ジャンピング ボール 17

健康法だの養生法だのと言うと、普通はチマチマとした肉体の世界における分子の動態を解析して、

あの栄養素が足りないからあれを摂取すればイイとか、この分子が病気の原因だからこれを取り除けばイイとか、

結局はこういった物質の話しがほとんどすべてで、ちまたの本屋に並んでる健康本のほとんどがこの物質路線であって、

それで東洋医学系の健康本あたりになるとようやく気だのツボだのケイラクだのという言葉が出てくるんだけど、

これとてここ2000年来のカッチカチに固まってしまったコンテンツの焼き直し、二番煎じ、ただのリピートがほとんどで、

こんなの読んでもちっとも気の実相の何たるか?

というモヤモヤとした疑問はまったく解消されないし、そもそもそういう気に関する本を書いてる者が果たして本当に気なるものを感じ、気と遭遇し、

気を「観・み」ているのかどうかすらとても疑わしいわけで、

つまりここまでの記述で何を言いたいかというと、ようは健康法や養生術なんてものもまたほとんど進歩発展していない、と言いたいわけです。

万病の原因はこれだっ!万病を治す秘薬が見つかった!

こういう詐欺的な殺し文句というか健康詐欺ショックドクトリンの手法が後を絶たないんだけど、こんなのに騙され続けていては、ちっとも養生に関してお利口にはならないし、

そんな目くらましのサプリ&機械の拡販キャンペーンに便乗するようなくだらない情報ではなく、

真の意味でヒトの命はどこから来て、どんな風に維持され、どこへと向かうのか?なる

根源的な問いに答えることで自発的に自分に合ったイノチのありかたを見つけてほしくて、アタシはこんなブログを開設しているわけです。

であるからして、今の今までこのブログでは、何か特定の営利目的のサプリを宣伝したりとか、封印されてしまった霊験あらたかなプラシーボ全開の夢の治療マシーンの紹介をしたりとか、

こういった非常にいかがわしい情報をわたし個人から発したことは断じてありません。

無駄なゼニを使わせる散財三昧で、それがなくては生きられないような錯覚に陥らせる他力本願で、それなしでは健康に生きられないと思わせる依存症で、ようはその物質なり機械なりの中毒体質になるような健康情報は

まったくもって無駄なカネを使いたくなくて、誰にも頼らないで、自力で健康をつかみ取りたい私やここの読者層には邪魔なだけの情報なのです!

ほんとこういうくだらない情報が健康カテゴリーには多すぎてね、ほとんど馬鹿馬鹿しくて話しにならない。

ということで、そもそも生命とはいったい何なのか?

を追及すると、必ずや生命誕生からの38億年を振り返らざるをえないし、またこの星に生命を誕生させた地球の歴史46億年を振り返らざるをえないし、また地球を生みだした太陽系と宇宙の歴史138億年をも振り返らざるをえないということで、

ようやく38億年、46億年、138億年の時間軸をもとにイノチの何たるか?に迫るアプローチの基礎ができつつあります。

138億年前の宇宙誕生の際に宇宙は猛烈な高温をもった。

そうやっぱり温度がカギなんだよね!

ヒトの免疫細胞のマクロファージには温度受容体TRP(トリップ)チャネルファミリーのTRPM2があって、マクロファージが細菌を呑み込み過酸化水素や一酸化窒素を分泌して細菌を殺す際に

温度受容体であるTRPM2も活性化して、普段は47℃以上の温度にしか反応しないTRPM2が37℃の温度に反応し、特に38℃付近の温度で盛んに反応することでマクロファージが元気になるのです。

つまり人体が風邪などをひいて発熱することは、すなわちマクロファージが元気になっているということなのであり、古典的な実験において発熱マウスに解熱剤を投与するとその多くが死滅するのがいい例で、

人体にとって発熱とは本来はまったくもって素晴らしい治癒機転なのですが、しかししかし、ヒトは発熱を極度に恐れるのですね。

ということで、そんじゃあ軽く発熱するような鍼灸指圧やエクササイズやヨーガなんぞを習慣的に実践したらば、

そりゃあアンタ、マクロファージが常に活性化して宜しいに決まってまんがな!

つうことで、量子真空のゆらぎから発熱し発生したこの宇宙のマクロファージとは、もしかしたらブラックホールだったりするのかもしれません。

ミクロもマクロもごっちゃ混ぜ、

あ〜楽しい(笑)

スポンサーサイト

2014.06.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 命曼荼羅

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR