バースデー免疫(原初免疫序論)

38億年前、原始地球のある島。湯気が立ち上がり硫黄臭が漂うあるポイントで今かすかな生命の息吹が確認された。やがて地球生命種3000万へと進化する潜在能力を秘めて原始バクテリアが今ここに誕生したのである。

豪雨と雷鳴がとどろいた先程とはうって変わり今は強烈な太陽光線が照りつけている。この太陽光線には有用な光線だけでなく紫外線という38億年後には悪者と思われる光線も含まれているが、この酸化ストレスを与える紫外線をものともしない強さを原始バクテリアは身につけて誕生した。

原発で使用される核燃料や核兵器の素材となるウランという天然の元素は45億年の半減期をもつ。だから原始バクテリアが誕生した湯だまりの中にはまだ猛烈な放射能を放つ天然ウランもたくさんあったし、もっと強烈な放射能を放つ元素もいっぱいあった。

これら放射性同位元素の中にはその後地球から消滅したものも多数あるようだ。化学の元素表に今は掲載されていない元素が46億年の地球史の中では存在し、そのいくつかはウランのような放射性を帯びた元素であった可能性が高い。

放射線に紫外線という極めて過酷な環境で生まれた原始バクテリア。だからこそ人工核分裂生成物の濃度がものすごくハイレベルな汚染水の中でもバクテリアだけは生きていられるのである。ある発酵菌のパイオニアが以前に記事を挙げていたが、このバクテリアという種族はむしろ放射性同位元素に走性を示し、その元素を欲するようにそこへと駆けつけるという。いったい放射性同位元素に食い付き何をするのだろうか?

つまり、バクテリアにとっては放射性同位元素すらエネルギー源ということなのだ。非放射性だろうと放射性だろうとバクテリアは盛んにミネラルを吸収しそれらを材料に化学合成を営み自身の体構造を作り上げ、エネルギーであるATPを生み出すのである。まことにたくましい肉体をもつ種族、この世でもっとも強い、最強の生き物がバクテリアと言えそうである。そうターミネーターに対抗できるのはバクテリアなのだ。

オートファジーという細胞内浄化機構の研究は酵母菌でブレークした。ヒートショックプロテインは大腸菌の中でも合成されている。オートファジーによって細胞内に侵入した結核菌、Aレンサ球菌、サルモネラ菌、レジオネラ菌、リケッチャ、クラミジア、赤痢菌、リステリア菌などが分解されてしまう事がわかっている。

ヒートショックプロテインは傷ついたタンパク質の保守管理を行う。これらの事実から私は原始バクテリアに備わった原初的な免疫の主役こそヒートショックプロテインとオートファジーと今、推定して論考を進めている。

バクテリア体内にはマクロファージも樹状細胞も顆粒球もT細胞もB細胞もNK細胞もNKT細胞もないが、ヒートショックプロテインとオートファジーは有していた。この二つの機構を使い原始バクテリアは38億年を生き延びた。恐らくは最強の免疫系と呼んでも過言ではないのが原初免疫の実力である。

ヒトの細胞内にも原初免疫であるヒートショックプロテインとオートファジーはしっかりと根付き機能しずっと60兆の細胞を守っていた。

華やかな免疫細胞の活躍に目を奪われオートファジーやヒートショックプロテインの働きに気づく者はほとんどいなかったが、311を契機にここにきていよいよブレイクしそうである。いや、ブレイクさせようとしている者がいる。あっ、俺ね(笑)

もしも腸内細菌が放射性同位元素を原子転換し無毒化する事が可能であり、細胞内免疫であるヒートショックプロテインとオートファジーの働きでDNAが修復され続ける事が可能ならば、私たちにはまだ希望があると言える。

どうせなら希望だけを語りたい。

スポンサーサイト

2013.08.24 | | コメント(3) | トラックバック(0) | 原初免疫

コメント

こんにちは。

記事を読ませていただいて わたしの考えも
似てるのでついコメントさせていただいています。
長くなるので以下の記事を読んでいただけたらと思います。

http://turu1000.at.webry.info/200711/article_3.html



http://turu1000.at.webry.info/201112/article_5.html


3 11 以降 腸内細菌そうを充実するべく
ぬかみそ漬 発酵を止めていない味噌。
納豆など 菌や酵母に注目した食生活にしています。

これからは 細菌の時代だとわたしも思います。

2013/08/24 (土) 10:42:45 | URL | とおこ #itNNJVsA [ 編集 ]

駄文

先生、こんばんは。
小野先生が、熊本講演会の映像、アップしてくれてましたね。
凄く判りやすい例えの連発に、見ていて感動してしまいました(笑)
原子炉と料理中の鍋の中の例えは、爺婆から子どもまで使える、見事な例えと参考になりました。
ミトコンドリア、ATP,ヒートショックプロテイン、オートファジー等々これらの言葉を、あのくらい判りやすく例えられたら、凄いことに成りそうですね。
まぁ自分にとっては巨・乳というキーワードが、これらを活性化してくれるので、同じくらい重要な言葉では有ります、はい(笑)

2013/08/24 (土) 19:43:24 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

金→菌へパラダイムシフト

とおこさん、仰る通りですね。

これからはカネを積み上げる生き方はたいして価値がなくなり、菌を育て保持し増殖させる生き方が本当のマルキンで幸せになる道でしょう。

そのためにはそれほどのカネも要らないし、ようは、知恵と実践さえあれば菌長者になれますからね。

身体が健康でなければどうしようもないですし。

原始バクテリアが保有していた潜在的な免疫能力に開眼しつつあります。

以後もこの原初免疫について深めてみます。


ブラちゃん、ここんとこなにかと忙しくてドキュメンタリーの類がまったく観られていないんだけど、小野先生の講演はいつも歯切れが良くて、分かりやすいね。

自分もウンと分かりやすくを心がけたいけど、それでも、絶対に難しいとかって言われるだろうね。

そもそも、生物学とか生理学とかは興味がない者には単純にそれだけで難しいというか、だから興味を持たせる事から始めるというなんともな世界。

それで、それが東洋医学なんて事になればさらに間口が狭いわけで、興味も何もこっちは、化石か、はたまた古文書か宇宙人語(笑)で書かれているのか?ってくらい訳がわかんない言葉がいっぱい炸裂する世界だし。

それを現代に通じるように翻訳しなおし、今にあう解釈を付けてあげるって作業を鍼灸師である俺がやらないとイケナイわけで。

あっ、それを途中までやってくれたのが「体の中の原始信号」の間中博士だけど。

X信合系で終わらせないで、Xに答えを入れないとね。

そんで、新しいパラダイムで東洋医学だけでなく医学そのものを変革する。そのくらいでないと、間中師匠に叱られるでしょ、普通は。

いよいよ、ぼちぼち本気出しますか(笑)

2013/08/25 (日) 02:25:43 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR