴音?を感じたような気がしました。よ。  

2015/02/22 (日) 12:28:53 | URL | nakaohayato #- [ 編集 ]

むむむ

nakaohayatoさんは、やはりタダモノではありませんね!

ふふふ、マザー・ウイルスに共鳴してくれるんですから、当たり前か。

そうか!マザーの心臓の鼓動が1ヘルツの低周波音かもしれませんね。

しかし、おれらはウイルス場に浮かぶ単なる微細なヒトに過ぎないわけっすよね。

ちょっくらネタがかぶってるとオリジナル性に欠けてみっともないから、リチャード・ドーキンスなる科学者が進化について何を言っとるのか?

「進化とは何か」早川書房を急ぎ、通読しています。

サラッと見てみた限りでは、マザーネタは無いようでホッとしてます(笑)

次稿ではいわゆる感染性の病原的なウイルスに対抗するには?の養生アドバイスを展開する予定っす。

2015/02/22 (日) 19:46:43 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

いいえ

(笑)ただのタダものなんです。
ほんとになんの学識も文識もなんとか識もなく生きてきました。いうなればテニスの上手な人と出来ないぼくが相手させてもらってなんとなくラリーがうまくできちゃってる、、というか、、、たとえば、この〜木何の木ハリィ〜の木が大地やお日様やいろんんものを愛し吸収された、このこの〜木何の木ハリィ〜の木になった実なんかを、なんだかひと味もふた味も満足感もちがうので毎回ごちそうになりにやって来る小鳥ちゃん、もしくは小リスちゃん(笑)なのです。というか、ハリィさんの言われてることはほんとにしっくりくるし、インスパイアされるし、泣けてくるし、なにしろその行動や振る舞いが好きです。文体も。(会った事もないのにすみません!)見た事ないですがグルグルまわるダンス?体操?なんかも、ぐっときたんですよ。ちょっとちがうけど、泣いてる赤ちゃんとかにグルグルまわってみせたら、けっこう笑ってくれますもんね!えっとなんのはなしでしたっけ。。まあいいですね。あと、常連さんたちの話しやコメントもすごく楽しいし、すごいなぁと思うし影響されてます。さて今日の兼愛22もあと何回か読みかえさねば!

2015/02/23 (月) 10:38:54 | URL | nakaohayato #- [ 編集 ]

スーフィーダンス

みたいなのが、イスラム圏にあって、映画「イブラヒムおじさんとコーランの花」にその踊りのシーンがあったのを記憶してます。

ひたすらヒトがコマみたいに回転し続けてる。アレって自分の重力場をコントロールして、

少し反重量的なエネルギーを得ることで、身心を解き放つメソッドかもね。

アタシが昨年の初頭に記事「0円健康法」シリーズを展開した際のマイケルジャクソン風かつ太極拳的な回転ダンスは、

きほんムチャクチャなやり方でしたが(笑)

最近も寒いときはアレをやったり、エア清水宏保になったりして、体温を上げています。

色んな味の実が結実する大樹のような発信者になれるように、今後も精進する所存です。

2015/02/24 (火) 00:32:39 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

スーフィーダンス

検索して観てみましたよ。
ほんとですね!修行僧みたいな人たちが踊っとる!
ハリィさんが回転ダンスのことを書いたときぼくもちょっとだけやってみたんですけど、ハリィさんの説明と映像と、あと音を聴いたらやってみたくなりました。
前のコメント,書いた日の朝、窓から見える木に小鳥たちが7、8羽やってきて、もう少ない枯れ枯れの実をわりかしつよい風に吹かれながら捕食?していったのをみてからのソレになりました。(笑)

2015/02/24 (火) 05:56:46 | URL | nakaohayato #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR