グルグルと

人間の身体には10万種類を超えるタンパク質があると言われる。アミノ酸が数珠状につらなり、しかるべき立体構造に折り畳まれるとコラーゲン繊維を形成したり、ホルモンになったりして機能するのがタンパク質である。身体の構成成分は水分を除くと残りの多くはタンパク質と言っても過言ではない。人間とはタンパク質のかたまりなのである。

細胞内ももちろんタンパク質だらけである。細胞膜のチャネルという出入り口を通過し細胞内へと侵入するとそこは無数のタンパク質が浮かぶドロッドロの細胞質という大海だ。

この海中にはATP合成をはじめ多くの最重要な働きを担うミトコンドリアが平均して300個は棲息しており、タンパク質合成に関わる小胞体やリボゾームにそれらの運搬をするゴルジ体、また細胞の胃袋と呼ばれオートファジーという細胞質浄化機構の最終段階でもっとも重要な役割を演じる分解酵素を内包した水球であるリソソームなどの細胞内小器官がプカプカと浮かんでいる。

また今さっきオートファジーによって分解されこれからDNAの命令によって再合成されていくアミノ酸もそこら中に充満しており、タンパク質を合成する際にうまく折りたたみできなかった失敗作の出来損ないのタンパク質もそこかしこに浮かんでいる。

311後の被曝地獄にあってはミトコンドリアが疲弊し廃絶し機能しなくなっているせいで、解糖系のATP産生の産物である乳酸がピルビン酸に変換されずにたまってしまっておりこの変異タンパク質である出来損ないのタンパク質は乳酸とくっついて乳酸タンパク質に変化する。

この乳酸タンパク質は細胞質の原形質流動、細胞のマントル流の妨げになる岩礁のような存在であり、鍼灸指圧治療の標的物質である凝りに変化してしまったタンパク質なのだ。

この乳酸タンパク質の蓄積は細胞質の正常な流れを阻害し最終的には細胞のガン化を引き起こす極めて危険な状態であり、この乳酸タンパク質と同様に危険なのが脳神経細胞内に溜まるアミロイドβタンパク質であり、こちらはガン化ではなく認知症を引き起こす原因物質となる。

つまり細胞質のタンパク質は常にクリーニングされアミノ酸に変換されていなければならないのである。

細胞質内ではアミノ酸からタンパク質が合成され、またタンパク質がアミノ酸に戻され、戻されたアミノ酸がまたタンパク質に再合成され、のプロセスが延々とくりかえされていると言える。

この多量体から単量体へ、単量体から多量体へのプロセスは糖でも脂肪でも行われている。

生命とは渦である、とはよく聞くがその通りである。

細胞質のタンパク質の流れはまるで太極図に描かれた陰陽マークのようだ。

陰極まれば陽となり、陽極まれば陰となる。

永遠の循環を止めない事こそが養生の要諦である。

この生命潮流を止めない秘訣とは?

それこそがヒートショックプロテインとオートファジーの活性化

つまりは原初免疫の賦活、であろう。

スポンサーサイト

2013.08.27 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 原初免疫

コメント

ヒートショックプロテインとオートファジー

この二つのキーワード、、
すんごい事に閃きそうな予感がします。
関連する事象をいろいろと掘り下げて
生命の根源に触れたいです。

(このコメント欄は後で編集できるようですね。パスワード必須?)

2013/08/27 (火) 19:17:43 | URL | さすらいの旅人 #UJ6LMiGc [ 編集 ]

ひらめき歓迎

さすらいさん、いいでしょ?ヒートショックプロテインとオートファジーな関係(笑)

今、アッシの脳裏はこれにゾッコンでミトちゃんの相手をちょいとさぼっていて、愛想つかれたらどうしよう(笑)

たぶん、生命の根源にすでに触れてますね。

コメ欄の編集とかできるんですか?けっこうそういうのには無頓着なんで、どうぞ自由に使って下さい。

2013/08/28 (水) 05:48:47 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

オートファジーと糖鎖

http://www.riken.jp/pr/press/2013/20130724_1/digest/
「オートファジーが糖鎖の代謝に関わることを発見」
「基底オートファジーの機能不全が、ある種の細胞のがん化のメカニズムと密接に関わっていることを示唆しています。」
オートファジーが、糖鎖の代謝やガン化のメカニズムに深く関わっているようです。

ミトコンドリア・糖鎖・電子・ATP・慢性炎症・乳酸・AGE・ヒートショックプロテイン・オートファジーなどのキーワードが出揃いました。
今後の展開が楽しみです。

2013/08/28 (水) 06:18:26 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

遊離糖鎖か!

な〜る、だから細胞質はドロドロしてるってわけね、鈴森さん、がってんです!

色々と分かってきた。次回はこちら記事の続編を書こうと思っています。

十二分にひねくれ者の本領を発揮して(笑)

予習よろしく(笑)

http://kouhakudou.blog.fc2.com/blog-entry-166.html

2013/08/28 (水) 19:49:40 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR