アヴァンギャルドな東洋医学講座「美容について」

今でこそ美容鍼(びようしん)が一般化して東洋医学でキレイになるなんてのが常識になってるんだけど、ハリィーが中国から来日した特一級美容按摩師の集中講義を受けたのは20年以上前だからね。ちっと先見があり過ぎで時代がついてこなかった(笑)

まだ鍼灸学校に通ってる在校生の時にプー・イーチャン先生の華麗なる按摩美容術の実際を見たんだけど、なかなか衝撃的だったね。何がスゴイってアンタちょいと圧が強すぎでないかいな?ってなもんで。現に受療した御婦人いわく「顔が熱もってあとで頭痛がした」とかなんとか。実はこの強い按摩という所がポイントだったりしたと今振り返るわけです。

顔にはお歳を召したり、あるいは内臓疾患に伴ってシミやら色素斑やら肝斑などと呼ばれる色素沈着が発生してしまう場合がございます。メラニン色素は本来は皮膚の抗酸化色素であり格別の害はありませんし、むしろ紫外線から身を守るありがたい存在なのがメラニン色素なのですが、これがまばらに点在するとどうも目立つので御婦人などは気に入らないのです。

で、按摩術をもって色素沈着した部分の血流を促進し、強く押したり揉んだりすると一酸化窒素という物質が皮膚と血管壁から分泌されて毛細血管が拡がって代謝が促進されまして、熱を持つほどの術を施すとお馴染みのヒートショックプロテインがDNA→RNA→リボゾームでタンパク質合成のセントラルドグマに従って発現して古いタンパク質が新たなタンパク質へと生まれ変わっていきますし、その過程においては色素沈着もまた改善される可能性が大となります。

美容按摩のプーさん(笑)の術はそれはそれは素晴らしいとの触れ込みでシミの改善には95%の有効率と国策キャンペーン実施中でした。ほんまかいな?って実際を見て、実際に受けた御婦人の相貌のビフォアフターも拝見した者から言わせてもらうとね、まあ、プラシーボ込みで50点というところではないでしょうかね。

だってさ、何にもやらないよりは、そりゃあ押したり揉んだりするんだから効果はあるじゃん。血流が良くなれば新陳代謝が促進されに決まってる。新しいものと陳(ふる)いものが入れ替われば見た目も違ってくるよね。それだけだと思うけどね。

ただ按摩で美容ってのが珍しいし、その術の背景にはちゃんとした中国医学の理論があり、かつプーさん独自の修行のたまものが付加されてくるからプレミア感満載だったんだわな。

按摩術じたいはけっこうな腕で、細身の全身をムチのように使ってその指先になにがしかを伝導していたね。あれはまあ見事と言える。指先でこねてない。全身を使う。こういう技はなかなか味があるし、ここに彼の術の円熟を見たね。

だいたい美容とかって詐欺っぽくてさ、こんだけわかっていながら自分はいまだにあんまり美容部門を押し出していない。治療院のメニューにはちゃんと載せてはあるんだけど(笑)、自分的には患者さんには絶対にこっちからけしかけては勧めない。

たまに御婦人で希望する方がおりまして、やりますよ。満足度は高いようですな。当たり前ですよ。こちとら20年以上の実績があるんだから、もうプーさんとどっこいのハリィーだもん。

「摩手令熱以摩面、従上至下、祛邪気、令人面有光」『養性延命録』
「両手を熱くなるまでこすって顔を上から下へと按摩すると、顔から邪気が去って、顔面部が健康になり、顔にツヤが出て精気のある輝きが顕れる」

このように今から1500年前の中国の書物にすでに美容按摩に関しての記述が見られるんですね。故・田中宥久子さんの美顔術もまあ二番煎じというか1500年煎じと言えましょうかね。であっても女性の美への憧れは根強いのでいくらでもリバイバルで一旗挙げるのは可能と言えます。

俺もぼちぼちブレイクするかね(笑)シワはね、コラーゲン繊維がシワの底でつぶれてるの。だから皮膚の重みを支えられずに谷ができてシワに見える。そんじゃあさ、谷底のコラーゲン繊維を復活させればいいわけだ。按摩して指圧して血流良くしてヒートショックプロテインを分泌してビタミンCを供給してDNAを覚醒させりゃあ、どんなシワも怖かない?ないかもね。

自分で顔の凝りをとりゃあいいの!自分で顔の筋肉を押してね。けっこう顔は押すと痛いのよ。目の回りとか歯肉とか鼻の横とかさ。どこ押しても割と痛い。で、最初は痛いけど慣れてほぐれてくればそれほど痛みは感じない。顔面部の血流が良くなると頭痛とか眼精疲労とか鼻づまり、顎関節痛なんかも解消されてイイよ。やってみ。

ねっ、ハリィーは偉いでしょ?てめえが儲かる事ばっか考えないで人様が自分で一銭もかけずにキレイになる方法を公開しちゃうんだから。

まあ美容なんざさ、まあまあ詐欺っぽいからね。大枚はたくのはもったいないから自分で出来ることをジャンジャン実践しましょう!ゼニなんかかけずにキレイになれるはず(笑)


※ いきなりタイトルを変更しましたが特に意味はございません。軽く検索してたら同じ名称の講座がどこかで開講されておりましたので重複を嫌ったまで。以下このタイトルで進行しますので、宜しくね!

スポンサーサイト

2013.12.01 | | コメント(0) | トラックバック(0) | ハリキュウ戦隊ミトレンジャー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR