ソモモン 16

『 Q. そもそもイガクって、なんでこんなに偉そうなんだよ?』



うちの常連さんの70代の男性客がいつだかヒドイ頭痛に悩まされて、病院2つ回って、MRIで頭ん中まで調べて結局、どっこも悪いとこが見つからなくて、

最後にやっぱこれしかないか、ってウチに来てそれまでの経緯を話しながら、「もう医療じゃダメだから、ここに来た」って言うの聞いて、

(おいおい、ここは医療やるとこじゃないのかよ?)

って、心の中でなかば呆れ、愕然とし、うなだれて、凹んだ経験があって、それでその御仁は何でも医者からタンマリとおクスリを頂いていて、毎日、それらをキチキチと飲んでいて、

その10種類以上のおクスリにさらに頭痛薬が追加されて、それでも頭痛は治らなくて、難儀していたわけなんだけど、

なんかどっか、おかしくね?とは思うんだけど、西洋医学を崇拝している方々には、ワッチらの言葉なんか、それこそ医療じゃないと思われているわけで耳に入らないのは百も承知だから、別にそれ以上は何も言わないで、黙々と指圧をした。

まっ、それからも時々はこの常連さんはウチに来てくれてて、今日も予約が入っていて来院してくれるんだけど、よくよく考えてみれば、別に医療と思われていようと、そうでなかろうと、

そんな些末なちっこい微々たる問題はホントどうでもいいわけで、はやいはなしが、身体をほぐして気持ちよくなればそれこそが養生なんであってさ、

何をトーヨウイガクだの、セーヨウイガクだのと偉そうに威張り散らしてるんだい!って逆の視点で見る眼が養われて、このお客さんには感謝せなアカンね。

まあ明治維新からこっちのこの国がとった鍼灸指圧への態度はそりゃあヒドイもんで、ようは法律的にはうちらの職業は医療とはいまだに認められていなくて、なんて呼ばれているかというと、「医業類似行為」、イギョウルイジコウイだぜ!

類似行為って、いったい何のことだい?面白い言葉を造るよね。そういやあ、原発はベースボール電源だっけか?ナイターには電気が必要!いや間違った、ベースロード電源か?

これも、最近造られた官製ヘンテコ目くらまし用語だけど、こういう風に言葉をいじくって国民を煙に巻くのが支配層がよくやる手口、常套手段で、日本の伝統医学も今じゃあイギョールイジコウイにされちまって、

だいたいこんな侮蔑用語で差別されりゃあ、普通はかなり凹んで、ひねくれて、自尊心を失ってしまうもんだけど、それにしちゃあ、

日本の鍼灸コミュニティーの鍼灸師たちは、けっこうそれなりに誇りを維持して頑張ってるじゃん。たまには自分で自分たち業界を褒めてもいいかい?いいとも、ってあの番組も、もう終わったんだよね。

まあ患者さんというかお客さんにしてみれば、細かいカテゴリー分類やこっちのこだわりは、まったく眼中にはなくて、ようは自分のつらい症状が改善されて、

気持ちいい、コンフォータブルなボディに変身できればいいわけで、その期待に応えられる腕だけは磨いておかないとね。

俺の治療費はインチキ無資格野郎どもの治療費と比較するとベラボウに安いんだけど、3ヵ月の研修でちょこちょこやりだすインチキリラクと違って、こちとら20余年の猛者だぜ、ったく。

例えイギョウルイジコウイと呼ばれていようと、インチキリラクを初めとするあらゆる代替医療というかインチキとは、わたしの医療は一線を画していますので、そこんとこはね、みんな押さえておいてよ!

さて、本日も仕事、仕事!

あっ、結論言わんとね、ほい、





『 A. イガクなんかに惑わされず、皆々様におかれましては、我が養生道を確立せんことを、チャンチャン! 』

スポンサーサイト

2014.05.04 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 命曼荼羅

コメント

いや、私は「イリョウルイジコウイ」で毎日快適ですから、「病気なんぞと違うぞ!! エヘン!!」
と、言いたい。まあ、阿呆は病気しまへんねん~
医者は結構、大抵の病気は治らないと承知してるし、意外と小心者が多いよ~
偉そうな医者って、医者でも嫌がってる~
「阪大の医者のプライド半端ない」とか言うが、所詮入試の偏差値の高さと、収入の高さが自信の根元やろけどね~
私は聞きたい!! その賢い医者が、現役時代よりリタイア後のバイトのほうが収入多いってなんで?
看護師のほうが、自分達の労働報酬の権利をしっかり守ってると思うで

2014/05/04 (日) 22:19:49 | URL | 大阪のおばちゃん #- [ 編集 ]

ブラックジャック

と言えば手塚治虫で阪大だけど、このブラックジャックのプロットというか骨子は、技量に対しての対価、ではないでしょうかね。

ブラックジャックの外科医としての力量、手術の腕、医術としての手技(てわざ)、つまりアートの部分にはどんなに高額な報酬を与えてもいい。

だけど、無駄なクスリの散布には、徹底的に厳しい監視をする。

これだけで、簡単に医療改革ができるとちゃうの?

あるいは、もっとムンテラにね、つまり医者と患者が話しをする。その問診というか交流に対して、ちゃんとした保険点数を付けてあげれば、もっと別な良質な医療が構築できる。

ようはビッグファーマ(巨大製薬企業)のバイアス(横やり)を排除すればいいんだけど、まっ、ああせいこうせい省は、傘下というかひも付きというか、そんなんでしょうから、今後も医療の質は恐らくは、ちっとも向上しないでしょう。

大阪のおばちゃん、アタシなんだか、イギョウルイジコウイという言葉が好きになっちゃいました(笑)

おおきにです!

だって、イギョウルイジコウイという専門職につけるのは、アタシたち鍼灸師だけですもん(笑)

あと言いたいのは、他の代替医療はほとんど全部インチキだから。

なぜインチキと言い切るのか?

それは法律的に許されていないという意味。この国の法律では医師法、医業類似行為法で認められた医業以外は全部、違法なのです。

なのに、ヒーリングだの、なんとかテラピーだの、足の裏つまみだの、鼻つまみだの、まったくふざけたインチキ代替医療のオンパレードで、放置国家状態。

まあ代替医療の闇も深いんでしょうな。

2014/05/05 (月) 05:17:32 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR