ジャンピング ボール 4

糖質制限なる言葉が少し前から一般化したのはある医師がそんなタイトルと内容の本を書いたからのようで、

わたし自身はその医師の本をほんの少しも読んではいませんが、他の医師がその学説を追試して自身の血糖値が下がったという報告を著書にしたためたものなら読んでおります。

であるので、医学界においても一部の医師にはある程度の信頼がこの糖質制限なる食餌法に寄せられているのでしょうが、私は最初はこの言葉を聞くなり

「コメを喰うと馬鹿になる」と戦後になって日本全国を吹聴して周り、アメリカが自国で余った小麦を植民地の日本に売り、

その小麦で日本でパンを作り、日本にパン食を根付かせて、それ以降もずっと日本が米国産小麦のマーケットになるように仕組まれた、

あの「フード・ウェポン」ショックドクトリン、つまりはその国の伝統的な食の体系を壊すことで、

その国の民の伝統食に対する誇りを失わさせ、さらにそれによって外来の舶来文化や舶来モノの食品をありがたく、ハイカラに感じる西欧文化ヨイショ野郎が増大し、

日本の土着的な食体系や文化を卑下するマインドコントロールがメディアや教育によって植えつけられて、

その結果、本来は「身土不二(しんどふじ)」と言って、土と食と人は切っても切れないひとつながりのもの、

だったのに、そのドメスティックな土地と人と食と健康のつながりが「パン食礼賛、米食罵倒」により切断されてしまい、

その挙げ句にわけのわからない病気が蔓延する結果となって医薬産業にとっては病人が増えて「濡れ手に粟」の、

ここまでのおぞましい日本解体計画の遂行を「糖質制限」なる言葉から想起してしまったのだ。

このパン食を賛美して、米食を否定した日本における米国からの「フード・ウェポン政策」は、

早い話しが現在のTPP問題の原点とも言えるアメリカによる日本侵略政策だったのだと、今あらためて再認識している。

そういう意味では糖質制限なる言葉が流行ったのは自分にとっては良かったのかもしれないとも思えるが、いや、別に良くもなんともないんだよ!

だって、糖質制限によって米を食べる者が減ればそれは日本の米農家にとっては決して喜ばしいことではないのだし、むろんパン屋にとっても面白い事態ではないし、

お芋を作る農家にとっても、トウモロコシを作る農家にとっても、ぜんぜん嬉しくない言葉が

「トーシツセイゲン」だってこと。

いやな言葉だよ、糖質制限!

この制限という言葉がさ、なんといってもほんとに嫌い!

そもそも食に制限なんかかけるなよ。もうねマクロビなんとか、とかやったことあるから、レギュレーション(決まり事)付きの食事法はウンザリ、飽き飽き、絶対にイヤなんだな。

800万年前からの初期人類はそれこそ食べられるものなら何でも食べて後期人類にいたる今までを生き延びてきたわけで、その間にはとんでもない毒物にあたってあえなく絶命したご先祖様もほんと大勢いただろうし、

そういう過酷な自然界との対峙の中から、これを喰うと何だかやけに調子がいいな、という身体知が積み重なっていわゆる「密林医学」、つまりは「生薬医学」が体系化されていき、

時代が降り、中国では生薬の聖典である「神農本草経」や実践的生薬使用マニュアルである「傷寒論」が編まれ、

欧州は小アジア地区においては、シチリア生まれのギリシャ人ディオスコルデスの手によって世界で最古のまとまった生薬書「マテリア・メディカ」が編纂されるにいたったのだ。

このように食と薬と人類の歴史もまた常に「身土不二」であったのだ。

これを食べるのを止めれば健康になる、食の黄金律はこれこれしかじかである、こんな食こそが人を健康にする、

などと謳う養生法はそれこそゴマンと存在するが、ちょっと待てぇや!

そんなに簡単に人間にとって正しい食はこれである、とは言えないだろうに。

わたしはあえて挑戦的に「糖質無制限万歳」と言っておきましょう。

ひとりやふたりはドンキホーテになって時流に刃向かっておいた方がいいからね。それが民主主義というものさ。

ともかくも、ヒトという存在がいったい何を食べたらいいのか?という問題は実に深淵な難問であってさ、

そうそう簡単に答えは出そうもないと、以前にも記事にしたけど、

だから何かね、こうキャッチーなコピーで話題になった健康法があってもさ、くれぐれも簡単にそんなのに踊らされてはいけないよ。

そう、とにかくこの養生法の探求の分野は慎重に注意深く、石橋を叩いて痛いの精神で進んでいかないとね。

みんな、ほんと気をつけてね。いろんなヤカラがいるからさ。

だいたい必須栄養素の不足を煽って、脅し文句が「これが足りないからアンタは不健康」でサプリを売るなんてのは常套手段だし、

糖質制限あたりになると医学的な権威と論理が入ってくるからちょっと高度で軽く大物だけど、このへんもちっとヒネリを加えれば攻略できっからね。

わたしたちヒトのDNAには地球に初めて誕生した最初の生命体であるバクテリア、コモノート以来の38億年の食の記憶がインプットされている。

だから何が必須な栄養素か、何が正しい食事法かは、すべて本能であるDNAが知っています。

自分の舌を、身体感覚を信じて、本当に旨(うま)いものを追及すればそれがあなたの食の黄金律です。

スポンサーサイト

2014.06.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 命曼荼羅

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR