ブラックホールみたいなもの

人間ってのは毎日なにかを食べてはウンコをしているんだけど、なにかを食べた先でその食べ物がどうなっていって最後にはどうなるのか?という「究極の行く末みたいなもの」には割と無頓着でいられる。ウンコやおしっこがちゃんと出て、ご飯がおいしいけりゃあ万事オッケーだからさ。

でも自分みたいな変態になると、どうもこの食のゆくえが気になってね。もう気になりだしたらどうにも止まらない(笑)

普通は食べ物を食べるとまず口ん中でモグモグするわけ。モグモグしてると唾液腺から唾液が分泌されるんだけど、この唾液の中には分解酵素があってお米なんかを分解するプチアリンが有名だけど15種類はくだらない分解酵素が唾液には含まれているらしい。

若返りホルモンとも呼ばれるパロチンなんでホルモンも唾液の中にある。その昔、中国では仙人になりたい連中が歯をカチカチと噛み鳴らして口の中を唾液でいっぱいにして3回に分けてじっくりと飲み干したそうだけど、まさかパロチンの効用を知っていたわけでもなかろうに不思議な符号だね。

唾液中にはスーパーオキシドディスムターゼ、カタラーゼ、ペルオキシダーゼという人体が生み出す三大抗酸化酵素があるから、よく噛むという習慣が結果として癌を抑制するのは当たり前。俺はけっこう早飯喰いだから、唾液の抗酸化効果が望めないね。今後はゆっくり食べましょうです、はい。

で、モグモグが終わると胃にドボンとある程度は分解された食塊が落っこちる。胃壁という消化腺からは胃液が分泌されてその中には主にタンパク質を分解する消化酵素のペプシンがあって、胃内に入ってきた食べ物のうちタンパク質の分解を胃ではこなしていく。

タンパク質ってのはアミノ酸が数珠状につながってこれをペプチド結合なんて呼ぶけど、アミノ酸がたくさんつながって、さらに今度は折り畳まれて三次元構造になって始めて機能するのがタンパク質らしいので、この立体構造を壊して鎖を外してアミノ酸にまで単量化するのが胃の役目と言える。

口と胃で消化分解された食餌は小腸へと送られる。ここでは胆汁や膵液、腸液の洗礼を浴びて脂肪が分解され、多糖が単糖にされたりして、大旨、消化が終了すると、腸壁を通過して体内にやっとこさ栄養素が取りこまれることになる。

地球に棲み独立栄養を営み、地球環境から自分に必須の栄養素を作りだし自分の身体を作り上げた植物たちが、いったんは小さな元素や分子から大きなカタマリにしたものを、従属栄養で生きる我々はまた消化過程において小さな分子、元素に変えてから細胞へと送り込むのである。

細胞内まで血流にのって腸壁から送られた栄養素は細胞膜にある様々なチャンネルやトランスポーターと呼ばれるゲートで審査を受けてから細胞内へと入っていく。細胞内には何でも入れていいわけではない。

必要のないものはいらないし、毒が入ってきては困るのだから、防毒林のようなフサフサの糖鎖という樹木を生やし細胞膜の表面は一面の糖鎖の大森林が形成されているのである。まるで3500年前の中国大陸が80%以上の森林であった如く、細胞膜はビッシリと糖鎖の林で覆われている。

糖鎖の審査を受け、チャンネルやトランスポーター出入り口の門番の許可を得た物質はようやくここにおいて細胞内へと入っていく。細胞内はハッキリ言ってドロドロの状態らしい。その主成分は主にタンパク質であるそうだ。その他には遊離糖鎖と呼ばれる物質もあるし、糖類や脂肪もいくらか含まれる。

細胞質には細胞内小器官と呼ばれる装置があり、代表的なものはミトコンドリアだけど、リボゾームや小胞体、ゴルジ体などは耳になじんだ小器官である。忘れてはならいないのがリソソーム。

実はこのリソソームこそが食餌の「究極の行く末みたいなもの」にあたるのではと私は狙いを付けました。

はやり(笑)のオートファジーもユビキチンプロテアソーム系もエンドサイトーシスも、まっくろふぁじ助ならぬマクロファージが行うファゴサイトーシスという細胞膜で外部のものを食べる作用も、結局は最後にはリソソームという細胞内の胃袋と合体し分解消化されるのです。このリソソームには分解酵素がなんと70種類も含まれているというのですから、まさに細胞内のブラックホールと呼ぶにふさわしいシロモノと言えます。

細胞内に入った栄養素は主にミトコンドリアに取りこまれATP合成、ホルモンや骨成分アパタイトなどの形成に利用され、それらの物質はまた細胞外へと分泌され血流に乗り必要な箇所へ送られしかるべき働きをしますし、細胞の核内にも核膜孔を介して栄養素が取りこまれDNAの活動に供されます。DNAはRNAに情報を流して様々な物質代謝を営み、リボゾームにおいてはヒートショックプロテインが分泌され体内のタンパクの流れが進行します。

こうして口から取りこまれた栄養素は最後には60兆個の細胞内で利用されますが、利用した産物の中には不具合が生じてゴミと化すものもあるのです。それらのゴミがもしも取り除かれることなく細胞内に溜まると良くないわけで、ちゃんとこれらのゴミを分解するシステムも揃えているのがとっても偉い地球史46億年の産物である生命体なのです。

このゴミ処理機構が今わたしがいっち注目している分解系でして、この分解系における最終手段がリソソームによる分解であります。リソソームあっての細胞、いな、リソソームあっての人体、いやいや、リソソームあっての生命体なのかもしれません。

物質の流れを追っていったら最後にはリソソームに取りこまれた。そしてそこでは70種類の分解酵素で分解され、またリソソームの膜を出て細胞質へと必要な物質が解き放たれた。とすると、なんだろうか?もしかすると物質は永遠にこの体内で循環しているのだろうか?もちろんタンパク質は循環している事は確かだが。

ふぅ〜む、まるでラセンの軌跡、アンモナイトの殻にそっくりなのが人体の物質の流れみたいだ。

大きな螺旋、小さな螺旋が織りなす小宇宙。

生命は不可思議な存在である。

スポンサーサイト

2013.08.31 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 命曼荼羅

コメント

なるほど、リボゾームなるものが、ブラックホールのような役割なんですね。。。
生物の授業好きだったのですが、もう長いこと離れたら、すっかり忘れてます。
ミトコンドリアも、最近思い出したばかりですから・・・(笑)

今日、睡眠についての記事をチェックしている人がいて、面白そうなので読んで見たら、ちょっと気になることが書いてありました。

「睡眠不足の人の老化現象は2倍早く進行する」―研究結果
http://woman.mynavi.jp/article/130829-017/
細胞にダメージを与える肌細胞内にある破片が除去される過程を研究しました。この破片を取り除く作業は、美しさを保つのに不可欠なのですが、この除去作業が睡眠と大きく関わっていることを発見しました。

また、睡眠不足の人は、そうでない人に比べ紫外線などにより、肌のバリアが遮断された72時間後に失われる肌の水分量が30%も多いことがわかりました。


ここでは、お肌についてのことと老化についてだけ書いてあるのですが、「細胞にダメージを与える肌細胞内にある破片が除去される過程」の部分がとても気になっていたのです。。。

これって、オートファジーのことですよね・・・?

睡眠の話で、オートファジーのことが出てくるなんて、私には想定外だったので、じぇじぇじぇーって感じです。みんな、つながっているんだなぁ~って。

ネガティブ螺旋でなく、ポジティブ螺旋になるように心身ともに調整できれば、健康で生き生きした日々が過ごせるんでしょうね。。。

2013/08/31 (土) 05:59:04 | URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]

オートファジーでリソソームの品質管理

http://www.jst.go.jp/pr/announce/20130806/
「有害な壊れたリソソームを除去・修復する仕組みを発見!」
損傷を受けたリソソームを、細胞が排除する為にオートファジーを用いる。
正常なリソソームを除去することはない。
損傷リソソーム除去がリソソームの新生に必要。
細胞あたりのリソソーム数は損傷のあるなしに関わらず常に一定。
糖尿病・動脈硬化・通風などの生活習慣病の発症因子には、リソソームに損傷を与えるものがある。
これらの疾患でオートファジーの低下が起こる。

オートファジーによって、リソソームの品質管理が行われているようです。
ひろみさんが書かれているように、睡眠中にリソソームの除去・修復が行われている可能性が大きいので、やっぱり睡眠って大事ですね。

2013/08/31 (土) 06:49:28 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

駄文

睡眠不足は寿命を縮めるは、睡眠不足のキャバ嬢ネタを、先生が書いてたように記憶してます。
あれ、先生でしたよね?
どんな理屈つけても、睡眠不足に良い点なんて、何もありません。
適度な睡眠、適度なエロ、適度な巨・乳(E以上I以下)は、長生きに必要な基本的条件です。

2013/08/31 (土) 12:53:25 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

MーTEAM最強伝説の始まり!(笑)

一晩ゆっくり寝ると2兆個の細胞がリモデリングされると言われていますからね。つまり寝不足だと、リモデリングされない細胞が残存する。このおぞい細胞が(あっ、おぞいは静岡弁でして、古いというか悪いというか変質しているというかそういうニュアンスで使うとモアベターよ 笑)下手打つとガン細胞に変化したりするわけで、寝不足がエエわけない。

で、俺は今43歳だけど、なんか子供の頃みたいにグッスリは眠れなくなっちまったね(笑)ウチの子供もカミさんもすげえ深く寝てるのに、蚊のプーンで音ですぐ目が覚めちまう。それっから寝付くのが一苦労でさ。夏はほんとしょうがないっす、眠くて(笑)

ブラちゃん、FとG専門なんすね(笑)キャバ嬢ネタみたいなのは書いたね。キャバレーで働いていた女衆が一時期、バタバタ突然死して、町中を震撼させたみたいな実話ネタね。あの頃の焼津の港は活気があって良かった。懐かしいっすね。

そりゃあそうと、このあいだ家族で日帰り旅行(笑)に岐阜の金華山に行ったんだけど、アチイのなんの、めちゃくちゃアチかった(笑)山頂にリス村があってリスにエサあげて子供と楽しんで、メインの名和昆虫博物館でスズメバチの標本にバッティングして心臓が止まりそうになった(笑)標本じゃなくて生きた実物のタガメが金魚に食らいついてる水槽が印象深いっす。あっ、どうでもいい家庭ネタを持ち込んでしまった(笑)

オートファジーからリソソームにきて、どうも裏ノーベル賞がもらえそうな気づきが今到来中です!いきまっせ、パラダイム・シフト!

2013/09/01 (日) 05:58:18 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR