エンタングル ⑲

嫌気性バクテリアの性格を帯び、その頭部と尾部のあいだ中片部に数百匹しか棲息しないミトコンドリアが生み出すATPを利用して子宮内を全速力で疾走していく精子が、卵管に放出され、まろまろとたゆとう好気性バクテリアの性質をもつミトコンドリア10万個を抱えた巨大な卵子と、卵管においてランデブーしドッキングすると、受精した精子のミトコンドリアは卵子の分解酵素ですべて分解されてしまい、その後は卵子のミトコンドリアが元となり胎児のミトコンドリアが産生されていく。これがミトコンドリアの母系遺伝であり、つまりは、ヒトの真気(しんき)、先天の精とは母なる一気、母の受精卵ミトコンドリアによって生み出されていく、と言えようか。

中医学が設定した人体の「気」構造の基本ユニットは、まず、父と母から受け継いだ先天の気(せんてんのき)が合わさって元気(げんき)である真気(しんき)が凝結して、胎児の原初の気、原気(げんき)が生じるとする。

受精卵の中心で、父と母のDNA鎖がそれぞれ1本ずつ螺旋状に絡み合い、二本鎖のDNAとなって胎児のDNAがセットアップされる事には依存はないが、冒頭の通り、ミトコンドリアに関して言えば、ヒトミトコンドリアは、母から子へと、母のミトコンドリアが継承されていくのである。

子宮の微絨毛の絨毯のうえで母の腸管造血で生み出された赤血球を養分として育まれた胎児は、やがて出産されて外界へ放たれると、肺においてみずからの赤血球のヘモグロビンタンパク質の鉄元素に酸素を付着させるため、肺呼吸を開始する。

この最初の外呼吸こそがあの「おぎゃ〜、おぎゃ〜」と泣く、呱々(ここ)の声なのである。妻の出産に立ち合い、鼓膜をジーンと振るわせた我が子の産声、まるで自分が出産でもしたように安堵したあの声を聞いた感動は、今も私の全細胞の細胞膜に深く刻まれている。

赤血球を構成するタンパク分子であるヘモグロビンの中心元素である鉄元素が、酸素を吸着するキレート剤となることで、赤血球に酸素が乗せられ、赤血球が肺で酸素を受け取り心臓の左心室を飛び出して、毛細血管51億本を含む地球2周半9万6000キロを約22秒間で駆け巡りながら、全身60兆個の細胞内に棲む母から母へと受け継がれた貴いミトコンドリア1京8000兆個へと酸素を渡すと、

ミトコンドリア宇宙内においては、細胞質の解糖系で10の酵素反応を経てグルコースが分解されたアセチルCoAのアセチル基がミトコンドリア内のクエン酸回路に入りクエン酸に変換されてTCA回路が回転しだし、そこで電子伝達系の酸化還元反応の燃料であるNADH(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)やFADH2(フラビンアデニンジヌクレオチド)などが産生され、

ようやく電子伝達系の酸化的リン酸化(内呼吸)が始まり、ミトコンドリアに取りこまれた酸素の電子もここで回収されて、イオン化した1個の酸素は2個の水素と結合して水が生じ、最終的にミトコンドリア内膜外側の廊下に立たされて勢揃いしていたプロトン(水素イオン)の子供たちは、電位差によってまた教室内である内膜中心部へ戻りたくなって「ワーッ」とプロトンが駆け出す力でATP合成酵素がクルクルと回転すると、

1秒間に40回転して、毎秒120分子のATPがひとつのATP合成酵素でポンポンポンッと生み出され、全身のミトコンドリアからは1日量では体重の1.4倍量ものATPが産生され、毎瞬間、筋運動や脳神経活動に利用されることで、健やかな生が養われる。

つまりヒトとはミトコンドリアが生み出すATP宇宙の回転力により成り立つ存在なのだ。

重力負荷が軽い母体宇宙の羊水に浮かび、母の丹田付近でまどろみながら、形態学者エルンスト・ヘッケルが言う「個体発生は系統発生を繰り返す」地球生命史38億年をなぞる280日のグレートジャーニーを経て、宇宙の収縮と弛緩の動力学(キネティクス)の旋律に導かれ、産道の浜辺から地上の岸辺へと到達した1個のヒトタンパク宇宙。

私たち人間とはまさに重層宇宙の狭間における一瞬の動的ゆらめきなのかもしれない。

気の力とは、宇宙の織りなす無限なる営みのすべて、ではなかろうか。

スポンサーサイト

2014.03.09 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 鍼灸指圧

コメント

仕事を人工的に作り出そうとすると、その石油精製プラントの
ような装置は、東京都(だったかな?)の面積くらいが必要だ。
という番組(驚異の小宇宙だったかも)を思い出しました。
それだったら人体の機能を機械で再現しようとしたら、地球の
面積では足りないから海を埋め立てなアカンやん、とアホな
妄想してしまいました。(笑)作っても動かれへんし。

2月の下旬は雪も少なく、プラスの気温になってこのまま
暖かくなればいいなぁと思っていたら、3月に入って
真冬に逆戻り。でもそろそろハウスの中で種まきを始めます。
今年は、赤いパプリカが目標。去年まで苗立てを4月の下旬から
やっていたので、なかなか赤くならず、緑の時に食べてました。
今年はハウスにも何本か植えておこうと計画中です。

客観的に自分を観てみろ、なんてよく聞きますけど、それより
多次元的に自分を存在させなさい、の方がしっくりくる
今日この頃です。どんな存在かわかりませんが。(笑)

2014/03/09 (日) 07:18:01 | URL | 桑畑四十郎 #- [ 編集 ]

細胞生理、身体構造に見習う文明観の構築を

桑さん、それ肝臓のアルコール処理の仕事でしょ。

タモリと小出(助教じゃない五郎のほう 笑)さんが、肝臓凄すぎって、NHKのあの特番でたまげてたよね。

細胞生理現象なんかね、凄いの連続っていうか、生命はほんとにスゲエ!

でもね、なぜかそういう生命現象の素晴らしさに学ぶテクノロジーがいまだにほとんど生まれてこない。

ATP合成酵素の水素イオンの回転力を利用したシステムは、超小水力発電にかなり近いけど。

この文明の閉塞感は、もしかしたら俺ら医療者の怠慢のせいなんじゃないか?って最近、思いだしてね。

もっと俺たち医療者は、そのもてるソフトを開示して、人々を啓蒙すべきじゃないのかね。

ハリィ〜から始まる文明「腹腔」ルネッサンス(笑)

近代文明の腐った丹田をね、乳酸菌はじめ発酵食品で浄化して、もういっぺんホンモノの常在菌を棲まわしてね、そいで、ばってん、天地共生型の宇宙文明をスタートさせちゃう。

桑さんも、もちろんすでにクルーですわ(笑)

ボチボチ、コメとぎ汁をまいた庭の一画に、鍬を入れます。

そうそう、ジウジの兄貴だけじゃなくて、ピニンファリーナ、マルチェロ・ガンディーニ、アレック・イシゴニス、フェルナンド・ポルシェなんてカーデザイナーも、いい仕事してますね。

ホンダのビートは一説によると、ピニンデザインとか。あれ、今でもカッコイイ。

2014/03/09 (日) 09:23:10 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

ダークサイドに

落ちてしまった人が多過ぎますね。
今朝もカミさんと歴史なんて全地球規模でそれこそ
スタートレックの連邦の様な機関がキチンと考証するべきとか
劣化した人(=周囲に気を配らない人)は人じゃない。なら
猿か?それは猿に失礼でしょ。もう生存価値がないというか
お前はすでに死んでいるんやわ。などと話しておりました。(笑)

ホームセンターで売っている鶏糞に土やら糠を混ぜて、少し水分を
含ませて袋に戻し、ひなたに置いて1週間くらいしたら
袋から出して空気を入れてあげてまた袋に入れて、を何度かすると
アンモニア臭からカビ臭いニオイになります。と出来上がり。
土と根っこにやさしい簡単堆肥でした。

2014/03/09 (日) 15:34:36 | URL | 桑畑四十郎 #- [ 編集 ]

耕した

昨日は、超久しぶりに、畑を掘りおこして、いままでのが一杯になってしまったので新しい生ゴミの地層処分場、最終処分場も新設した。

核のゴミなんて、半永久的に単なる放射性物質なのに、いまだに原発推進って、頭がオカシイよね。

しかし、人力で鍬を振って、畑を作るのがいかにタイヘンかってね。

身をもって土とたわむれると、身体の穢(けが)れが抜けるようで、気持ちイイっす。

土に接していない文明は、どんどんダークサイド化するんでしょうね。

もともと原発推進なんかしてた連中は、ヒトのナリをした守銭奴だから、何言っても、ひたすら原発推進脳だけど、ようは原発と利害関係にない普通の国民が、「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿に堕しているのがね、いちばん悪いってことだと思う。

たしかに人類の劣化スピードは加速してる気がする。

想像力の欠落、他者へのいたわりの欠如、地球に棲む動物や昆虫や微生物や花鳥風月など人類種いがいの他種族への配慮の無さ、既存文明を批判反省し、新たな地球共生文明を創設するための哲学の貧困、拝金主義に替わる価値観の提言、TPP阻止、遺伝子組み換え反対、アンチグローバリズム運動のルネッサンス運動を、と

今早急に取り組まねば、最早、近代文明の崩壊、地球環境の壊滅を阻止できない局面に立たされているのは明白なのに、いっこうに、あらゆる領域でちっともパラダイムシフトが起こってこない。

でもね、まあ、個人戦で、なんとかコツコツと色々やっていくしかない、と割り切って、今後もボチボチいきますわ。

ここコメ欄は、ツーカーで話しが通じる桑さんみたいな方と交流できるから、アタシの精神衛生上、たいへん有り難いほっとスポットです。

コメくださる皆様、本当にいつもありがとうございますm(_ _)m

(はじめて顔文字を使ってみたけど、この使い方で合ってるのかなぁ? 笑)

2014/03/10 (月) 01:08:13 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR