スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ツボを消す




身体には361または365のツボがあり、

そのツボを結ぶラインを経絡(けいらく)と呼ぶ。

そしてその経絡中を

目に見えないエネルギーである気が流れている。

そんなものは嘘であり大いなるフィクションですよ

と鍼灸師である私が言ったら物議を醸しそうですが(笑)

あえて言います。

東洋医学の根幹にかかわるこのツボ理論。

私は「よくできた作りばなし」と考えます。

「作りばなし」、ここがポイントです。

無いものを作りだしたのではなく、

あるものをそういう風な言い方で表現した、

が正しい認識です。

ツボとは体表上に出現する内臓からのメッセージ、

または体表上に現れる身心からのメッセージ。

それは伝えたいことがある時にだけ出現するもの。

だからツボの地図として皆さんが知っている経絡人形の如く、

目には見えないけれど全身にはツボがあるんだ、

というのは少しニュアンスが違うんですね。

ツボは出現するもの。

そして正常化すれば消えてなくなるもの。

ツボの声を聞くのが鍼灸師。

ツボを消す仕事が鍼灸指圧治療。

ツボとして感覚するものは、いわく痛み、痺れ、

重さ、だるさ、硬結、湿り、かさつき、くぼみ、

盛り上がり、指でなでると止まる部位、など。

多くの顔をツボは持っています。

少しツボに話しかけてみます。

わたし「ツボさん、いつもありがとう。

おかげで達者に暮らしています。

今回はどんな御用でお越しになったのでしょうか?」

ツボ「旦那さん、最近少し働き過ぎです。

おまけに年末年始に暴飲暴食をしたんで

肝臓さんや腎臓さん、胃さんや膵臓さんが

みんなで口々に言ってます。

少し養生に気をつけるようにって。

それを伝えに来ました」


さて、治療行為はかくも楽しき時間かな。

ツボの声に耳を傾け身体と対話する至福の時を

鍼灸指圧で味わってみてはいかがでしょうか。



スポンサーサイト

2012.01.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 鍼灸指圧

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。