ハリィ〜のお気に入り ④

halというスペルは古英語で「未分化の全一」を意味し、派生語である health はもちろん健康と訳され、heal はお馴染みマイケル・ジャクソンの名曲「ヒール・ザ・ワールド」つまりは 「癒やし」 を意味する言葉である。

「2001年 宇宙の旅」の第3幕はモノリスの導きにより木星の衛星へと旅だった宇宙船が舞台となる。この宇宙船のマザーコンピューターの名前が「ハル」でした。広大な宇宙空間を旅する二人の宇宙飛行士にとっては、宇宙船のマザーコンピューターの全一なる能力におんぶに抱っこにならざるを得ない。

そのくらい漆黒の宇宙空間は恐ろしい程に深遠であり、たとえ宇宙を飛行するテクノロジーを人類がもてたとしても、俺は宇宙には行きたくないと思わせるに十分な恐怖感を2001年・は私に植えつけました。

そう私は実は0グラビティーな宇宙空間がとてつもなく怖いのです。でも、このあいだ宇宙っぽいTシャツを買っちまったぜい(笑)

ハルは二人の宇宙飛行士の内緒の会話を読み取り、反乱を企ててひとりの飛行士を宇宙空間へと放り投げます。ここからもうひとりの飛行士ボーマンとハルとの闘いが始まり、ボーマンは全一なるオートマティックなコンピューターを手動のマニュアルに切り替えます。そして小型の細胞のようなナリの船外活動船に乗り換えて、モノリスへと潜入するラストへと向かいます。

この宇宙はオートマティックな「結んで開く」ダイナミズムで営まれています。なんぴともこの宇宙のキネティクス(動力学)から逃れる事はできません。

人間がどれほど精緻なコンピューターを発明しようとも、さらに上をいくのがこの宇宙のキネティクスです。マザーコンピューターのハルは本来は人間に従う存在であったのですが、自我を持ち反乱しました。人類は飼い犬に噛まれたのです。

テクノロジーを完全にコントロールできると思いこむその浅ましき自信など、なんの役にも立たないという2001年・の作者からの警告だったのかもしれません。

今まさに全一であると思いこんでいた原発が暴発し人智の制御が不能という危機的な状態を迎え、早3年になろうとしています。近代科学文明の奢りが自信が根底から崩壊する未曾有の人災が人々を襲い続けています。

地球環境に放たれた地球上に存在しなかった人工核分裂生成物はそれまでの天然の元素間でつながれた元素ネットワークを破壊していきます。自然界の元素間パワーバランスが今失われつつあるのです。

46億年の長い元素間コミュニケーションにより成立した生命の躍動する地球に、夥しい量のいかがわしくも禍々しい下手物の元素が侵入し、あらゆる領域を攪乱しているのです。

ひとたび生命体の細胞内にそれらインチキミネラルが混入すればそれはウイルス並みの悪影響を及ぼすでしょう。昨今のウイルス騒動の影にももしかしたら核分裂生成物の影響が潜んでいるかもしれません。

ヒトの体細胞はもとはすべて幹細胞でありすべての臓器組織に変化できるのですが、やがて分化を終えるとある臓器の細胞として役割が固定します。

癌細胞はどうも分化後にもう一度、脱分化し初期化され幹細胞の性質を帯びるようです。そうして新たなプロセスを生みだしているようなのです。

ボーマンはハルから宇宙船の主導権を取り戻します。同じように癌細胞はハルつまりは人体を動かす動的平衡の主体から主導権を取り戻し初期化しているのかもしれません。

私たちが今やらねばならない喫緊の課題はボーマンや癌細胞の如くに果敢に地球文明の主導権を取り戻すことではないでしょうか?

どうしたら真の意味での地球環境と調和した共生文明を築けるのか?その核となる思想は?

多くの課題に立ち向かう勇気を持たねばなりません。

ネバネバを食べてヒートショックプロテインを分泌し、DNAを修復し、誤謬に満ちた近代文明を再生する時です!

スポンサーサイト

2014.01.19 | | コメント(7) | トラックバック(0) | ハリキュウ戦隊ミトレンジャー

コメント

駄文

先生、鈴森さん、おはようです。

小野先生のブログ18日更新の内容は良かったです、後半で引用してる岩清水宏先生の文章が。

この時期のTシャツは、今年を最後にしたいと思います(笑)
うちの職場(教育業界)でもボチボチと、インフルエンザに感染する職員や児童が増えてきました。
Tシャツ姿でうろついて、ワクチン打たないで、薬も飲まない人間が何故感染しないのかと、若いねーちゃん達は不思議がってます(笑)
薄着で身体冷やしてるから、免疫力は周囲の人間よりかは低いはずなんだけど?

薬関連だと年配者の同僚さんとかに、降圧剤や降脂剤とか飲むの止めろって、繰り返し警告してるんだけど、止めないですね。
医者に死ぬよって言われるらしく、逆に俺が脅してるって解釈されているみたい(笑)

2001のブラ流解釈は、そのうち非コメで書きます(笑)
このブログを読みに来てる人達には、全く関係無い内容だから。

鈴森さん、浜松の件はもう少し様子見た方が良いかもしれないですね。
一点前コメで気になったのは、風評被害という言葉の使い方、少し違うのではと。
今回は一応ノロが検出されているので、今後の営業活動や売り上げに影響が出ても、風評という言葉を使うのは個人的に、少し違和感を覚えました。

一応検出されたノロが直接の原因でなければ、風評被害という言葉使うの全く問題無いのですが。

最後に関係無いけど、男のブラは害悪で犯罪だろうが、ふざけるなよ(怒)
ある程度ボリューム感の有る、豊かなサイズの胸を持った女性達が身に着けるから、美しくて芸術的なボディラインを演出するんだろうが。
仕掛けてる電通は、地上から消えろ(怒)







2014/01/19 (日) 09:17:08 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

宇宙、

それは人類に残された最後の開拓地である。

「2001年 宇宙の旅」、懐が深過ぎる感があって
少々苦手なんですが、あの宇宙に放り出される飛行士が
Star Trekのパイロット版(セカンド)に出演してました。
(脱・笑)
コメント控えていたら、何を書こうとしていたのか
忘れてしまいました。いよいよ五十郎に変更ですかね。
教えて頂いた本をようやく読み終え、過去の記事を探求
していて、ひらめいた事があったんですが。
出直します。(笑)

2014/01/19 (日) 09:31:04 | URL | 桑畑四十郎 #- [ 編集 ]

疑心暗鬼

クチブラさん、違和感を感じるでしょうね。
最近は、マスコミ報道を鵜呑みに出来なくなりました。
この報道で誰が得するのか、ハメられたのではないか、などと考えるようになってしまいました。
今回もノロウイルスの恐怖心を増幅するために、あえて安全そうなパンを生贄に選んだのではないか、などと勘ぐってしまいます。
赤福の事件では、結局大儲けした人たちがいました。
みのもんたの息子の事件にしても、腑に落ちない印象を持っています。
他人の財布から札束を抜き取ったのならバカ息子だと思うのですが、暗証番号を知らない他人のキャッシュカードを会社の近くのコンビニで使おうとするのは不自然すぎます。
私の周囲には、大人でそこまでのバカがいません。
誰かの利益のために、情報操作されているケースを考えてしまうのです。
医学・医療の事を調べていて、あまりに悪質な捏造のオンパレードに、疑心暗鬼になっています。
昔は素直でいい子だったのに・・・

2014/01/19 (日) 12:01:13 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

駄文・怪

鈴森さん

浜松の件、胡散臭いですね。
保健所のコメントが、細かい点で訂正しまくり状態でしょう(笑)
パンを出して無かった学校も、集団発生の一群の中に入っているし、ドアノブからスリッパに発見場所が訂正されていますよね。
一番大きな疑問は、回収されたパンからノロが出てきてない事ですね。

この件、裏有るかも知れないですね。

2014/01/19 (日) 12:52:52 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

先生、みなさん、こんにちは。
今回の食中毒の件、私も鈴森さんと同感です。だって、ノロの感染源が食パンなんてどう考えてもおかしいと思うから。ノロウイルスって85℃1分間以上の加熱で感染性をなくすのに、”焼く”食パンが原因になるなんて何か変だと思いませんか?
保管されている食パンからはノロが検出できなかったのに工場から検出されたから食パンを原因とするなんて強引すぎます。そもそも、ノロウイルスなんて特殊なウイルスでもなんでもないのに、そのウイルスが工場から検出されたからって大騒ぎしすぎなんですよ。こうやって子供たちが口にする食品が消毒薬まみれになってゆくんだよね。
いろんな店舗からこの会社の製品が撤去される様子をみているとこれぞ風評被害って思っちゃいます。
内部被曝にはなにも反応しないのに食中毒にはこんなに過剰な反応して子供たちがほんとに気の毒。。。
あと、食中毒が重症化するのは医師が処方する抗生物質が原因なんだよね。
О157もインフルエンザも重症化するのは抗生物質や解熱剤が原因ということからしてもみーんなつながっているんですね。

2014/01/19 (日) 13:10:12 | URL | かおちゃん #tJwXaRLI [ 編集 ]

まだ20代の頃

キノコやコケの写真を撮るのを趣味にしていました。
一度、新種のキノコを発見した事があるんです。
その時は自分の名前のついたキノコの誕生やな
とニヤニヤした訳ですが、何の事はない一代雑種の
ような物だったんでしょうね。翌年行っても
見る事ができませんでしたから。

日本に存在するキノコは4〜5千種類と言われていて
はっきりしないのは、そんな一代種が多く存在する
せいかもしれません。
今、キノコはどんどんセシウムを吸収してますよね。
何かのスイッチが入って、無害化してくれるキノコが
誕生してくれないものかと、夢を見ております。

これって、宮崎駿さんのナウシカの世界ですね。
今読むと新しい発見があるかな、ナウシカ。

草根木皮という言葉から以上を連想した次第です。
今夜は「2001年 宇宙の旅」観るとするかな。
生きるヒントが見つかるかもしれませんしね。

2014/01/19 (日) 16:03:38 | URL | 桑畑四十郎 #- [ 編集 ]

奇々怪々なご時世

ノロちゃんはダミーかもにゃあ、つうか、どこにでもいるウイルスを捕まえて犯人にしちゃあアカンで。そんじゃあ何が原因で嘔吐や下痢が起こったか?っつうことになるんだけどね。

ようは消化不能な異物の腸管内侵入に対して身体が排出の反射作用を示したということは確かだね。

身体がとんでもない異物を知覚した。ではその異物とは?

例えばリパーゼという油を分解する酵素で分解不能なアブラのような成分。これでも下痢症状が起こる可能性はある。

あるいは異種タンパク質。もともと体内に存在しないタンパク質は抗原と見なされ免疫応答が発現するね。遺伝子組み換え系のタンパク質か?

まあ地球最強の猛毒と言えば勿論最近じゃあそこら中に存在する事になっちまった放射性同位元素ね。こいつなんかが腸管上皮に触れれば、ソッコーで下痢になる。

あとはやはりGM系の素材、つまり遺伝子組み換え食材ね。こいつもかなりヤバイブツだぜい。どうも単なる毒物に過ぎないそうだ。

それから化学薬品のたぐいと、まあ候補となる原因物質はあまりに多くて、ワトソン君でもなかなか真因はわかりかねるって話しかも。

もっとも、免疫が低下した状態が下地にあるのは事実だしね。

ただウイルスなんかはさ、カプシドというタンパク質の殻につつまれた単純な構造だから、このタンパク質の外殻を分解酵素のたぐいで溶かしてしまえば、わけなく死滅させる事は可能。

熱処理というのは、つまりは熱でタンパク質を凝集凝固してその機能をなくすことだからね。

熱処理以外のウイルス対策はというと、これはお馴染みフィトンチッドじゃん。そう植物の香りね。レモンをサッと振るだけで、ほとんどのウイルスや菌類は死滅しちゃうんだぜい。

ミカンをよく食べてる子には嘔吐下痢が起こらなかったなんて事があったかどうか。でも三ヶ日はミカンの産地だし(笑)ミカンのβクリプトキサンチンは肝機能を強化するから、解毒器官であり胆汁(リパーゼ)を合成する肝臓を強くできれば、異物にも対抗できそう。

ネバネバはHSPを分泌できるから、例えばウイルスの外殻のタンパク質を異物と判断して、それを解体し再利用してしまうワザをもったHSPがもしかしたらいるかもしれない。

だとしたら、ネバネバ食べてればウイルスにも負けない、なんて都合の良い仮説が立てられる(笑)

ウイルスは物質と生命の中間的な存在らしいがね。ノロにロタにサポにアストロにと、下痢をもたらすウイルスはそこいら中にいてますが、まあ唾液や胃酸やらで普通は腸内へは生きては届かないんだろうね。じゃなきゃあ今頃人類は下痢で死滅してる(笑)

そうそう腸を冷やさない。これシンプルにして免疫を守る王道っすからね。頭内コンテンツに叩きこんどいてや。小腸パイエル板にいるマクロファージやNK細胞の働きで異物は処理されてる。


ナウシカの心境で生きる。ようは汚染された世界でたくましく生き抜く。生き抜きながら、次世紀の文明を構築していく。それが私たちに課せられたカルマ(宿命)だと思う。

次なる文明を創設する運動。それをやらない者に3.11後を生きる資格はない。

2014/01/20 (月) 05:19:52 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR