環 

原始生命体はバクテリアであったわけで、今も我々はバクテリアと共存している。

身体の表面を覆う皮膚には1兆個の皮膚常在菌。腸管の表面には300余種、100兆個の腸内常在菌が棲息している。

この数だけみれば実際には細胞数60兆個よりも多いのです。

ミトコンドリアの数はさらに上をいく12京個。これと常在菌の数を合わせると細胞に主体を置くことすらなにか怪しくなってくる。

私という存在の主体はどこにあるのか?細胞なのか菌なのかミトコンドリアなのか。

このような微細な生き物たちの相互連環によって成立しているのが人体なのだろうか。

まさに命の曼荼羅である。

さて、随分ともっともらしく、生きて腸内へ届くを謳う菌商品がやかましく喧伝されています。

外来菌はキホン胃酸で殺菌されるし、生きて腸内に届いたとしても定住菌である常在菌がすでにフローラという一面のカラフルな常在菌花畑を形成し腸管上皮を埋め尽くしている。

つまり、生きて届くことの意味が確定できるのか大いに疑問を感じる商品が、たくみなイメージ戦略で宣伝されている。

実はこのような外来菌という飲食や呼吸を通じて侵入する細菌類は身体にとっては異物でしかない。まして、人工的に培養されたある種の菌が有益な作用などもたらすのであろうか。

もし外来菌である通過菌がマクロファージの活性化に一役かっているのなら、それはその菌を外敵とみなしているからであろう。

昨今の発酵食品ブームはおそらくは放射性物質を排泄し、免疫を上げようとする本能的な反応から自然発生的に起こったトレンドかと思われる。

それ自体はなんら問題はない。食に関心がシフトすることは養生の基本を理解する機会になるからいい。

ただ、このブームにのって単純な、菌を食べるとその菌が腸内で増える、というウソかホントか怪しい理論が流布されるのは如何なものかと感じる。

商品とはあくまで利潤を追求したシロモノである。安易にひっかかっては常在菌に失礼ですし、腸内フローラは外来菌によって攪乱されてしまうかもしれません。

自然の食べ物を頂いて天寿を全うした棡原村の食は大いに参考になります。

その食の秘密こそムチンという消化液と同質の成分を含む里芋の常食であったのです。

このムチンは胃酸でも消化されずに小腸に到達します。それゆえに、腸内に棲息する常在菌の乳酸菌にとってはまたとない栄養源になると推測できます。

この棡原村の長寿者の腸内細菌叢は乳酸菌優勢、ウエルシュ菌劣勢という青年までの腸内細菌バランスを維持できていました。それは歳を取るごとに減る腸液の分泌を毎日のように摂取するムチンが代わりとなり補ってきたからでしょう。腸内常在菌にとって腸液自体が栄養源です。この腸液が潤沢に分泌されていればいつまでも腸内乳酸菌が元気でいられるのです。

日々の食から腸内常在性の乳酸菌の栄養源になる粘性物質を摂取する、ことこそが、腸内の健康を保つ秘訣と私は睨んでいます。

たとえば、干しぶどう、マイタケやナメコの味噌汁、きくらげ入り卵とじスープ、里芋の煮物、オクラのおひたし、長芋を短冊に切って海苔をまぶした一品。

こんなレシピが腸内細菌の活性化になると思い、日々頂いています。

実践が伴わなければ説得力はありません。

ということで、腸内細菌というカテゴリーも設けることにしました。

あっ、温かいスープは腸内細菌にとって何よりの御馳走かもしれません。

腸を冷やさない。これもバクテリアと共生するコツです。

太古の生命体と共存する人間。

生命40億年の歴史とリンクする養生法。

汝の常在菌を愛せよ。

通過菌はホドホドに愛せよかな(笑)

スポンサーサイト

2012.04.30 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 腸内細菌

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR