ブラフマン 3

さて、お盆も忙しく過ごして束の間の休暇を取り、1泊2日のプチ旅行に出掛けて温泉などに浸かって日頃の地球1Gの重力負荷から解法されて、

手足を存分に伸ばして熱い湯の中でアルキメデスの原理で8分の1になった自重の軽さにより関節マクロファージをいたわり賦活し、

五右衛門風呂みたいなのや寝て入れるタイプなど趣向を凝らした何種類もの風呂のすべてに入り、露天から遙かに見える南アルプスの雄大な借景を満喫し、

いつもは湯あたりして頭痛に悩まされるのだが今回はそんな事もなく夜と朝の2回も温泉に浸かるという温泉三昧ぶりで、

また泊まったホテルの夕食ビュッフェのレベルが高くて、よしゃあいいのに、腸管内臓の空隙をすべて埋め尽くさんばかりに、

ほてっ腹、パンチクリンになっちゃうまで美味しい食事を頂いたんだけど、そのあとに温泉に浸かったからそれが良かったのか消化器が翌日も絶好調で、

東洋医学が言う食事由来の気である水穀の気と温泉ヒートショックプロテインにより我が全身60兆個の細胞免疫力がパワーアップした事は間違いないだろうが、

いささか運転に時間がかかって、そっちのストレスがけっこうきつかった。片道4時間、5時間ってのはやっぱりなかなかの強行軍っすね。

まっ、行きの道中では高速のパーキングエリアから直(ちょく)で入館できる「アクア・トト・岐阜」という世界中の淡水魚を主に飼育展示している水族館に寄ったりしての飛騨高山ツアーだったので、

地球生命種の成り立ちや行く末に湯けむりの中で沈思黙考、新たな発想も大いに湧出した、たいへんに良い旅行でありました。

おっ、ミンミンゼミが今、近くで鳴いています。

よく知られているようにヒトの免疫細胞の中で特に骨髄造血幹細胞に由来し、胸腺で「自己と非自己」を選別する能力を身につけ、自然免疫に続く獲得免疫の分野のエキスパートとされる

T細胞という免疫細胞があるのですが、T細胞は驚くべき事に1000兆個の抗原に適応でき、今までに接した事がない未知の抗原に対しても柔軟に遺伝子を再編成して対処できるだけの懐の深い免疫力があるといいます。

昆虫や軟体動物や淡水魚のピラルクーや電気ウナギや逆さナマズの免疫力もたいしたものですが、人間の免疫力も決して負けていません。

ボチボチと免疫シリーズを再開していきます。連日のご訪問、まことにありがとうございます。

スポンサーサイト

2014.08.20 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 免疫強化

コメント

夏休みも終わって…

たまには人間、リフレッシュせにゃあきませんな。これからの記事を楽しみにしてますぅ~。


亀さん

2014/08/20 (水) 17:37:59 | URL | 亀さん #FlJCcfGk [ 編集 ]

鶴は千年、亀は2億年

親類に御前崎のアカウミガメを写真に収めることが趣味な方がおるんですが、亀ってのは固有種でかなり歴史が古くて、軽く2億年くらいあのスタイルで現在に至るそうです。

さて、デンキウナギの得体の知れない不思議なナリに触発された小生は今後、いかな物議を醸すのでしょうか、なんてね(笑)

蓄積されていたネタが温泉の湯けむりの中で一緒に揮発しちまって、常態に脳内がまだ戻っておりませんが、おいおいエンジンを起動していきまっせ!

亀さん、ご訪問、サンクスっす。

2014/08/21 (木) 07:04:47 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR