The dawn of Harii 12

ものの本によると私たち人間には「情報食動物」という側面があり、口から食べ物を欲するように大脳が新しい情報を常に求めているという。

新しい情報ということはすでに見聞きした情報では満足しないということなのだ。

外部環境のセンサーとしての嗅覚をはじめ五感の感覚器のすべてを100%動員して、微妙な環境変化を知覚することは自然界においては生き残る上で極めて重要な機能なのだが、

この生命体としてのサバイバル体質が、やがて変化を楽しむ好奇心のベクトルへと移行したのが特異的にメガ容量の情報処理デバイスである大脳をもつ人間ということになりそうだ。

私も本ブログでは実は常に新しい情報を提供することをこれまで試みてきたつもりだ。むろん読者に対するサービスでもあったのだが、なにしろ私自身がまさに常に新しい情報を欲しており、以前に書いた内容と同じでは飽き足りないので、

必然的にそうなったまでである。本シリーズもまた新しい側面を見せる試みとなっております。

アクセス解析ページがまた見られるようになりまして、ここのところのアクセス数の動向から意外にもマニアックな本シリーズにおいて読者数が増えてきていることが判明いたしました。

ということで、前記事で触れたミトコンドリアに関する新しい知見をもう少し公開してみたく思います。

ミトコンドリアは12億年前に原始真核生物に共生した際に自身のミトコンドリアDNAを活性酸素や有害物質から守るために、核膜というシェルターにパックされたホストの細胞核内に疎開避難させる措置をしたという話しを前記事ではしました。

しかしすべての m t DNA をその疎開の際に細胞核に水平遺伝したのではなく、少しだけATP産生に必須の遺伝子を含む m t DNA をミトコンドリアは疎開させずにミトコンドリア内にとっておきました。

これによってミトコンドリアという原始バクテリアを祖先にもつ原核生物は完全にホストである宿主細胞の細胞内小器官、オルガネラの一部になったのです。

ミトコンドリアの祖先はスノーボールアースという地球まるごとが凍り付いた後に酸素濃度が急上昇するようなとてつもない地球環境の激変を生き抜くために、未病治の措置としてみずからを変化させて、真核生物の体内で生きるという共生の道を選択したのです。

ミトコンドリアの祖先がこのような共生的な生きる道を選択したことで、わたしたちユーカリア・ドメインというミトコンドリアや葉緑体という共生オルガネラを含む動植物界が誕生し、進化し発展できたのです。

面白いことにどういうわけかミトコンドリアは不死身のようです。ホストである個体が絶命した生命体からパラサイトであるミトコンドリアだけを採取して培養すると条件が良ければ、このミトコンドリアは永遠に生きるようなのです。

それもそのはず m t DNA の形状は二重鎖のリングであり、末端がなく輪としてつながっているからなのです。ヒト細胞核DNAには染色体末端が存在し、そこには細胞分裂の回数を決めるテロメアという塩基配列があり、

このテロメアによって細胞の分裂回数が決定されており、細胞分裂の限界に達するときにホストもまたこの世を去る仕組みができあがっています。

これがヒトではだいたい120歳の寿命というところです。ところがミトコンドリアDNAは環状でテロメアはありませんから、永遠に細胞分裂が可能であり、よって永遠の生を得ていると言えるのです。

あるいはHela細胞と呼ばれる子宮癌由来のガン細胞もまた不死であることはよく知られています。

ガン細胞は通常はテロメアが機能不全を起こしてずっと細胞分裂できる状態になってしまっているのですが、果たしてガン細胞というものそれ自体は不死身になることで

悪化した環境で生き残ろうとしただけだと、ここでもガン細胞は正常細胞のバックアップ細胞という側面が見られるようです。

ミトコンドリアが機能不全に陥った際にワールブルグ効果を得てガン細胞が誕生するのも、不死のミトコンドリアが死滅したからその身代わりにホストの細胞がガン化することで、不死身のガン細胞になってミトコンドリア分のATP産生をまかなうのかもしれません。

生命体にはそれぞれ寿命があります。それはそれぞれの染色体末端にあるテロメアによって規定されています。

上手に養生をしてゆっくりと細胞分裂をしながら過ごせば寿命マックスを生きることができて、その生命体は大往生します。

しかし生前のどこかでテロメアを激しく使い切り、細胞分裂をし過ぎるような過酷な労働をしいたり、過度な精神的ストレスを受けると細胞分裂というリモデリングカードを使い果たしてしまい、寿命いっぱいは生きられません。

もしも寿命が尽きなくとも、余命を生きることが許される場合にはやはり何らかのエイジング的な症状が付随してしまいます。

癌や変性疾患に罹ってしまう方の生き方とはテロメアを大事にしないで、どこかで使い果たしてしまったのではないのか?と最近扱った患者さんから「気づき」をもらいました。

例え生まれつき身体が弱くても命を大事にするライフスタイルを実践すれば、決して早死にはしません。

ネアンデルタール人の寿命はだいたい35歳前後だったと推定されています。彼らの生活は身体を酷使するそれはそれは余りに過酷な生き様だったということです。

「つよき人は、つよきをたのみてつつしまざる故に、よわき人よりかえって早く死す。体気よわく、飲食すくなく、常に病多くして、短命ならんと思う人、かえって長生きする人多し」貝原益軒『養生訓』

不死のガン細胞を手に入れることなく、ミトコンドリアをめいっぱい活用する生き方を選択することで、わたしたちは120歳の大往生を獲得できるのです。

ガン細胞は私たちの不死への憧れが生み出した細胞なのかもしれません。

ホモサピエンスはネアンデルタール人よりも体が弱かったから、ここまで絶滅しないで生き延びたのだろうか?

現生人類は弱かったからこそ鍼灸指圧を獲得し、ミトコンドリアを滋養できたのだ。

スポンサーサイト

2014.12.11 | | コメント(7) | トラックバック(0) | 鍼灸創世46億年記

コメント

skqという抗酸化物質

タイムリーだなー。笑
先生、丁度昨日「ロシアの声」聴いてたら、ロシア国立大の生理学者達が、老いの原因をミトコンドリア内で生成されるフリーラジカルにあると見て、ナノメートルの世界で、こいつに抗酸化物質を照射、中和させるという、かねてから行われていた動物実験成功し、いよいよ来年から人体実験に移すと言うじゃない。
既に眼科では保険省と言ったかな、向こうの所管が対白内障他の処方薬として認可、実用段階?にあると。
今貼れないんですが、記事もあるんで、
既知でなかったら索ってみてください。
ミトコンドリア内の暗黒物質とか、
魔法の薬とか、
これからが勝負、目指すは122歳とか、
文言が笑える。

2014/12/11 (木) 15:07:26 | URL | 陣中見舞い #- [ 編集 ]

訂正

ロシア国立大→モスクワ国立大
眼科版は白内障緑内障治療の内服薬として既に市販されてる模様

2014/12/11 (木) 15:49:21 | URL | 陣中見舞い #- [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2014/12/11 (木) 17:28:34 | | # [ 編集 ]

おほっ!

陣さん、その節はアタフタしまして、ご迷惑かけました(笑)

ミトコンドリアに注目したコメをネット上に公開してから早5年は経過しましたが、まだまだミトコンドリア関連の情報は一般化しませんね。

いわゆるミトコンドリアの失調とガンとの関連においても、まだまだ煮つめなければならない問題もあり、

そのへんも含めて第二部を進行する予定です。

ロシアは製薬利権とは違うやり方を探っているのでしょうかね?

2014/12/12 (金) 05:41:57 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

非公開コメで投稿した員鍼さんへ

お久しぶりです。

さて議題が多岐に渡るのでザックリと返信します。

ガンとカンジダ真菌との関連はネット上ではよく話題にされますが、わたしは特に注目していません。

このネタとワンセットで重曹がどうのこうのというのもよく聞きますが、スルーです。

そもそもすべてのガン細胞内において真菌が増殖している事が確認されているのか?

ベースとなっているエビデンスはいったいどんなものなのか?

イタリアの医師なる人物は信用できるのか?

なんとなく謎だらけです。

認知症は国策で増えていることは既知ですかね?

三大メガヒット薬である降圧剤や抗コレステロール薬や血糖降下剤などを長年に渡り飲み続けていると、・・・。

だからもしも本格的に認知症患者をなくそうと思うのなら、とてつもない医療改革を断行せねばなりません。

それは無理な話なので、手の内の者だけでも認知症にしないという方策を実行するわけで、

それはといえば、わたしたち鍼灸師の努力にかかっているのです。

あとは酸性とアルカリ性の問題。そもそも人体は恒常性を保とうと常に体液をアルカリ性にしていますので、この酸アルカリ論は果たしてどんな意味があるのか、不明です。

ココナッツオイルなんかも、そりゃあそれなりになんらかの効能はありましょうが、こういったもののほとんどはそのうち廃れます。

以上、たいへん手短な返信でした。

2014/12/12 (金) 05:55:26 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

記事についていかれへんm(__)m
あっという間に増えてますやん!!
サボったらあきませんなあ
何か食べて健康を保つのもいいかもしれませんが、
大抵惚けはりますな
少食で快便の人は、90歳でもお達者です。
豆乳ヨーグルトも、消える鴨~
というE山先生のお言葉なので、
私は少食、快便目指しまーす♪
勿論、ヒートショックプロテインは至るところに仕掛けます
ハリィ頑張ってね~

2014/12/12 (金) 10:40:40 | URL | 大阪のおばちゃん #- [ 編集 ]

毎度っす!

大阪のおばちゃん、温かい応援のお言葉、おおきにでやんす。

めっちゃ、元気出て来た!

認知症なんざね、こりゃあトンデモ医療詐欺の惨憺たる末路なんだけど、いくらそれを言っても、これだけキッツイ洗脳に引っかかると、もう人の意見なんか聞くわきゃあねぇし(笑)

とことん搾り取られてあの世へ行く図式がすでにしっかり出来ちゃってますわ。

まあ自衛策はね、もうヒートショックプロテイン一直線でいいわけよ。

ようは脳神経細胞を含めて60兆個の細胞内の小胞体に変性タンパク質の凝りを作らなければいいんだから。

そのためには小胞体ストレス応答を強制的に働かせる療法がベスト!

で、鍼灸指圧はヒートショックプロテインを分泌できる世界一の療法なんだから、おいらのバッチャンみたいに週2回の鍼灸指圧で惚けずに98歳で大往生がエビデンスやねん!

こっちは書きたいこと、ほんと山ほどあんねんけど、書く暇がない。

寝る間は惜しむなんてのは、真っ平ゴメンで、寝る間に白血球がガン細胞を貪食しまくるわけだから、寝るくらい大事なことはない!

よって7歳児と5歳児と共に夜9時には寝て、俺だけ5時頃に早起きして早朝の脳内ドーパミンマックスな状態で、記事を打ち込むんだけど、時々、寝坊するから、今日みたいに(笑)

今イイ感じにテンションが上がってる。

つうことで、皆さん、よろしく!

2014/12/12 (金) 13:26:51 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR