やさしい東洋医学講座 ④頭痛

東洋医学には「不通則痛」という言葉があって、読み下すと「通ぜざるはすなわち痛む」で、流れが滞ると痛みが発生する、ということで、この言葉は本来はいわゆる気(き)の流れについて申しているのだろうけど、拡大解釈してすべての流動的エネルギーと思えばいいだろうとハリィーは考察している。

だから血液がうまく流れなくても痛むし、酸素の供給量が減っても乳酸が溜まって痛むし、細胞膜レセプターを活性化するシグナル分子(リガンド)の総量が減っても痛みが発現するだろうしね。

そもそも痛みという感覚がどこから来るのか?と言うとブラジキニンやサプスタンスPなどのリガンドが細胞膜レセプターに受容されるからであって、どこでこれらの痛みリガンドが産生されるのかと言うと一説には細胞内ミトコンドリアだと言われるし、DNA→RNA→リガンド合成のセントラルドグマが起動しているというのが通常の生理学的な常識であろう。

痛み分子がはまっているレセプターがある一方で、快感分子であるβエンドルフィンやエンケファリンやダイノルフィインを受容するレセプターを活性化してあげると痛み分子の受容感覚が一時的に麻痺して快楽を受容する感覚が勝ることがある。

これがハリ治療の鎮痛効果であって、例えば頭痛の時に手の親指と人差し指の背面を肘のほうへ上がっていくと2つのベクトルが重なる地点に合谷(ごうこく)と称すツボがあってここの肉の膨らみを揉んでみて痛いポイントにハリを打って少しの間そのままにしておき、時々、ハリを上下に運動して得も言われぬ響きという感覚を楽しんでいると、アラアラ不思議!さっきまでの頭のイヤな痛みがウソのように無くなってきた!なんて経験が私にはございます。

それ以来、頭痛がヤバイかな?なんて時には迷わず合谷ハリをしてしまいます。

よく効くね!さすがモルヒネの100倍の鎮痛効果だよ、βエンドルフィンは。

京都にある鍼灸大学の実証では合谷に鍼して通電すると血中βエンドルフィン濃度が治療後には3倍増と結果が出てます。データがエビデンスとしてあり、追試して実感できればまあ本物でしょうね。

ハリィーだから日常的に自分に鍼が打てるわけで、読者のみなさまからは「卑怯だ、ずるい!」との声が今、多数寄せられているような気がします(笑)

コーヒーは頭痛の特効薬らしいよ。なんでも脳内情報伝達を担うレセプターが開きっぱなしになって不通じゃなくなってツーツーになるんだって。でもあんまりコーヒーに頼り過ぎると効かなくなるかもね。ここぞと言うときにコーヒーを飲むとかなりイイでしょうね。

あと頭痛の際には、こめかみ部分の凝りとか目の周囲の筋肉とかをほぐすのは一般的な方法で、あるいは後頭部と首の接する付近を押すとか、頭皮を揉むとか、肩こりも背中の凝りも腰痛もみんな頭痛とつながってるし、手や足の血行を改善するのも頭痛解消にはイイ。

腸内環境を改善してお通じを整えるのは常識だよね。「お通じ」だもん。

常習性の頑固な頭痛はなかなか治療も難儀するけど根気よく鍼灸指圧を続ければ必ずや改善するね。

「通則快」、ツーソクカイ、

どこもかしこも通じれば気持ちよくなる、が真理です。

ホメオダイナミクス(動的恒常性)を止めないことが秘訣でしょうね。

スポンサーサイト

2013.11.27 | | コメント(5) | トラックバック(0) | ハリキュウ戦隊ミトレンジャー

コメント

ハリィーおはようございます。ホント、卑怯、ずるい!!私は子供の頃から頭痛もちで大変なんだから。
私だって、自分に点滴打てるんだからすごいでしょ?って関係ないか。。。(笑)

頭痛の時、肩もんだり天柱とか風池とかのツボを押したりしていましたが、これからは合谷も刺激してみよう!
めっちゃ忙しく仕事した後とか消毒薬の匂い嗅ぎすぎた時とか便秘の時とか、身体に何か悪いものが溜まっている時に頭痛が起きるんですね。

ハリィー、特定秘密(バカヤロー)じゃなくて企業秘密を惜しげもなく披露してくださってありがとうございます(笑)

2013/11/27 (水) 10:22:01 | URL | かおちゃん #tJwXaRLI [ 編集 ]

亡国の悪法

だはは、世の中は秘密保護とかなんとか言ってるけど、オイラは秘密をジャンジャン公開中で時代の流れに逆行中ってか(笑)

被曝被害全部隠蔽法だかなんだか知らないけど、こんなの作ってどんな国にしたいのかね?

まあ国作りとかそんな高尚な理想はなくて、単にグローバリストの傘下でその下僕でありさえすれば保身できると官吏たちは思っているということでしょうね。

国民あっての国なのにその国民を殺し続けるしか能がない。この国ってもう終わってるけどね。

さてと、国家の興亡なんぞはまああずかり知らぬ事だしね。それよか頭痛、肩こり、歯の痛みとかさ。こういう身近な愁訴を改善する方策こそ知りたいこと。

かおちゃん、子供の頃からの頭痛持ちなの?苦労したね。ひと一倍、脳内ミトコンドリアが鋭敏なのかもね。

ツボ合谷の刺激は指圧だったら少し強めで長く押してると指鍼(ゆびはり)効果が出てもしかするとβエンドルフィンの血中濃度が上がるかもしれない。鍼打てば確実だけど点滴用ので代用じゃあ、ちと痛過ぎかも(笑)

合谷を含む手の陽明大腸経という経絡ラインは古代中国においては歯脈(しみゃく)と呼ばれていたそうです。つまり歯に通じていると。だから合谷に鍼打ってると歯肉がムズムズしてくる。歯痛にも効くのが合谷だし、いわゆる70年代に鍼麻酔が中国で行われていると話題になったけど、鍼麻酔の時に使ったのが合谷だね、たしか。

ハリィーってのはツボという魔法の扉を開く特権が与えられてるわけでね。特権階級には違いない(笑)

日頃から合谷に慣れ親しんでおくと頭痛体質が改善するかもしれない。やってみてね。

2013/11/27 (水) 23:11:17 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

駄文

こんにちは。

まぁ予定通りかな(笑)、霞ヶ関官僚等悪事隠蔽法が衆議院を通過しましたね。
実際効力を発揮するのは、公示等が終わる来春からですね。

そういえば福島に突入した自衛隊さん、保険でビタミンC摂取させていたそうです。
先生の主張の正しさを裏付ける行動を、自衛隊さんが実践で証明してくれましたね。
ではでは。

2013/11/28 (木) 12:57:32 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

こちらで気づかされたのですが

片方の鼻がつまっていて酸素供給がうまくいってないとき 頭が痛いことがありました。朝起きて何となく頭が重くて鈍く痛むときに鼻の穴を片方ずつふさいで空気の通りを確認するようになりました。通りをよくすることでどよ~んとした痛みが去ることもあります。

片方のつまりって息苦しくなくて気づかなかったんですが、ミトちゃんの話を聴かせてもらっているうちに意識するようになりました。半世紀も生きてきて気づいてなかった。。。

頭痛にはほかの原因もありますがこういうこともあると知った(遅い!)私からのご報告です。先生、つまり解消はあったかいタオルでしたね。

2013/11/28 (木) 18:18:26 | URL | マツダマツコ #- [ 編集 ]

片側3時間

マツダさん、鼻という器官は片方づつ3時間ごとに交替制で機能しているなんていいます。だから今はスンスン、うんと、たぶん右の鼻の穴が働いているかも(笑)

蒸しタオルでヒートショックプロテイン、忘れてた!つうか、熱くてちょいと続けてアレは止めてしまったんだっけ(笑)

言い出しっぺは勝手にどんどん止めたり、変更したりしてますので、はい、そういう奴ですねん(笑)

どこもかしこもつまっていないってのは頭痛に限らず健康の秘訣だわさ。

2013/11/29 (金) 00:27:57 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR