あったけ〜

免疫の関所はインフル対策で触れた二箇所。

1,ワルダイエル扁桃リンパ輪
2,腸扁桃パイエル板M細胞

二箇所ともに腸管内に存在する。

だから冷たいものは危険なのです。

冷たいものを摂取すればこの二つの免疫の関所も冷やされる。当然、そこに棲まう白血球の活性は低下する。白血球内のミトコンドリアが疲弊する。結果として飲食や呼吸を通じて侵入する細菌やウイルスの消化分解能が低下する。つまり冷たいものの摂取による免疫力の低下という状態の現出です。

ほんとうに根本的に基本的なことを守ればいいんだけど、こういう基本的なことすら一般化していない現状です。

こういう養生法のキモ中のキモを知っとくと、けっこう安心して生活できます。

真夏のド熱い時に、子供がかき氷やアイスを食べるのは鷹揚にみてあげなければいけないけど、真冬のド寒い時にそういうもんを食べたらエライことになる。

大人は自己責任って言葉を噛みしめて日々気をつけるしかない。

体内の生化学反応の触媒である酵素反応には至適温度37度が存在する。

この事実をよく鑑みれば、おのずと養生の道は開けてきます。

太古の生命発生の場所は、強酸性の温水中だった。

温度、あたたかさ、ぬくもり、ってのは命を生み出す発生源。

汝の腸管をあたためよ!

あっ、サゲを少し変えときました(笑)

スポンサーサイト

2012.04.21 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 免疫強化

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR