ほとけ

生命が発生したのは30〜40億年前くらい。

原始生命体は初期の地球環境に適応しながら過酷な生活圏で必死に生き延びて現在の生命体を形成するに至った。

原始的なバクテリアは酸素のない地球世界でスタートする。のちに光合成細菌が作り出す酸素によって地球上の大気は現在の酸素濃度までにいたるが、この過程で酸素が嫌いな嫌気性バクテリアの大半は死滅する。それでもなお生き残った嫌気性バクテリアは必死にあらゆる手を使いそこら中のものを食べて凌ぎ生き残る。ある日、運良く泥の堆積した地中で好気性バクテリアを口にしてしまう。そして運良くこの好気性バクテリアは嫌気性バクテリアの体内で生命を保つことに成功する。そしてみずからのDNAの大半を宿主に明け渡し宿主が嫌いな酸素を使ってATPというエネルギーを供給する恩返し的仕事を担う役目を引き受けてくれることになる。嫌気性生命と好気性生命の融合の瞬間です。体内に好気性バクテリアが棲まう生命体のプロトタイプの誕生です。これがミトコンドリア依存型生命体の起源であり、我々の祖先なのです。

もともと酸素ってのは苦手なものだった。だけど酸素が現在の大気濃度まで高まった時に生き延びるためには、酸素をエネルギー源とする生命体と融合するしかなかった。この「共生」というアイデアは宇宙の仏性の顕現だったのかもしれない。

高濃度の酸素が人体の生理にとっても良くないのは、二酸化炭素や一酸化窒素が情報伝達機能に寄与しているから。だから酸素を大量に吸い込むと痙攣が起こる。これは情報伝達を担う物質が供給されない結果出現した現象。吸い込む大気にもある程度は不純物が必要なのであろう。

さてこの一酸化窒素・NOは指圧という圧ストレスによって血管壁と表皮から半分ずつ分泌されます。この一酸化窒素という活性酸素類縁物質は通常は、血管を拡張する作用によって血圧調整をおこない、自然免疫で活躍する白血球の一種であるマクロファージの活性化に一役かっている物質です。つまり適正な一酸化窒素は人体にとってなくてはならない物質なのです。

だから指圧という行為によってNO分泌が促進されるのだから、指圧が身体にいいわけが納得できると思います。

押せばNOの泉湧く、のです。

ここで注目はNOのマクロファージ活性化能。

免疫力の強化に指圧が有効なのです。

指圧のこころ仏心押せばNOの泉湧く。

浪越先生、無断で拝借つかまつりました(笑)

スポンサーサイト

2012.04.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 免疫強化

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR