0円健康法 ⑩

「マイケルジャクソン風インチキ太極拳」をネタに始まった本シリーズも気づいてみれば既に10回を数えます。

なにげに読めて深い、が今年のテーマなんですが、いやはや0円シリーズが、まさか千島学説から現代の最先端医学STAP細胞にまで最接近しちゃうとは思いもよらなんだわい。

マイヤプリセツカヤ アダムクーパー ジョントラボルタ ジョージチャキリス オーチン ハラショー フォーッ!(笑)

ハリィ〜のストライクゾーン オブ コンテンツはまあまあ広いからね。まだまだネタには困りません。南のモモさんとのご交流でもちょい出しした、怪しい気の世界なんかも、まだ全然公開してないし。

オイッ、もったいぶるな、って。まあね、気のたぐいに付随する連中ってのは、かなりインチキ野郎が多いからさ。そんな詐欺師の応援になっちまうとイヤだから、自粛してるんだね。

生命は不可思議だよ。医学はSTAP騒動を見ても分かるけど、進展してる?ように見えても、本当のところはさ、命の何たるか?なんてなんにもわかっちゃいないって!

それを言っちゃあ、おしまい、かもだけど、だって本当にそうだもん。細胞をいじくりまわしてもね、細胞は個別にしてシャーレの上ではそういう動態を示す、ってのが分かるだけよ。

60兆個の細胞が1京8000兆個のミトコンドリアと共生して、数百兆の常在菌と連繋をとって身体宇宙が回転している。この膨大な高次構造がいったいどうやって滞りなく潤滑に運営されているのか?

という命題には最先端科学をもってしても、そう易々とは解答は出ないはずだぜい。

例えば、万能細胞ばかりの胎児の身体の中で、なぜ脾臓になる細胞は脾臓に落ち着き、大腿骨になる細胞は大腿骨に変化し、指先の爪になる細胞がちゃんと爪になるのか?

これなんかもまったくわかっていないわけっすね。DNAがそう命令してる、と短絡的に指摘する者は多いだろうけど、だからDNAがどうやってその場を認識しているのか?ってのがね、まったくわかんねぇんだよ!

でさ、場の理論、というか、場の医学なんてのもあったりしてね。これもちっとなんというかヒトを煙に巻くような理論でもあるんだけど、ようは見えない設計図、かっこよく言うとブルー・プリントなんて言うんだけど(訳すと青写真かな、なんにもかっこ良かないから訳すな 笑 )

つまり見えざる図面に従ってDNAは導かれて、あるべき場所でしかるべき遺伝子が起動して生命は高次構造を築いていく、なんて説があったりするわけ。

この見えない図面はね、実は電気的なもので構造化されていてってのが、イエール大学の神経生理学教授であった故・ハロルド・サクストン・バー博士のエレクトロ・ダイナミック・フィールド理論、つまり「動電場理論」なんです。動電バ、ねっ、場じゃん。

場がすべてを決めている。その場は電気的な何かである。と単純に理解すれば、例えばSTAP細胞もね、酸っぱい場によって、あるいは酸っぱい場になることで変化したpH環境、または電位環境の変異によって細胞の初期化が起こったなんて言える可能性もあるってことです。

ふむふむ深蒸しの緑茶になってきたかな(笑)

いや本当はさ、千島喜久男博士の千島学説ってのは、桜沢如一との交流からも影響を受けてるし、長崎原爆の爆心地で被曝医療の革命を起こした秋月辰一郎博士もまた桜沢の弟子だったし、広島原爆の爆心地で命拾いをした梅干し少女もまた桜沢理論で核心を掴んだし、全盲の女性に光りを届け、聾唖の少女に音の世界を開いた伝説の食医である大森英桜先生もまた桜沢の薫陶を受けたと、そのへんをと思って書き出したんだけど、ちっと、スタートレックっぽい方向に行ってしまいました。

キモはね、早い話しが腸で作られる幹細胞の素材は食にある、ってこと。

いきなり強引にまとめてきたぞ、坊さん(笑)

ここチョー重要よ!すべての細胞のみなもとが腸で生まれている。であるのなら、食は神なり。食こそ前世。食が内部被曝を防ぐカギをにぎっているということなのです。

無農薬天然農法で作られたお米の美味しさ。ほんと格別だぜ!

全身60兆個の細胞とミトコンドリア1京8000兆個と数百兆個の常在菌が喜んでるのが体感できっからね。

「食は神なり」by 桜沢如一

0円大ジャンプ!

ポーッ(かけ声のバリエーションが増えない 笑)

スポンサーサイト

2014.02.01 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 身体操法

コメント

きっと野菜も

おいしいだろうなぁ。この時期は緑の葉っぱものが
何にもないからホントにさみしいです。あぁ、ニラ食べたい。
そうそう、ニラとかミョウガは手間いらずですよ。

ビニールハウスで鶏を飼ってまして、ハウスの中は暖かいから
ビニールの内側が結露して、それが冷えてくると凍るんですが
不思議な模様を作って凍るんです。昔のすりガラスみたいな模様
なんだけど、ふとスズメバチの巣の模様に似ているなぁと思って
ひょっとすると場の影響があるんぢゃないかいなと。
エンタープライズに戻って、ちょっと飛んでみると

クリーブ・バクスター氏、事の発端は催眠術だった。
初めての実験の時、あまりにも上手に深く催眠状態にできたことが
書いてありましたが、いろいろ要因はあるだろうけれど
自分のフィールドで包むのか、相手のフィールド内に自分を
潜り込ませるのかなぁ、なんて。カリスマドッグトレーナーの
シーザー・ミラン氏の奇跡のような犬の調教(本人はリハビリ
と呼んでいる)も自分の気で犬をコントロールしているし、
ミツバチもそうですね。雑に扱ったりすると攻撃的な蜂群に
なるのは、飼い主の気、オーラが女王蜂に影響するんでしょう。
携帯の電波塔が増えた影響で帰る方向がわからなくなる蜂が
増えているということもありますし。

何かの視線を感じるとか幽霊の正体見たり枯れ尾花なんかも
実はそこに何かが存在しているのかも。霊感の強い人には見えるとか
いうんでしょうなぁ。私にはその気は皆無ですが(笑)
万物に影響している気?オーラ?場?はたまたテレパシー?

スタートレックの文字があったので、またまたお邪魔しました。
Qのように指をパチンと鳴らして、この辺で消えまする。


2014/02/01 (土) 16:11:32 | URL | 桑畑四十郎 #- [ 編集 ]

いいねぇ、桑さん節

さすが、ミトレンジャーのクルーっすね!

いかしたコメが超クールです(笑)グーッ、じゃなくて、Qっ(笑)

そのうちどっかで気とかエレクトロダイナミックフィールドとか、語りかけ農法とか、そのへんにスポットを当てたシリーズを展開する予定です。

ミツバチの巣穴がなぜ六角形になるのかってのは、巣穴を作る際のミツバチの最少運動量がどうのこうの、など色んなもっともらしい説があるにはある。

桜沢如一のPUクラックスと言って、陰と陽の知識で万物を解読させる問題集にも、ハチの巣穴がなぜ六角形になるのか?がある。

ハチの巣穴だけじゃなくて、ウイルスがね、だいたい正二十面体とか、正多面体なのね。

そうバッキーボールみたいなフラーレン構造ね。

これも気になるところ。けっこう綺麗なキュービズムな世界がウイルス世界に展開している。

ケイ藻類にもまるっきりウイルスと同じような構造をしてるのがいて、ヘッケルという有名な生物学者が絵にしたためてる。

クラゲなんかは螺旋の繰り返しみたいなフォルム。

宇宙万物の自己組織化には何か秘密がありそうです。

造物主の美的センスはかなり高いとみた。

最小モデルが集まって、新しい大きなモデルが構築されていくんだけど、やっぱり大きくなっても基本骨格はそんなに外れない。

原子構造は+に荷電した陽子を中心に、−に荷電した電子がまとう。

これが基本骨格で万物が構造化されていく。

これもまた陰陽の法則かもしれません。

いよいよ大ネタに立ち向かいます。ちっとブルッてる(笑)

でも暗在系からシンクロニシティーなお呼びが来たので、いきまっせ!

2014/02/02 (日) 05:06:32 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

天才物理学者ではないので

多くのことが未解明のまま死んでいくのですが、わかったようなお偉い先生の解釈をバカみたいにありがたがらないで自分の信じるように考えていけばいいんだろうなって悟っちゃいました!ん、書くとなんか大げさ。。

誰かや何かをコントロールなんてとんでもない、青写真がどこにあるのかわからないけど生かされてる、大きなものと小さきものにくるまれってこんな感じが好きかな。コントロールって言葉を偉そうにほざくなa某!あ、現実に引き戻されてしまった。。。

そういえば、母んちに来るときここ2回、こどもっちのほったらかしになったフラーレンボールに遭遇して、そのたび、ん、5角形と6角形が張り合わされているんだな、とまじまじと眺めながら裸の大将のようにつぶやいてました。これも暗在系のなんかだったのか!?なんていま妄想。早く寝ろってことかな。。先生とは大違いの珍応答、失礼いたしました。

2014/02/06 (木) 00:22:54 | URL | マツダマツコ #- [ 編集 ]

フライング全開で飛んでます(笑)

マツダさん、これからは素人がノーベル賞級の発見をする時代です(笑)

みんな天才だぜい!が合い言葉。

専門家に任せない。これが大事でしょ?

ゲンパチ問題なんかその最たるもの。

故・高木仁三郎はそのへんがわかってたから、高木学校を作り、原子力資料情報室が残った。

落合恵子さんなんか、3.11後に随分と高木学校で勉強したようだね。

普通の市民がしっかりとした科学的知識をもつ。

市民科学だったかな。そんな言葉も高木は作っている。

では、引き続き、飛びます、飛びます(笑)

2014/02/06 (木) 04:18:07 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR