0円健康法(プチ・パラダイムシフト) ⑧

「ガン細胞内においてはミトコンドリア機能がストップしていて、その代わりにガン細胞の細胞質内では10の酵素反応を経て糖を乳酸に変えてATPを得る解糖系が亢進している」ことを発見したのは、ドイツの生化学者オットー・ワールブルグ博士で、このガン細胞の特異的な性質を「ワールブルグ効果」と呼ぶ。

なんてことは、ミトコンドリア研究者などにはよく知られている常識的な現象で、本ブログでもこの問題にスポットを当てては記事にして、再三にわたりネチクチとワールブルグ効果に言及してきた。

で、ようはガン細胞を正常細胞にもういっぺん元通りにしたり、あるいは、ガン細胞をアポトーシス(プログラム細胞死)に導いて正常細胞にリモデリングさせる、つまり癌を征圧するにはどうしたらいいか?、というと、ガン細胞内のミトコンドリアを復活させて、解糖系の亢進を鎮静化すればいいと、提言してきた。

特に細胞質に溜まった乳酸が諸悪の根源であるという意見もあって、この乳酸または乳酸タンパク質を除去できれば、ガン細胞はガン細胞でなくなり、また正常細胞をガン化させないでいられるという、整合性のあるらしい(笑)論理もけっこう頻繁に展開されてきた。

あくまで論理ね。実際は、生命ってのは不可思議で未知な領域だから、本当のところは暗在系の奥の奥に仕舞われてる。モノリスに深く潜行すれば真理の一端が拝めるかもしれない。

でね、ようはさ、癌は癌である理由があって生じるわけっすよ!ほんとすべての生理現象にはそれ相応の理由があって生じてるはず。

乳酸が溜まる。これって本当に悪い事なのかな?これだって何か理由があるはずだわさ。

酸でしょ!つまり乳酸をたくさん産出してさ、細胞質を酸性環境で満たすって事は結果として、酸性環境を嫌うウイルスや細菌が侵入した場合のバリアーに細胞質がなるってことでしょ?

もしかしたらさ、ガン細胞は自分のDNAを守るためにわざと細胞質を乳酸環境にしてウイルスや病原菌の侵蝕によるDNA攻撃を阻止しようとしてる、なんて言えるのかもしれないぜい!

ふふふ、またまた軽くパラダイムシフトしちゃったかな(笑)ピロリ菌も胃ガンや胃潰瘍の原因という説と、食道下部ガン予防の強い味方説が拮抗してるしさ。何がどう転んでも不思議じゃないのが生命現象と言えますな。

実際に筋肉がごっつう固いガンタイプのボディをお持ちの皆さんってのは、あれはあれで物凄く強靱だったりするわけ。風邪なんかまったくひいたことがなくて、とにかくバイタリティーに満ち満ちて、なんでもかんでもバリバリとこなし、一時も休まないで、四六時中ほんと動いていないと気がすまない。そんなエネルギッシュな性格のヒトがある日突然にガン宣告される、なんてのがよくあるんですよ。

でね、そんなガツガツした交感神経を緊張させっぱなしのライフスタイルがガンを招いたんだから、ゆったりとした副交感神経を優位にする生活に改めればガンにはなりません、なんて有名な免疫学者や売れっ子の医学者はのたまってくれるんだけど。

でもね、性格なんかそんな簡単に変えられっこないじゃん。

おまけに自律神経を整えろだって?わけがわかんねぇって言うの!自律神経はそもそも自律してんだから、調整なんか人智で出来ないだろ?

もしも自律神経が勝手に調節できるんなら、それは他律神経って言わないとイケナイじゃん(笑)

ねっ、まともそうな事を言ってるように見える立派な医学者さんだって、けっこう曖昧模糊でアイマイミー、ユーユアユーな提言をしてるんだよ。

でもさ、偉い肩書きがあると、みんなそっちを信じちゃってさ、俺みたいなワケガワカラン野郎の言うことなんか聞いちゃあくれない。

あっ、でもね、300人からのブログ読者さんが付いてくれてるから、これはこれで最強の陣営だぜい!

ありがとー、みんなー!

今日はマクラ無しのイキナリ本題突入ね。前記事で「酸っぱちゃっぷす」が来たら閃いたもんでさ(笑)

これで乳酸の冤罪も晴らしたし、ピロリ菌にも五分の魂だし、癌は敵ではなく味方であり仲間だし。

だいぶパラダイムシフト祭りの様相を呈してきた。えっ、そんな事はない?

イイんだよ〜、常識から解き放たれるって事がいっち大事なんだから。桜沢如一は、ぜんぶ自分の言葉で語ったし、宮本武蔵だって五輪書は自分の言葉で書いてる。

真のエビデンスはここ、つまり我が60兆個の細胞と1京8000兆個のミトコンドリアと数百兆個の常在菌から生まれる。

全身全霊をかけて自由に真理を語ろうぜ!

ポーッ!ちょっと変えてみた(笑)

スポンサーサイト

2014.01.30 | | コメント(1) | トラックバック(0) | 身体操法

コメント

祝 STAP細胞開発!

大和撫子の快挙に最大のエールを送ります!

やっぱ俺が言った通り、酸っぺぇは人類を救うじゃん(笑)

毒物と圧力でも体細胞の初期化が起こるってさ。

これってもう完全に恐らくはバニロイドレセプター(VR1)が関与しまくり?で、その機序には絶対にHSPが絡んでる?

まあ、詳しい機序は知らないけど、そんな感じかな。培養槽と生体ではまた違ったメカニズムが発動してるしね。

おいおい、俺がフォローしますさかいに。

取りあえず、祝賀コメントでやんした。

2014/01/30 (木) 20:19:00 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR