FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

コメント欄にブログ主が投稿できなかったコメント(笑)

マツダさん、それぞれがみんな自分の身体の専門家でありプロです。自分の身体、身心については自分が一番わかっているはず。それをそう思わせないで、検査機器でしか分からない様々なデータを持ち出すことで別のプロがでかい顔して偉そうに人様の命の領域に土足で踏み込むのが通常医療なのです。

この検査数値でひっかけて降圧剤、抗コレステロール薬、抗血糖薬を長期に飲ませると、筋力が低下する事態まで引き起こされて脊柱管狭窄症になります。いやそれだけでなくあらゆる慢性病、急性疾患の下地、ベースができます。まさに造病医学こそが今のアロパシー医学でありました。

日本の医学界はアメリカ医学界を追従しますから、アメリカの状況を見れば日本の未来がわかります。そのアメリカにはかつてホメオパシー医療の全盛期がありました。しかし、この本質的な根治療法である同種医療、同毒療法はアロパシー側つまり現代の医薬産業を牛耳る資本家にとっては目の上のタンコブだったので徹底的に弾圧され、つぶされてしまったのです。そのくせ当の資本家の一族はお抱えのホメオパー医に一生面倒を見てもらい長寿を維持している。世の中のカラクリはかくも巧妙なのです。

病人がいなければ成り立たないのが医療産業です。その頼りにする医療が新たな病気を生みだしていく。現代医療なんてネズミ講みたいなものかもしれません。検査被曝の累積にその例は顕著ですが、検査すらがあらたな飯のタネを生むのです。そら恐ろしいまでのトラップが仕掛けられた世界です。

子宮頸ガンワクチンに関しては、すでに在庫がはけ、一定の人口抑制効果が認められたので、手打ちで今回の任意措置が執られたなんて見解があります。虫けら以下の有色人種のイエローモンキーがどうなろうと知ったこっちゃない。国単位でワクチンを売っ払えば後は野となれ山となれ、ということなのでしょう。

まったく、かつては世界一優秀だった日本民族を馬鹿にするにも程がある。真面目な人ほど国策洗脳医学には騙されやすいです。国の言うことなどまったく信用できない事は311の放射能情報の出し方で十分に学んだはずなのに。そういえば、311直後のあの時にテレビCMでは盛んに子宮頸ガンワクチン予防キャンペーンを延々とやったんだから、まさにショックドクトリンでしたね。

拡散し続ける人工核分裂生成物による慢性的な内部被曝は医療利権にとっては札束が舞い飛ぶ事態。フクイチを封じ込めなければ永遠に病人が産生され続ける。だからかどうかは知らないけど、まったく封じ込めようとしない。それに伴い医療産業は新たな繁栄を迎える。悪魔も舌をまく原発利権と医療利権のマッチポンプ・プロジェクトです。プロジェクトXもびっくりだぜ(笑)

悪者の如く思える「凝り」が実はエネルギー源であるという事実。ミトコンドリアやマクロファージやNK細胞が出す活性酸素は一般には細胞膜の脂質の過酸化反応を引き起こし、やがては細胞核DNAやミトコンドリアDNAまで傷つけてしまい、老化、劣化、病弱化を発現させると言うのですが、それは一面であり、活性酸素には情報伝達や血管拡張や病原菌やウイルスやガン細胞を殺す作用という人体にプラスの効用をもたらす側面すらあるのです。

揉むだけでアトピーが治る、と豪語する鍼灸師の本を最近読みました。なるほど、もしもすべての疾患の根源に凝りという乳酸の蓄積があるのなら、皮膚疾患すらも血流の改善、血液の質の改善、細胞質やミトコンドリアでのATP産生のバランス調整、つまりは内部環境を良くすることで治せるのかもしれません。

揉むという按摩指圧行為により皮膚と血管壁からは活性酸素の一種である一酸化窒素が分泌されます。この一酸化窒素という物質は血管壁を拡張することで血流を促進し、マクロファージという免疫細胞の雄である大食細胞を活性化し免疫を活発にし、また細胞間の情報伝達を促します。

であるのならヒスタミン過多になり痒みの元が充満してしまっているアレルギーやアトピーの患者さんに揉み療治を施せば、これら一酸化窒素の効能とあいまって身体内外の環境が改善されて症状が治癒するとの仮説も成り立ちます。その本の最初のページには写真入りで見事にアトピー症状が改善されたビフォー・アフター・フォトが掲載されていました。

凝りと活性酸素を俯瞰して感じるのは、所詮は前頭葉のみを使う浅はかな人智では、邪正一如の生命宇宙は理解できないということです。

命のプロセスを見守りそれに添う医学こそが最上の医療です。鈴森さんが仰る通り、乳酸を溶かし再度エネルギーに変換する医療がことごとく弾圧されたのが近代の医療史でした。日本鍼灸も日本漢方もこの流れの中において明治維新の脚気相撲を端緒に決定的に封印されてしまいました。

笹の葉、胡麻、杏や梅の種の核、ハトムギ、さるのこしかけ、高麗人参など癌の特効薬と呼ばれるものはすべてビタミンB群をはじめミトコンドリアのクエン酸回路と電子伝達系を回転させる成分が入ったものでしょう。

そう言えば、クエン酸回路を発見したハンス・アドルフ・クレブス教授は大正時代に来日し人力車夫のランチの日の丸弁当の梅干しのクエン酸の妙にヒントを得てクレブス回路、つまりクエン酸回路を発見したとか言われるんだけど、まさか、このエピソードにも何か裏があるのだろうか?と勘ぐってしまいますね。

秋谷教授のクエン酸の効能発見の経緯と時間的にかぶっているのかどうか?まさか日本人の発見をパクってはいないよね?まあノーベル賞なんてのは有名になるかわりにもっと大事な事を封印するんだろうから、何があっても不思議じゃあない。

つうことで、みんな自分の体細胞60兆個とそこに棲まう1京8000兆個のミトコンドリアと体内外に棲息する101兆個の常在菌のプロなのであり、この微細生命の織りなすシンフォニーを奏でる指揮者はまぎれもない自分なのですから、くれぐれも他人を頼ることなく独力で三者が融合する美しい音色を生み出しましょうね。

これのどこが不正な投稿なのだろうか?ということで少々の加筆訂正を加え記事にしちゃいました(笑)

スポンサーサイト

2013.06.25 | | コメント(47) | トラックバック(0) | 内部被曝

コメント

現代医療は巨大な詐欺ビジネス

今村さん、クチブラさん、マツコさん、おはようございます。
私の暴走コメントでご迷惑をおかけしています。
ミトコンドリアや医療に関して、同じような意見をお持ちの今村さん(表現力の素晴らしさは群を抜いている)の存在を知った時の喜びは、とても大きなものでした。
私はある時、洗脳されている事に気付きました。
洗脳の基本は、恐怖心を植え付ける事です。
ガンは恐い死病などと恐怖心を植え付け、相手を言い成りに動かし、金と健康と命を奪っていくのが、病気産業の常套手段です。
危機的状況にある日本で自分や家族を守るには、物事の本質を捉えた真実の情報を学びたいです。

http://blog.goo.ne.jp/luca401/e/4c8838d537255ca130e42033df49052a
「癌の正体を暴露した男 オットー・ウォーバーグ」
『医学は間違っても「病を予防したり、病を完治させるもの」ではなく、「病の本質や正体から、かい離するニセ情報を流し、愚かな、我々患者予備軍を大きくミスリードし、じわじわと患者を増やし、その患者を、巨大医療ビジネス(病院、製薬会社、医療機器メーカー、監督官庁、医大、医師、教授、学者他)で利益を上げること」が医学と医療の本質であることを、オットーは、この時、初めて、知ったのである。』

http://shizentherapy.com/diet/sakitanidiet.pdf#search='%E5%B4%8E%E8%B0%B7%E5%8D%9A%E5%BE%81+%E5%8C%BB%E8%80%85%E3%81%AF%E7%97%85%E6%B0%97%E3%82%92%E7%B5%B6%E5%AF%BE%E3%81%AB%E6%B2%BB%E3%81%9B%E3%81%AA%E3%81%84'
「医者は病気を絶対に治せない 崎谷博征」
「実は何もできないのに偉そうな医者」
「歴史上、そもそも直す気がない西洋医学」
「西洋医学は“資本家がお金を儲ける為に作られた”というのが真相です」
「行き過ぎた金儲け主義」
「病気を治す振りをすればずっとお金が入ってくる」
崎谷医師は、「新・医療ビジネスの闇」などの著書を持つ、日本では少数の本物の医師です。
「医療ビジネスの闇」という本はあまりの過激さに、あっという間に発禁になりました。
現役の医師だけに、現代医療の醜さを熟知しています。

2013/06/25 (火) 06:49:03 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

医者が患者をだますとき

http://www5.ocn.ne.jp/~kmatsu/ishagadamasu/00mokuji.htm
「医者が患者をだますとき」ロバート・メンデルソン著
「告白」
「私は現代医学を信じない。
いうなれば医学界の異端者だ。
本書の目的は、現代医学を過信しないよう人びとを説得することである。
とはいえ、私自身、はじめから異端者だったわけではない。
それどころか、かつては心から現代医学を信じていた。」
「治療は病気よりもひどい」
「病院にいると病気になる」
「医者のあきれた実態」
「予防医学という名の魔物」
「病院の倒産を予防する医学」
「医者は健康の蔓延を恐れる」
ロバート・メンデルソン博士は、アメリカ医学界の重鎮でしたが、医療のあまりの悪質さに憤慨し、それを人々に伝えようとした偉人です。
医療批判の原点ともいえる名著です。

http://eharagen.sun.macserver.jp/matthias_rath.html
「マティアス・ラス博士の告発」は、私を洗脳から解き放ってくれたサイトです。
非常に長いですが、部分的に読んでも役立ちます。
製薬会社の恐ろしさ・醜さを知ることができます。
ビタミン・ミネラル・アミノ酸の大切さも、教えてくれます。
「人類の敵」「人類の裏切り者」「人間のクズ」といった連中は、現実に存在します。
まさに「ゲスの極み」といった連中ですが、そんな輩に利用されないように気をつけましょう。

2013/06/25 (火) 07:57:18 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

鈴森さん、すいません!

鈴森さん、全然迷惑じゃありませんから。自分の場合、先生とか鈴森さんが紹介してくださる情報、書籍や、ブログ等で勉強させてもらっています。所属してる業界が違うので、一回読んでも記憶に定着しません(笑)今は時間がないので、繰り返し読めないのが痛いのですが、今後ともご指導のほど、何卒よろしくお願いします。先生が書かれている種ですが、植物が自分を守るために身に着けた防衛物質・アミダグリン等々が入ってなければ、何十個でもガリガリいけるんですけどね(笑)薬というと点眼薬も最近は使わなくなりましたね。人間ドックで眼底の血管が萎縮していると、最低の評価を受けました(笑)人間ドックは親会社の総務課から、行くように命令されたので行ってるだけです(法律で受けさせる義務が、課せられていますからね会社も)もともと目の状態悪いからって面も有るけど、アレルギー等で処方してもらってた点眼薬の影響が、一番かなと判断して止めました。今は、薬じゃないモノを点眼しています(笑)次に眼底写真撮ったら、結果は書き込みますので。では。

2013/06/25 (火) 13:10:19 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2013/06/25 (火) 14:46:15 | | # [ 編集 ]

登場間近?

どうしてもシステム全体を批判すると現場で働いている仁の心で人様に尽くす仲間である医療者の心をも逆なでしてしまう。これは素直に謝ります。ほんと、ゴメンね(笑)

どんな医療のありようがベストなのか?まだ答えは出ていません。ドラスティックに現在のシステムを変更する事は現実的には不可能であり、この体制があるがゆえに救われている者が多くいることも事実。

そのことまで否定する事はできないし、まして自然医療ですべてがカバーできるわけでもないのは明白。増え続ける認知症患者をいったいどうしていくのか?それだってとてつもない大問題。

早く登場するのを待ってるね(笑)

2013/06/25 (火) 18:51:29 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

わたしも待ってますo(^-^)o

 震災以降、とんでもない医学者の面々の振る舞いに憤り、とある製薬会社のTOPである経団連会長の言いたい放題とか、水俣学を標榜しながらこどもたちを被ばくのたびに連れ出し恬として恥じない学者の姿を見てきましたので、それはそれは深い不信感を抱いております。一時期はわたしもすっかり子宮頸がんワクチンの素晴らしい予防効果に公費助成が打ち出されたことを喜ぶような騙されっぷりでしたが、それも震災後のネット情報により害はあっても効果がないことがすでにアメリカ本国(こう書くと植民地の民みたいな気分・・・)では明らかになっていたのを知り、ここでもまたもう騙されたくないという心理に。。。
 さらに本国のご要望で、日本の皆保険制度の解体、自由診療の拡大ですか、そんなことになれば、真っ先に切り捨てられるわたしのようなものは、従来の医療にこれまで通り無自覚に頼っていようものなら、ある日突然、病み棄てられることになる。それはこのような事故を起こした島国において、けして絵空事とは思えず、そのような我らは自らの身体のケアについての学びをすすめておく必要を強く感じております。
 なにもこれまでの医療が要らないわけではないんです。けれどもこの国のこの状況、かの国の意図がそれを許さない瀬戸際に追い詰められているから、ここで学ばせていただいているのです。とても良い師を得たと。今村先生、どんどん、ご持論を展開なさってください。みなさんも。

2013/06/25 (火) 22:43:30 | URL | マツダマツコ #- [ 編集 ]

ストライクゾーンど真ん中!

鈴森さん、たまたま崎谷医師の「新・医療ビジネスの闇」を今読み出している所です。本屋でパラッと見てみたらミトコンドリアに触れていたので。臨床医でミトコンドリアと関連づけて医学を俯瞰できる者はほとんどいないんで、オッと思って購入しました。ビンゴでしたかね。

ワールブルグ、欧州風の発音ではウォーバーグ博士の阿修羅の記事を読んで、今までの憶測が当たっていたと霧が晴れました。まあ、こんなもんなんでしょうね、ノーベル賞なんて。この賞を貰うかわりに、別な何かを秘匿し封印する。その条件がのめれば貰えるけど、もしも抵抗したりすれば、下手うつとアカデミーから追放される。じゃあ、この一連の儀式ってのは、天才的な科学者の青田刈りであり、あるいは、大衆を真に啓蒙するホンモノの天才科学者の力を削ぐ装置こそが賞を与えるという一連の事業なのかもしれません。ビタミンB1を世界で一番早く発見した鈴木梅太郎博士はノーベル賞なんて馬鹿げた賞は貰わなかったが、それゆえに真の英雄でしょうね。

私が敬愛してやまない鬼籍に入っている学者が何人かおりますが、よく記事中で引用するハロルド・サクストン・バー博士は、人間も含め地球上の生命体がすべて宇宙と電気的に連動する事、を立証しました。これがエレクトロ・ダイナミック・フィールド理論、動電場理論です。東洋医学の天人合一思想に極めて近い思想でして、私は大いなる示唆を受けました。彼などはまさにノーベル賞100個級の業績がありながら、永遠に埋もれた偉人となりましょう。でも、それでいいのかもしれません。バー博士は自分が時代を先取りし、その研究がまだ古くさい生物物理の常識に凝り固まった既存のアカデミーには決して受け入れられない事を承知で地道に研究業績を積み上げました。のちの世にひとりでも理解する者が現れることを希望して。私は理解していますよ、バー博士っ(笑)

鍼灸界で彼の名を知らぬ者はモグリとそしられてもしょうがないという偉大なる賢者が故・間中善雄博士です。外科医でありながら後半生を東洋医学の研究に捧げました。気というカビの生えた言葉を情報という概念に転換した先見の明がチョーあった医学者でした。彼の一般向けの唯一の著書である「体の中の原始信号」においては、動画スライブの世界がとっくに描き出されています。DNAと易経の64フラクタルにはすでに言及していました。こうした埋もれた天才を見つけるのが私はけっこう好きなんです(笑)

バイオ・リーフ・センサーを開発した三上晃さんには直接お会いした経験もありました。植物たちにも心があり、この宇宙については人間よりも色んな事を知っている。人間の奢りはまったくとどまることを知りませんね。いずれホモ・サピエンスは種としての終焉を迎えるでしょう。

今後とも貴重な情報提供を宜しくお願いします。ミトコンドリアを指頭感覚で語る変人鍼灸師より(笑)

2013/06/26 (水) 06:15:13 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

人体と細胞と電気

今村さん、私は「医療ビジネスの闇」の方を持っていて、ネットで定価の5倍の値が付いて喜んでいたのですが、「新・医療ビジネスの闇」が出たら急落間違いないでしょうね。

ハロルド・サクストン・バー博士の動電場理論は知りませんでした。
私も生物の根本は、電気・電子の流れ・電流に行き着くと考えていました。
ミトコンドリアのクエン酸回路(クレブス回路)から電子伝達系への流れで、ATPが作られてこそ、人間は生きていけるのですから。
今よりも無知な頃は、オカルト的に捉えていました。
時期尚早かもしれませんが、飛び道具を出します。

http://www.asvin.jp/microcurrent/body_elec/body_elec_menu.php
アスヴィンの「人体と電気」「細胞と電気」「治癒能力と電流」が、とてもわかりやすいです。
微弱電流が細胞レベルで治癒能力を上げる、といった内容です。
おそらく今村さんは、これらの事を熟知されているでしょうから、本当は色々と教えていただきたいのです。

http://www.maluta.co.jp/ibidennsu/bunn/hibaku.htm
「被曝の治療 失われた電子の補給をします」
「良導痛点療法はタカダイオン電子治療器を使用して失われた電子の補給をします。
タカダイオン電子治療器は広島の被爆治療にも活躍いたしました。」
「放射線を浴びると、身体を組織している、原子・分子から電子を奪ってしまう。
電子が奪われると活性酸素が生成され、酸化が起こり病気の原因となります。」

日本人の多くは、これから被曝によって身体が酸性に傾いていくでしょう。
放射性物質によって、電子を奪われる機会が増えるからです。
奪われた電子を与えてやれば、身体を還元させることが可能です。
電子供与体である、水素・硫黄・炭酸水素イオン(重曹)が、とても大事です。
邪道かもしれませんが、「究極の電子供与体」であるタカダイオン電子治療器にも、大きな期待を寄せています。
震災後は大人気で、在庫が少ないようです。
島田市出身、浜松市在住の松浦博士のAWG治療器は、525万円と高すぎる。
究極ザッパーやライフ治療器は、少し不安。
そう考えると、やはりタカダイオンかな、と思います。
電子治療器に拒絶反応を示す人も多いかもしれませんが、現実には理屈に合っています。
私としては、あらゆる可能性を模索したいのです。


2013/06/26 (水) 07:19:41 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

タカダイオン電子療法

http://hp.did.ne.jp/did/page/index.php?tool_id=riken-data001&tool_no=7&guid=ON
「タカダイオンの豊富な臨床データ、発がんと放射線障害の予防効果」
こちらの方が、わかりやすいかもしれません。

2013/06/26 (水) 11:37:08 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

プラズマ・リアクター来た!

>太陽の黒点活動極大期に身体内の自由電子量が異常に増加したことから一日の体内電子量の変化の発見となり、電子量と免疫の関係性の発見へと繋がります

これこれ、これこそがバー博士が立証研究された真理。なんと同じ事をわが国で研究され実用化していた方がおったとは!!!しかも内部被曝にビンゴ?すげぇ、凄過ぎっすよ、鈴森さんの情報は!ちなみにバー博士の業績は「生命場の科学」に詳しいです。

ライフ博士もまたワールブルグ博士と同じような憂き目にあってるよね。オルゴンエネルギーを発見したライヒ博士もまた同じような制裁を受けた、と。いやはやみんな生命の真理に到達した者がそろいも揃ってことごとく弾圧されてきたのが、ここんとこの近代医学史の影の歴史であったのですな。ふぅ〜む(笑)

私は分子生物学的な現象の背後に量子力学的な真相があると睨んでいたのですが、やはり「電子の授受」こそが核心ですね。

ケッシュ財団もビックリ!すでにプラズマ・リアクターは実用化されていた。そして鍼灸指圧の真の治癒機序こそが電子の流れの正常化であった、と仮説を立てます。機器からでなく人の手からの電子供与こそが指圧や按摩でありました。

この話題、まだまだ熱くなりそうです、って俺が一番ヒートしてるぜ(笑)鈴森さん、重ねて超特大の貴重な情報に感謝です!

2013/06/26 (水) 13:49:57 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

放射能被曝の後遺症は消去可能

今村さん、ナイス・リアクションありがとうございます。
打てば響く人は、本当に気持ちがいいです。

http://www.ngo-support.net/Plan.html
「放射能被曝をしても後遺症は消去可能」という記事も、ご覧になってください。
静岡県では、伊豆の方でタカダイオンを使った治療院があるくらいなので、是非購入されて、多くの人を救ってください。
今村さんのゴッドハンドと、タカダイオン電子治療器・ビタミン・ミネラル・アミノ酸があれば、鬼に金棒です。

2013/06/26 (水) 14:35:59 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

タカダイオン静岡・山梨

おはようございます。
近場でタカダイオン電子治療器を扱っているのは、この2ヶ所です。
http://www.suiwadenshi.com/index.php?%A5%BF%A5%AB%A5%C0%A5%A4%A5%AA%A5%F3%BC%A3%CE%C5%B4%EF

http://www.seitaiki.com/takada.html

2013/06/27 (木) 05:24:55 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

まずは被爆地にて活用の程を

あれだね、この電子負荷療法が内部被曝症状を消去できるのなら、まずは今もっとも苦しんでいる福島以下、北関東、東北一帯の汚染地帯の子供達に真っ先に使用してもらいたいね。まあ、無理なんだろうけど。

本当は文科省が一括買い上げで、全学校に配布してもいい。安全でクリーンでエコではなく、危険でダーティーで環境汚染の最たるものが原発であり、ひとたび今回のようなシビアアクシデントを起こせば、取り返しがつかない汚染と健康被害が永劫に続く。

でも、この療法を使えば人体に関する放射線障害だけはなんとか防げる?だったらさ、現実論としてすべての小学校、幼稚園などには置くべきとちゃうん?官僚の天下り資金を回せばいとも簡単に実現できるよ。

ただね、内部被曝という言葉すらを311後もいっさい隠蔽封印してきてるから、まあ現実的にはやはり無理だろうね。

私が国王であり一切の権限を与えられていれば、この機械をすべての学校に置くし、いやいや、そもそも、はなっから原発なんか稼働させないから事故なんか起こらないから機械もいらないってことになるか(笑)

ちょいと細かいメカニズムに話しを進めると、細胞内の活性酸素を消去するという事に関しては、この電子供与という方法論でいけば細胞生理学的に確かに整合性は取れて細胞は正常化するんだろうけど、内部に侵入した人工核分裂生成物の排泄に関してはどうなのか?そこがもうひとつ気になるね。活性酸素の発生源がありながらでは、いくら電子を与え続けても、結局はまた活性酸素が発生して細胞膜やDNAが傷害されるからさ。電子を与え続ければ、人工核分裂生成物の排泄も促進される?のなら完璧と言えるかもね。

まあ、自分がこの機械を治療院で使用するかというと、それはしないだろうね。だって、人間の手の平からは、磁気や赤外線や音波や電波やカルシウムイオンの波動があいまった生命力を賦活する有益な電磁波が照射できる。この無限のエネルギーである人体が放つフォースを頼りに人類はここまで生き延びてきた。フォースの源こそが1京8000兆個のミトコンドリアであり60兆個の体細胞であり101兆個の常在菌。機械に頼らずとも人間は偉大なフォースと共に生きている。そして、このフォースを操る医療こそが鍼灸指圧なのです。鍼灸指圧があれば機械はいりません。さらに言えば、誰もがこの素晴らしい生命力を使い自分や家族を慰撫することが可能なのです。それを知られては困るから、こういう生命の叡智は封印されてきました。と、ここは鍼灸師の突っ張りです(笑)

甲状腺に囊胞がある段階でこの機械を使って甲状腺のガン化が未然に防止できるのなら、これほど素晴らしいことはないけどね。個人で手に入れるのは、ちょいと値段が高くないかな?車一台が軽だど100万円くらいだから、命が20万円そこそこで救えると思えば格安か?でも、やっぱ個人負担ではなく国家負担、または放射能汚染犯罪の主犯である電力会社が負担して配るべき機械だろうね。まあこの原子力犯罪の主犯の主犯は医療犯罪の主犯であり石油利権の主犯も兼ねてますから、本来はそっちが負うべき任ではあります。

ミトコンドリア内膜に付着した膜酵素であるATP合成酵素を回転させるのが水素イオン。水素イオンを引き抜く作業が酸化的リン酸化であり電子伝達系。電子が伝達されていき、最後に陽子(プロトン)である水素イオンがATP合成酵素を回転させると、ATPが毎秒120個のペースで生み出される。この回転力こそが生命力である。生命とは水素イオンの渦によって生み出される。

『少彦名の二が手にて 撫でれば落ちる毒の虫 押せば無くなる病の血潮 下りよ下がれよ出で早く』

我が国の医道に伝わりし手技の本質を突いたこの古歌の中に、医療の本質が、そして、電子を供与する指圧按摩の真価が余すところ無く描写されています。

撫でさすり揉むという単純な行為があなたのプロトンモータを回転させます。

フォースと共に(笑)

2013/06/27 (木) 06:22:39 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

プライド

やはり誇り高きジェダイの騎士は、メカに頼らないのですね。
電子治療器を邪道とみなす予感はしていました。
ドクターライフの治療器は5万円、究極ザッパーなら2万円台で手に入ります。
タカダイオン電子治療器は、そんな複雑な機械ではないので、パナソニックやオムロンが作って量産すれば、数万円台で販売可能です。
タカダイオン電子治療器を知っている人が少ないのは、なぜでしょうか。
結局は国や製薬会社やマスコミでは、病人が減ったり病気が簡単に治っては困るのです。
放射性物質に恐怖する人が多いのに、結局は見殺しです。
被曝に苦しむ人たちを救うよりも、それを享受して金儲けに利用する人たちの方が、力が強いのです。
ガンなどの病気が無くなって欲しい、と考える人が多数派ですが、それは弱者の理論です。
地球を支配している人たちは少数派ですが、その人達が強者です。
一握りの強者が多数の弱者を洗脳支配しています。
強者である支配者にとって、ガンは金の成る木です。
強者に従う医療従事者たちは、ガンという病気を守る「ガンの番人」です。
ガンを治しているように見せかけて、実はガンが無くならない様に守っています。
だからいつまでも、ガンが減りません。
現代のガン治療は、迷路になっています。
最初から正解のガン治療法を隠蔽し、出口の無い迷路を作り出して患者を苦しめています。
何を言っても、愚痴にしかなりませんが。

今村さん、本物の鍼灸指圧師の誇り高さは理解できました。
これからも色々な情報を発信しますので、よろしくお願いします。

2013/06/27 (木) 07:21:50 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

駄文シリーズ(笑)

先生、鈴森さん、こんにちは。電子治療器は、悪く言うとマッサージ機の延長のイメージがありますね。国や行政は、死んでも動かないと思いますので、ここは電子治療器を販売している会社が、自発的に福島を中心にして保育園・幼稚園・小学校等に無料で貸だし、効果をPRすれば良いかと思います。その結果、汚染地帯に住んでいる子ども達の症状が軽くなれば、放射性物質の影響で苦しんでいる現地の人達にとってもプラスになるし、電子治療器を販売しているメーカーにとっては、これ以上大きな宣伝効果に無いと思うのですが。鈴森さんメーカーに、ご意見してみたらどうでしょうか?横槍すいません。

2013/06/27 (木) 12:51:21 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

還元電子治療

クチブラさん、こんにちは。
電子治療器に関しては、私もインチキやオカルトの類だと考えていた時期があります。
ハッキリ言って、胡散臭いと思っていました。
しかしミトコンドリアの電子伝達系や水素・電子についての知識を得てからは、考えが変わりました。
電子を奪われた細胞に、電子を与えて還元する。
それがとても理屈に合った治療法である、と考えるようになりました。
しかしその自説を、他人に強要するのは愚かな行為でした。

http://www.horiguchi-hp.jp/about/index.html
堀口医院の堀口裕医師が、還元電子治療の第一人者です。
細胞にダイレクトに電子を入れて、病気を改善する治療を「還元電子治療」と呼んでいます。

http://www.a-tree.co.jp/denshi/medical.html
「病気の根」を調べて、「病気の根」を治療する医療を「根元の治療」としています。
ネガティブイオンを作り出すイオン変換機によって作り出される電子を「還元電子」と呼び、還元電子医療は生体に電子を補充する療法として1994年から医療機関等で使用されているようです。

タカダイオン電子治療器は、終戦の頃から存在し、改良が加えられてきた治療器です。
しかし万人に受け入れられるには、相当な時間がかかるでしょう。
電子治療器は欧米でも日本でも、かなり昔から存在しますが、迫害・弾圧の対象でもありました。
タカダイオンの一部の販売会社では、何台か売れると1台を被災地に寄付する、といった事が行われているようです。
私はタカダイオンとは何の関係もありませんが、高田博士の理論を知ると、とても惹かれるものを感じます。


2013/06/27 (木) 17:11:19 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

駄文シリーズ

鈴森さん、こんばんは。鈴森さんが関係者とは思ってませんし、仮に関係者でも全然構いませんので(笑)
鈴森さんが、タカダイオン治療器を肯定なさってると判断したので、無料レンタル企画をプッシュしてくれたらと思い書いた所存です。素人の浅知恵ですが、自分も体内に吸収された放射性物質は、機械では排出できないと考えています。しかし最悪の状態を改善できなくても、汚染地に住んでいる子ども達の健康状態を少しでも良い方向に高める可能性が有るなら、治療器を被災地に送って効果を実証して欲しいと思っています。
結果を証明すれば、電子治療器が持っているネガティブなイメージなんて一発で消し飛びますし、貸し出した分以上のメリット(利益)は、すぐに返ってくると思いますけどね。どうでしょうか?どんなモノで有れ汚染地で使えそうなモノは、なんでも投入すべきだと考えています。メーカーさんも大変だとは思いますが、「損して得とれ」を実行してもらいたいです。勿論、無神経で傲慢な行政からの妨害が入ることは、最低限のお約束だと思いますけど(笑)では。

2013/06/27 (木) 19:12:45 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

タカダイオン memo

 こんばんは。鍼灸治療受けたことないわたしですが今村先生の名文からたくさんのイマジネーションを受けて、自らの養生の援けとさせてもらっています。今は医者いらずに生きておりますが自らが、家族が、親しい人が病に苦しむことになった時、何かの役に立てればといろいろとお勧めいただくことはとてもありがたく思います。これから病む人間が増え、何かと助け合わなくてはならない時がくるでしょうから。

 最近はしんどがってる人を見るとミトコンドリアを大切にするんやでとか、コリをほぐすといいんやてなんて声をかけたくなります。だれもわたしに聞いてこないからまだ言いませんが、たぶん近々。。。

 電気を使うっていう点が反原発的にちょっとネックだけど、電気足りてないっていうのは脅しかもしれないので気になる情報として大事に持っておきます。

 くすぐったがりでもいずれしんどくてしんどくて仕方なくなったら、HSPの恩恵にあずかりに行くんだろうなって想定はしています。全部、備え。今後ともよろしくです。

2013/06/27 (木) 23:33:53 | URL | マツダマツコ #- [ 編集 ]

AWG・Drライフ

クチブラさん、マツコさん、今村さん、おはようございます。
http://enzai.9-11.jp/?p=10288
電子治療器に拒否反応を示すのは、普通の感覚です。
日本の環境が悪化している現況では、各人が体内環境を良好に保つのが最も大切だと思っています。
本当に1つの情報として捉えていただければ、それでいいのです。

AWG治療器は、島田市出身で浜松に研究所を持つ獣医の松浦優之博士が作った治療器です。
ガン患者や難病患者を多数救っていたようです。
しかし1998年に警察が介入し、300台近くの電子照射機と、大量の実験データや資料などを持ち去ったそうです。
250台の電子照射機は、チェルノブイリ原発事故の影響で苦しんでいるカザフスタンの子供たちにプレゼントする予定でしたが、それも叶いませんでした。
松浦博士は逮捕されました。
非常に根が深い問題を抱えています。

http://www.petesdamedical.net/
松浦博士の研究所は、以前はザイオン研究所と呼ばれていました。
現在は、PETESDA MEDICALです。
私は4年ほど前にここへ伺って、AWGを体験しました。
残念ながら松浦博士にはお会いできませんでした。
『「AWG」は魔術か、医術か?』という本には、松浦博士の半生が丁寧に描かれています。
本のタイトルにもありますが、電子治療器が簡単に病気を治すという情報を「魔術」などの、まやかしと捉える人が多いと思います。
本には浜名湖健康ビアーラという場所で、全摘後の乳房が少しずつ甦ってきた女性の話が載っていますので、余計に「魔術」という感覚を持たれると思います。

http://www.rifemachinejapan.com/
暴走ついでに、ライフ治療器の情報も載せておきます。
この5万円で手に入る治療器が、本当にライフ博士の流れを汲んでいるかは、わかりません。
「ドクター・ライフの治療機器はガンと52もの病気を治しています。」と書いてありますが、保証はできません。
あくまでも、1つの情報として捉えてください。


2013/06/28 (金) 06:03:46 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

プライド オブ 原始医学

【施灸によって、白血球数が著しく増加することについては、既に青池正徳博士や原志免太郎博士によって報告され、針灸界でもこのことは常識になっている。だがこれらは無病の動物に行った実験であり、原志免太郎博士の如きは、家兎に0.5グラムもの大灸をすえた実験である。0.5グラムの灸というと、人間の大人の拇指頭大にも相当する大灸であって、人間の体よりも遙かに小さい家兎にとっては、大火傷に該当するような過大な熱刺激である。だからこの実験を人体にあてはめて考えることは、妥当でないように思う。その後にも、人体に施灸した実験報告があり、白血球の増加が認められている。だが、それらは病体に施されたものでなく、正常な人体においてなされたものであった。そこで、病気のために白血球が著しく減少したような人間の場合に、灸を施して果して白血球が増加するであろうか。そうした実験報告がほしかった。ところが、私は子宮癌手術後にレントゲン照射をやって、それが過剰となり、骨髄における白血球の再生能力が低下して再生不良性貧血症となった患者の治療を引受けてやったことがある。それは2例だけであったが、2例ともが長期間病院に入院し、輸血をつづけ、どうしても白血球が増加せずに困っていた。お灸をはじめると白血球が増加しはじめ、根気よく針灸治療を継続することによって、白血球数が正常数に回復し、遂に治癒したのである。これについては、日本針灸治療学会で発表し、会誌にもその報告がのっている。ところが、本年(43年)になって、よい1例を得た。これは50才前後の男性で、睾丸に悪性腫瘍が出来、それを手術したが、転移と再発を予防するために、コバルトとレントゲンの照射を患部と腰臀部とに繰り返し行った。その結果、著しく白血球の減少を来たし、血液1ミリ立方に対する白血球数が3000以下となってしまった。もう既に生命にとっての危険信号である。病院側では、これが正常値(5000)にもどるに、少なくとも数カ月以上かかるといって心配していた。私がこの患者に、9月に全体的な治療を施して灸したところ、約1ヵ月の施灸で、今まで3000以下だったものが5000となったのである。病院側でも、この成績を見て非常におどろいているとのことで、私も非常にうれしい。私としては、この治験によって、人間の病体に施した灸によって白血球数が著明に増加したという実証を得たのが何よりうれしい。】代田分誌「針灸臨床ノート・下巻」医道の日本社より


「医道乱るれば国乱る」、はこの代田分誌の師匠である沢田健の口癖であった。昭和初期に活躍した彼ら鍼灸師は、まだこの国の医道を正し、この国の民を救おうという気概に満ちていた。

今はどうか?ポスト311におけるこの人工核分裂生成物の濃度が日増しに濃くなっていくこの日本いや地球世界において内部被曝に真剣に向き合い少しでも健康被害を抑え、健やかに過ごせる自立的な養生法を提言している者が何人いるだろうか?僭越ながら俺以外にはあんまりいねぇんじゃねえか?ってずっと感じている。

みんなあまりに鈍感だぜ!ベクレルだのシーベルトだのという感覚できない言葉に騙されちまったのかな?そんな数値はたいして有り難くもなんともない。ようは金属の粒、元素という物質、玉っころ、いやいや、弾っころ、の方が正しいか。

つまり45億年をかけてようやく半分の有害放射能に減衰したウランという鉱物を掘り採って精錬濃縮して燃料とし、それに中性子を当ててウラン元素が酸化崩壊していく過程に膨大な熱が発生するので、その熱を利用してお湯を沸騰させタービンを回し電気を発生させると、ウラン自体はどんどんと崩壊して別な元素に変わっていくんだけど、その別な元素もすべて有害放射線を放つから、もしもそんなものが大気中や海水中に漏れ放たれて、地球に棲む生命体に生体濃縮が起こりながら食物連鎖にのって人間の口に入ったり、そのまま呼吸によって肺から吸収されたりしたりすると、この人工核分裂生成物である一粒の元素を細胞は天然のミネラルと識別できずに、生化学反応に利用してしまう。人体内でこの人工核分裂生成物が放つ放射線はまず水分をイオン化し活性酸素に変えて、それを基点に活性酸素の中でも猛毒とされるヒドロキシラジカルなども発生し、細胞膜を過酸化反応に導き、次々に生体膜を酸化劣化しその機能を減退させ破壊していき、最終的には細胞核DNAやミトコンドリアDNAが破壊される事態となる、ということを理解して、憤慨する医療者が果たしてどれだけいるのか?

おい、鍼灸師よ、冒頭の代田分誌のレポートくらい知ってるだろ?つまり俺らは放射線障害を確実に防げる鍼灸指圧という医療を手にしているんだぜ!灸治療によって急性放射線傷害による白血球数の減少を回復し正常値へと戻すことが可能であるとこのレポートは証明してみせてくれた。そんじゃあ、追試でバンバン被爆者を救おうぜ!わかってるかい?今こそ俺たちが存在意義を発揮し、この放射能地獄と化した地球人類を啓蒙し救う立ち位置にいるんだぜ。

まあ、そういうことです。灸治療は日本の宝です。この国には電子供与が可能なオプション・メカも含めて、放射線障害を防ぐ宝のような療法が実はすでにあるのです。気がつかないだけなのです。いや、気がつかないようにされているのです。

今まさに日本民族は存亡の危機に立たされています。でもね、あるんだよ、被曝を最小限に抑え、活性酸素を中和し、白血球を増強する方法がいろいろと。

内部被曝への未病治アプローチ
①食(多糖体、クエン酸、ビタミン、ミネラル、アミノ酸、サポニン、PHA、ポリフェノールなどのフィトケミカルなど)

②鍼灸指圧(βエンドルフィンをはじめとした各種の有益なホルモンの分泌、生体を構成するタンパク質を正常化するヒートショックプロテインの分泌、免疫と賦活し血流を促進する一酸化窒素の分泌などにより生命力・バイタルフォースを賦活する)

③各種の運動法、身体操術

④タカダイオン治療器などのミトコンドリアを賦活できるオプション・メカ

放射能に打ち勝つ方策はけっこうある。実践するかしないかは各自の意識しだいってこと。

鈴森さん、ブラちゃん、マツダさん、貴重な情報提供、真摯な心情の吐露、などコメ頂きましてありがとうございます。

2013/06/28 (金) 06:18:17 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

漢方も鍼灸も整体も弾圧された

http://www.amazon.co.jp/%E3%82%88%E3%81%8F%E3%82%82%E3%81%93%E3%81%93%E3%81%BE%E3%81%A7%E9%A8%99%E3%81%97%E3%81%9F%E3%81%AA-%E4%BA%BA%E6%AE%BA%E3%81%97%E5%8C%BB%E7%99%82%E3%82%B5%E3%82%AE-%E3%81%AE%E5%AE%9F%E6%85%8B%E3%81%A0-%E3%81%84%E3%81%AE%E3%81%A1%E3%82%92%E5%A5%AA%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%8C%E3%82%89%E9%87%91%E3%82%92%E5%A5%AA%E3%81%86%E3%83%AF%E3%83%B3%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89%E6%94%AF%E9%85%8D%E8%80%85-%E8%B6%85%E2%98%86%E3%81%AF%E3%82%89%E3%81%AF%E3%82%89/dp/4864711291

今村さんの、仰るとおりだと思います。
昨日読んだ本にも、色々な事が書いてありました。
『よくもここまで騙したな これが[人殺し医療サギ]の実態だ!
いのちを奪いながら金を奪うワンワールド支配者』
「医療を殺人ビジネス化した者たちよ!
化けの皮はすでに剥がれているぞ!
お前たちの操る病院に行く者はこれでいなくなる!」
船瀬俊介氏とベンジャミン・フルフォード氏が、対談形式で吼えまくっています。
少し付いていけない部分がありますが、多くは真実だと思います。
内容の紹介
「がん患者1000人殺して一人前」
「日本の近代医学はどこをほじくり返しても詐欺とペテンと強盗と殺人だらけ」
「漢方も鍼灸も食事療法や整体療法も弾圧された」
「マッサージもカイロプラクティックもサイコセラピーもホメオパシーも弾圧された」
自然治癒力をサポートして病気を治す伝統的なテクノロジーは全部弾圧され、薬物療法(アロパシー)だけが生き残った」
「伝統医療は、金融マフィアによって保険対象外にされた」
「薬漬け、検査漬けの放射線大量照射に生物兵器の毒物注入まで」
「抗がん剤は元々は廃棄に困った化学兵器の原料」
「医療は世にも不思議な失敗報酬の世界!」
などが内容の一部です。

自然治癒力をサポートして病気を治す伝統的なテクノロジーこそが、本当の医療です。
今村さんに続く人、の登場を望みます。

2013/06/28 (金) 07:45:06 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

体験

こんにちは。静岡県在住のかおちゃんです。今まで、非公開でコメしてましたが、本日から皆さんの仲間入りをさせて頂きたく思います。皆さんのように博識でなくネットにも不慣れで恥ずかしいのですが、気合いでなんとかします。よろしくお願いします。さてさて、タイトルの「体験」なんですが、私は看護師という職業柄皆さんより沢山の変わった体験をしていると思います。それは追々お話するとして、今日は白血球に関する体験談を少々。今から20年くらい前、きっと子供から移ったのだと思いますが「イボ」が手足や顔や足の裏にたくさんできたんです。普通は子供の頃に感染するのですが、なにせ箱入り娘だったものですから感染の機会がなかったわけで。。。(当然、ピロリ菌もいません)皮膚科での治療は液体窒素で焼くことで(正確には、凍結ですね)、とっても痛いんです。指先なんて痛くて痛くて、仕事にかなり支障がでましたよ。で、最後に足の裏にできた時、先生には「足の裏は厄介だよ、治らないとおもったほうがいいかも。。。」と言われました。あらら~と、諦めかけた時、ある先生から「イボ神様にお参りするとイボがとれるっていうのは迷信ではなく、神様にお願いしたという気持ちが白血球に働きかけイボを喰っちゃうって云うことなんだよ」という話を聞き、ならば!と念じてみたんです。なんと、2週間くらいで見事に治っちゃいました。どんな治療より一番効きました。元々私は、暗示にかかりやすく単純という素敵な性格!?をしているので見事にハマったのだと思いますが、白血球は凄いよ!!もう一つ、鍼灸指圧体験。持病である腰痛が悪化し鍼治療を受けました。鍼灸指圧に凄く興味があるのですが鍼治療は初体験。私の場合は鍼治療で劇的に腰痛が治ったわけではないのですが(ごめんね、先生)鍼施術中から、どんどん体温が上がっていくのがわかるんです。鍼をうってる部位から手先足先がじわじわ~っと暖かく、全身に伝わり、体中がぽかぽかとなんともいい気持ちなんです。家に帰って1時間ほど眠っちゃいました。施術後3時間たった体温(脇下)は37度3分。これぞ、先生がおっしゃる鍼灸パワー、ミトコンドリアちゃんの賦活と実感しました。嗚呼、マクロファージちゃん、ミトコンドリアちゃんありがとう!

2013/06/28 (金) 12:01:37 | URL | かおちゃん #tJwXaRLI [ 編集 ]

いつもロムってばかりで、崇高な話を邪魔してはいけないと思って、読んで思いついたことは、放知技に書き込んでいました。今はここのコメント欄を毎日確認するのが日課になっています。

かおちゃんさん
「イボ神様にお参りするとイボがとれるっていうのは迷信ではなく、神様にお願いしたという気持ちが白血球に働きかけイボを喰っちゃうって云うことなんだよ」

白血球などの免疫系と、祈るような行為は直接関連がありそうだと思っていましたが、その関連体験がかかれていましたので、大変参考になりました。

いぼ取り神社やお寺は各地にあるようです。
http://hiramatu-hifuka.com/iboibo/ibozen1.html
お参りするときは、自分の免疫系にお祈りするとよさそうですね。

2013/06/28 (金) 17:43:10 | URL | さすらいの旅人 #UJ6LMiGc [ 編集 ]

医者も洗脳されている

おはようございます。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/images/4864711291/ref=dp_otherviews_2?ie=UTF8&img=2&s=books
ベンジャミン・フルフォードの言葉。
「大半の医師たちも
ある意味、
洗脳された犠牲者なんです。
彼らも目覚めたら
病気の根絶に立ち上がるんです。
良心的な葛藤を抱えた
心優しい医者はいっぱいいる!」
悪質な医療の矛盾に気付き、正しい医療に目覚める医療従事者は、これから加速度的に増えていくと思います。

2013/06/29 (土) 05:15:27 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

岩戸開き、やらまいか(笑)

かおちゃん、顔出しコメ、おけおめ(笑)で、いきなりのエピソード1「イボ取り名人はマッ君とミト子と仲良しの巻」は実にリアルでいい体験談。こういう話しをみんな聞きたいんだよね。これってクリーブ・バクスター氏が発見した、まさにバイオコミュニケーションの世界。人の口腔内の白血球を採取して電位系につないで実験したら物理的に500キロも離れてもホストの意識をキャッチしたという実話。500キロっていうとここから福島よりもさらにもう少し北まで行けるからね。物凄い能力を私たちの体内で活動する原始的な免疫細胞は有している。そして意識というか心と白血球は密接なつながりがあり、特にNK細胞は完全に意識と連動することがわかっている。ある意味、福島医大の副学長になった巷間とても嫌われている医者が言っていた「笑っていると放射線障害は出ない」うんぬんもまったく間違いではないとなる。彼を擁護する発言ではないからね。つまり精神神経免疫学やイメージ療法やバイオフィードバック法や皮膚→腸→脳ラインや、身心一如の構造である人間という存在はやはり意念・フォースによって生かされているのだから、まず感情・意識・心・マインドが生理現象に先行する事は十分にあり得ると言えるのである。エレクトロ・ダイナミック・フィールド理論の提唱者であるバー博士によれば、ガン細胞はガン化する半年前にすでに電位の低下が見られる事を発見している。だから半年前に電子を負荷してその細胞を賦活すればガン化が防げると言える。

ルルドの泉っていう洞窟の湧き水だか聖水だか何だか知らないが、そこの水を飲むと万病が治るみたいなのがフランスにあるけど、これもイボ取り地蔵と一緒の原理かもね。そう思えばそうなると。まあ本当にそう思えないと効果がないかもだから、そこんとこがこういう療法は弱いね。その点、灸でイボを焼くってのは意識も夢も何にもないけど(笑)速効性がある。これは同業者のリアル体験談なんだけど、ある日ふらっと東欧、たしかチェコだかポーランドだか忘れたけど、異人さんが来院して言うには「顔にできたイボを焼いてくれ」と、そんで鍼灸師である彼は軽くビックリして「顔だけど本当に灸で焼いていいの?」と返したら「おいらの国じゃあ灸で焼いてイボ取るのはすげぇ普通だぜ」ときたので、本当に顔のイボに灸を施したら、とってもキレイに痕もなくポロッと取れましたとさ。で、これは私のリアル体験で、胸骨の真ん中付近のやや左に振れた箇所に小指頭大のガングリオンがありまして、試みに灸をすえました。すると表面が焼けて破けて内容物がすべて出てキレイに無くなりましたとさ。ほんの少し瘢痕があるけど、再発もせず、今に至ります。もう20年くらい前の出来事。鍼灸師はだいたい自分の身体を実験台にしちゃう(笑)

かおちゃん、リアルエピソード対談で当面は行こうかね(笑)鍼に対しての感受性がいいっすね。そういうタイプの人はやっぱ鍼師向きだよ。ツボもいずれ見えるようになるかも。これは初めて言うことだけど、3500年前の中国大陸は80%以上が大森林だった。その森林が産生する豊潤な酸素が背景にあり鍼灸医術や生薬医療は体系化されていく。当時の人々にはツボが見えていた?んじゃないかな。殷王朝からこの森林が大規模に伐採され最終的に黄色い大地がむき出しの丸裸にまで環境が悪化する。映画「もののけ姫」の通り、人類はかつて森の神を殺した、んだよね。視力を生み出す視細胞の酵素ロドプシンは豊潤な酸素によって今よりも遙かに優れた視力を私たちに提供してくれていた。それはこの大森林があってのこと。目の細胞にはミトコンドリアが非常に多い。つまりミトコンドリアは酸素を利用して活動するのだからロドプシン産生が酸素供給の低下により減弱すれば今まで見ることができていたツボも見ることができなくなる。放射線が白内障を誘発するのは自明だよ。だって眼はミトコンドリア充満器官だから、放射線障害による酸化ストレスは特に顕著に視力低下なんかに顕れる。人類はすでに3000年前にエデンの園をみずから放棄した大馬鹿者でしたとさ。

ある種の精神疾患にかかった少女が経穴学などにまったく無知なのに、正確に経絡図にあるツボの地点をトレースした。この少女になぜツボの位置がわかるの?と聞くと「見える」と答えたという実話が日本にあり、間中博士の仲間の医師がカルテに記載している。映画「アバター」のナヴィという惑星人の身体には光る点々があるけど、あんな感じにツボが見えた時代が人類の初期にはあったのかもね。

長くなっちゃった(笑)エピソード2も期待してるよ!

鈴森さん、船瀬さんとベンちゃんの顔が怖すぎなカバーがイケテルね、この本。ようやく鍼灸が弾圧された歴史にアクセスできる者が出てきたと感慨深いです。日本の医道史は明治維新で歪められてしまいました。そして戦後最大の危機がGHQによる鍼灸禁止令が発動された時です。この時に立ち上がったのは鍼医たちだけでなく、西洋医たちもまた必死にわが国の鍼灸の灯を消さないために奮闘してくれたのです。その筆頭が医師である石川日出鶴丸博士でした。彼らたちの奮起もあり鍼灸禁止令は破棄できたのです。西欧医と東洋医を噛ませて分断するのはヤツラの手口でしょうね。西欧医の中に真の医療を希求する者が増えれば当然のこと日本医道の流れは変わってきます。その徴候は少なからずあるのではないでしょうかね。まあ、甘いかもしれませんが。電子を負荷する療法や振動、波動を使うこれらの方法が徹底的に弾圧された事を俯瞰すると、やはりこの電子供与治療は生命の真理にアクセスしていると感じざるを得ません。ライフ博士の周辺はスルーしていた領域でしたが鈴森さんのクリアな情報提供を得てボチボチと私なりに考察を深めたいと思います。本当にスゴイ情報のご提供に再度感謝申しあげます。なんかかしこまって堅いかね(笑)

さすらいさん。崇高なんて言わないで軽い気持ちでコメして下さい。いつも放知技に拙ブログなど貼り付けて頂きまして、ありがとうです!

2013/06/29 (土) 06:34:16 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

こんな人が実際にいるんだ

今村さん、感謝するのは私のほうです。
私も含めてネットでは自分の考えに固執する人ばかりです。
今村さんの柔軟な思考力・理解力はどこから来るのか。
ご自分で柔軟思考のツボをついているのですか?
おそらく私など及びもつかないほどの知識を、お持ちだからだと思います。
「養生法の探求」を知ってから、何か希望が見えてきました。

2013/06/29 (土) 07:16:08 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

駄文シリーズ

鈴森さん、こんにちは。自分、電子治療器に拒否反応持っていませんので。一般的に電子治療器て、怪しい、胡散臭い、マッサージ機の延長というイメージが定着してますよね(笑)生物史上最悪最凶の今の時代だからこそ、電子治療器の業界さんに動いて欲しいと思い、ダラダラと書いている訳です。今動かなかったら業界の存亡は無いくらいの、覚悟と意識を持って行動してくれたら嬉しいです。何回でも書きますが、汚染地域に住んでいる、子ども達、妊婦さん、若い女の子達(20代まで(笑))の健康を維持するためにも、効果が完全で無くても構わないから、即大量投入をするべきだと思っています。被曝の経済格差を考えれば、機械は無料レンタルが一番良いかと考えています。松浦先生の弾圧事件は知ってます。個々のメーカーで動いても弾圧させる可能性が高いので、業界でという言葉を使わせてもらっています。別に電子治療器業界に限らないですけどね。ミトレン司令官の今村先生が所属している、鍼灸業界でも良いのですよ。志の高い鍼灸師達が、精鋭部隊を組んで汚染地域に突入して、被曝している人達に東洋医学の秘術を施し、免疫力を向上させ健康を復活させるなんて、リアル・ミトレンジャーでカッコいいじゃないですか!単に、チビ達と、妊婦さんと、若いねーちゃん達を護りたいだけです。三番目は、自分の中のゴーストが囁くので(笑)では。

2013/06/29 (土) 11:40:08 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

こんにちは。私は超アナログ人間なので、スマホとかタブレットとか使いこなせなくて、今日はPCから打ってます(関係ないか。。。)

目ってミトコンドリアが多いんのですか。なるほど、、、私の夫は仕事柄一日中パソコンでの業務だそうで目、肩、首がいいつも凝ってます。目が凝るって、今考えた言葉ですがいい言葉かも。。
というのは、夫が帰宅して肩や首の凝りがひどいという時は5分から10分揉んであげるのですが、揉み解していくと「あ~霧が晴れるみたいに明るくなっていく」といいます。私は視力がとーってもいいからかそんな感覚はなかったのですが、先生のコメント読んで夫はいつも目に酸素がいっていなかったのか、凝っていたのか、そう思ったからなんです。
やはり、体の不調のほとんどの原因は体の凝り、という持論は大正解ですね。

ツボが見えたらいいですね。私は凝りを感じることはできます。肩もんでいて「そこは凝ってないよ。。」と言われても、凝りを手が感じる時は揉み解してみるんです。すると、だんだん「あ~痛気持ちいい~」となりなす。特に左拇指は私の中では神の指なんです(笑)すみません、公の場で先生に個人授業受けようとしている。。。。
失礼しました。ツボが見えたらいいな。。。

2013/06/29 (土) 12:36:14 | URL | かおちゃん #tJwXaRLI [ 編集 ]

リアルミトレンジャー mm

 ほかのことであれば賛成!って言うんですが、現時点では、神だってやられる可能性のある高濃度汚染地域への派遣は見合わせてほしいです。お子さんたち小さいし。大切な一つしかない命なので。

 どうしても離れたくないという人たちへ医療機器を派遣することには同意します。

 先日、IWJで双葉町民の院内集会拝見しましたが、いまだに除染で安心して帰還いただくと誇らしげに演説する地元選出国会議員と現実を認識した町民とのズレに唖然としましたが、あんな議員がのさばる間は子どもや若者の救出は不可能だと思いました。ほんとうに悩ましいです。トシいった人間として申し訳なく思います。

 かおちゃんさん、ナースされている方と先生方の問答、わたしにはとても学びになります。「明るくなってく」すごいな。そうなんだ!

2013/06/29 (土) 13:47:59 | URL | マツダマツコ #- [ 編集 ]

駄文シリーズ・電撃編(笑)

(株)理研メディカルに電話入れました。最後に判ったのですが、不躾な質問に丁寧に対応してくださった方が、代表の野中進さんでした(汗)2つほど質問したので項目と回答ですが、①核種は排出できるか?「細胞内に取り込まれた核種を排出できるとは言えない」②無償レンタルの計画は有るのか、{無い、本来国や行政がやること」でした。2番目については補足を書いておきます。タカダイオン電子治療器については、現在国内で10000台出ていて、活躍しているそうです。凄く参考に成ったのは、事故前からタカダイオン電子治療器をまとめて購入していたのが、東電を筆頭に各電力会社だったそうです(笑)原子炉のメンテナンス等に従事する作業員の、健康管理の場(表現自主規制・ブラ)で活用されていたそうです。東電福一の事故当時も電子治療器が活躍したそうです。古い話だとチェルノブイリ事故の時、タカダイオン電子治療器を6000台要請が有って送ったそうです。野中さんが最後のほうで言ってましたが、やはり福島県内の子ども達の健康状態が心配で、表だっては動けない見たいなので、さりげ無く行動されているようです(松浦先生の弾圧事件を身近で、体験されたそうです)後、AWGとタカダイオンを合わせた器械の開発準備も終わっているようです。近い時期に発表が有るかも知れません(方向としては、リーズナブルなAWGです)この部分はミトコン司令官の今村先生に聞かないと解からないのですが、電子治療器の出す、マイナスイオンの数の違いについてです。2~5万円くらいの電子治療器が出す、マイナスイオンの数が1万~10万個位だそうです。一方タカダイオン電子治療器の出すマイナスイオンの数が1890億個なので効果は違うと話されてました。今村先生、この部分の解説宜しくです(笑)後、IPS細胞研究のルーツも、この電子治療器研究の分野から分岐した流れだそうです。解釈が間違っている場所も有るかと思いますので、疑問等感じましたら、直接電話して確認してください。終わりに、野中さん本当にありがとうございました。

2013/06/29 (土) 13:55:35 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

今日はいい天気(特に意味はございません 笑)

鈴森さん、いやいや、ただの変人鍼灸師でんがな(笑)変人ゆえにちいっと人様と違うとこを見てるのかも。学説なんてみんな都合のいい方向にでっちあげたもんばっかだし。結局は実際のリアルな効果のみが一番の真理だしね。電子治療器が真実だからこそ弾圧された。効果がなけりゃあそんなことする必要がない。だから逆に言えば敵さんは墓穴を掘り続けている。レイモンド・ライフの世界が一般化したら、かなり医学観がパラダイム・ストレッチして風通しが良くなる。ミトコンドリアを知ると何が真実かそうでないか?がよく見えてくるね。知識は全然ないから、だいたい勘だけで言ってます(笑)

ブラちゃん、リアル・ミトレンジャーの件、ちっと考えさせてもらう。鍼灸業界なんて言っちゃあ悪いけどかなり動きが悪いと思う。つうか、双葉町から避難されて東京のホテルに住まわされていた人達の慰安治療は業界あげてやっていたけどね。今は俺、まったく業界と付き合いないの。なんかもう風通し悪いしさ、ああいう組織みたいなの。結局は個人戦だろうね。D党時代からほとんど変わらない事言い続けてきて、ここにきて、ようやく理解者というか共感して下さる方が訪問してくれるようになったの。実はメチャクチャ嬉しい!鍼灸指圧は日本医道の財産で世界遺産なの。富士山もけっこうだけど、それよりもこういうすげぇ普通で何でもない養生術こそが真の宝。医師でありながら巷の治療師に頭下げて治療の秘技を修得し、操体術なる身体操法を編み出した故・橋本敬三先生は、「日本は宝島、大陸の東端に位置しあらゆる情報が溜まる吹き溜まりであり、そこにはガラクタもさくさんあるが、その中には磨けば光る宝もまたいっぱい眠っている、私にはその宝を見分ける眼が幾ばくかあり、それを拾って磨いたに過ぎない、みんなもよく見れば宝がいっぱいあるのがわかるはず」みたいな事を言ってた。ほんと放射能障害を未然に防ぐ宝のような療法や食養生は実際にあるんだよ。だけどそれに気づけるかどうかはもう個人戦ってことになる。しょうがないよね。大きな動きよりささいな動きで変えていくしかない。でもペトカウ効果というかホメオパシー的に微細な情報刺激の方がよく効く場合もある(笑)本ブログが内部被曝への未病治アプローチのきっかけになれば本望です。

かおちゃん、エピソード2もいいじゃん(笑)旦那さんは幸せ者だぜ、まったく(笑)視細胞にはミトコンドリアが充満しているようだよ。というか感覚器としては現生人類の情報入力はほとんど眼に依存してるから、余計に眼は酷使してるね。肩や首の血流を良くすると霧が晴れたように頭や眼が軽くなるよね。まあメカニズムは血流とか筋肉とか神経とか内部環境の詳細を追えばいろいろもっともらしい理屈は成り立つけど、そんなのはたまには忘れて、痛気持ちいい〜、に身をゆだねた方が身心の真理に到達しやすいかもね。指でツボは見るんだよ、フフ。だからもう見てるじゃん。あと指先に心を乗せたらそれで完成。たぶん出来てると思うよ。中国気功風に言うと意念なんて言うけど、意識を指先や針先や灸火にインストールできればもう立派な治療師。かなりできてるとちゃうん?(笑)まあ、眼で見える気がすることもあるし。そうそう、記事にしたこともあるけどフォースというか光球というか生物フォトンと遭遇した話しなんかちょいとトンデモでおもろいから、またそんなネタでリアルな情報をロンダリングしましょう(笑)

2013/06/29 (土) 14:01:22 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

おっと、コメが交錯してます(笑)

ブラちゃん、電子機器業界も動いてはいるんだね。確認の電話までしてくれて、まことにありがとう。男気あるね。たぶん、今、ブラちゃんのファンが倍増したよ(笑)まとめて買ったってまさか東電の原子炉の現場社員用じゃなくて正社員つうか本部努めの家族用とかじゃないの?なんかそんな気がする。すんげぇ腹立つ。まあいいや。フォースを甘く見ると痛いめにあう。ダークサイドに落ちた連中はどこまで行ってもダークサイド。電子の数うんぬんは何とも言い難いというか、まだそのへんは勉強不足でむしろ鈴森さんの方がお詳しいかもしれません。もしも鈴森さん、そのへん詳しかったらコメ下さい。でも、まあ効果が出れば何でもいいよね。そのへんは塩梅というか結果オーライかね。

マツダさん、現実には確かに被曝が怖い。だいたいレジャーも西方面になりがちだし。まあだからこその、私なりの情報提供なんです。きっとクチコミでいずれは被曝防御の有益な方策は広まると思う。早いほどいいけどね。電子治療器の評判ももっと広まるといいです、ほんと。

2013/06/29 (土) 14:16:19 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

大スクープ

クチブラさん、すげえよ、大スクープじゃん!
素晴らしい行動力です。
タカダイオン電子治療器とAWGの夢の競演があるとは。
チェルノブイリでも福島原発でも、タカダイオンなどの電子治療器が活躍していたのですね。
しかしメジャーなマスコミでは報道されていません。
本来なら国が量産して、一般市民にも配るべき物なのに。
電子が、ガンを含む慢性病・現代病の予防・治療に絶大な効力を発揮することが、一般に知れ渡らないようにしているのでしょう。
本当に腐りきっている!
しかしこんなに簡単に共感者が出て、色々な情報が舞い込むとは思っていませんでした。
電子治療器など邪道と、切り捨てられるのが当然と思っていましたから。
クチブラさん、感謝します。

代表の野中進さんは浜松出身で、最初は浜松で営業していましたから、松浦博士の弾圧事件はよく御存じなのでしょう。
http://hp.did.ne.jp/did/page/index.php?tool_id=takadaion&tool_no=27&guid=ON
「タカダ電子健康法」という本の表紙の下に、こんな文章があります。
「タカダイオン治療器は直流です。
一秒間に発生する負電荷(電子)は1869億個です。
交流の電位治療器では、これだけの電子を発生することはできません。」
タカダイオン治療器以外のほとんどは交流です。
AWG治療器すらも、交流です。
以前読んだ資料では、直流だと陰イオン(電子)だけを発生させられるので、大量の電子が出るそうです。
直流である事が、タカダイオンの最大の利点です。
60兆個の細胞には、何千億もの電子を送り込まないと効果が少ないようです。
最近では、他にも直流の治療器が出ていますが、タカダイオンよりはるかに高価です。
ナントカヘルスなどの機器が直流でないのは、偶然なのか、何か思惑があるのかはわかりません。
タカダイオンは、他に比べて安価で高性能です。
でもタカダイオンとAWGの良い所取り(安価で高性能)が出たら欲しいなぁ。
今村さん、このブログは人材豊富ですね。

2013/06/29 (土) 15:53:51 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

直流の電子治療器

http://www.clinic1000.jp/rigaku01.html
電子治療器「エナジー」も直流なので、効率よく電子を供給できます。
AWGよりは安いですが、タカダイオンよりは高価です。

2013/06/29 (土) 17:13:18 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

タカダイオン

 クチブラさん、ご報告ありがとうございました。なんとりっぱなミトレンジャーのお一人!よくお調べいただきました。

 わたしは今村先生以上の疑惑を。。。勝俣使ってるのか?とか、むらの皆さんへもご提供とか。もち政治家の先生方もこっそり。首相のラドンってのはどうか知らないけど併用してるんじゃないの?

 こんな隠蔽が行われたとするとさらに許せない。でも実際に活躍していることがわかったことがスゴいと。重ねてありがとうございました! 

2013/06/29 (土) 18:24:25 | URL | マツダマツコ #- [ 編集 ]

駄文シリーズ・褒め殺し?

先生、鈴森さん、マツダさん、ありがとうございます。褒め殺し勘弁してください(笑)コメで鈴森さんにプッシュしてくださいと何回か書いたけど、人に言うんだったら先ずは自分が行動するのが筋だろうと・・・。別に官僚や暴力団に電話する訳でもないので、気楽にできましたよ(笑)先生、自分も作業員と言っても正規職員だとは思いました。あの糞企業が下請けや、孫請けの作業員のことを考えて、購入したとは思えませんので。マツダさん、勝俣は使ってないと思いますよ(笑)あの老害野郎は被曝する環境にいないですから。住友化学の豚野郎と同じですよ(笑)鈴森さん、夢の競演ですが基本直流だと、野中さん話されてました。価格的には現在の五分の一位で販売できれば成功だとも話されてました。個人的にはタカダイオン電子治療器にバストアップ効果が有ると聞いたので、ワンサイズアップしてHに成るなら30万も安いかと、一瞬エロい欲望が暴走準備を始めました(笑)そうはいっても今のサイズで十二分に満足してますので、100%確実に効果が出る美肌効果を考えて購入を真剣に考え始めました。彼女の肌が、今以上にプルルンとして綺麗に成るなら、真剣に検討する範囲に入ってきますので。皆さんが内部被曝の視点で議論してる中、美容とエロの視点で考えてる馬鹿野郎でした(笑)

2013/06/29 (土) 19:56:46 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

「AWG」は魔術か、医術か?

「AWG」は魔術か、医術か?というブログがあります。
http://toshinarimasaki.blog.fc2.com/blog-category-1.html
AWGの本を書いた俊成正樹というジャーナリストのブログです。
『左胸乳がん全摘となった主婦の乳房が、「AWG」で丸ごと蘇生した。
聞くなり「ウソだ」と思いました。』
最初は半信半疑というか完全に疑ってかかっていた俊成氏が、取材を進めるうちにAWGにのめり込み、本まで書いてしまいました。
ブログまで書き始め、改訂版まで出す熱の入れようです。
色々と興味深い内容が書いてありました。

特に自分が興味を示したのが、AWGとビタミンを組み合わせるという発想です。
「AWGとプラセンタを組み合わせたらどうか。
松浦博士は、アリナミンを飲むように勧めた。」
私はビタミン・ミネラル・アミノ酸などと、電子治療器の相乗効果があれば、より簡単に慢性病が治ると考えています。
「電子」と「微量栄養素」の組合せが、最強の「ミトコンドリア賦活剤」です。

電子的パルス発生器「究極ザッパー」の考案者も、ビタミンCとのダブル効果を述べています。
「究極ザッパーの考案者のプレスナー氏に聞いたところ、彼はザッピングの1時間前にはビタミンCをいつも飲んでいるそうです。
たしかにビタミンCはザッピングの効果を高め、またザッピングはビタミンCの効果を高めるようです。
相乗効果というものでしょうか。」
ビタミンCも電子供与体ですが、他に電子を与えるとすぐにビタミンC自体が酸化してしまいます。
そこへ大量の電子を与えてやれば、ビタミンCの抗酸化力が再生し、より浸透しやすくなります。

健康とはミトコンドリアを元気にすることです。
そしてATPやコラーゲンを十分に作り出すことでもあります。
多種多様な有益物質の相乗効果が、健康への近道だと考えるようになりました。
鍼灸・温熱・温泉・指圧・運動などで血流を良くする事も大切です。
すべてはミトコンドリアのために。

2013/06/30 (日) 06:22:34 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

美容とエロもミトコンから(笑)

ブラちゃん改めブラ様(笑)、なんか韓流スターか外タレみたいでカッコイイね。ところでヨン様ってどうなったのかな、あっ、どうでもいいか。このブラ様という方は何気に大勢の子供を救っているから、実は筋金入りのミトレンジャーなんです。それで今回も快挙を成し遂げた。電力会社がまとめて買っていたという事実が電子供与治療器の真価を語ってしまっている。弾圧しといて、その技術をそっくり誰かがパクルなんてのは常套手段だろうけど、色んなシナリオが想像できるけど、今回はとにかく、こういう放射線障害による体内の酸化ストレスを改善する治療器がすでにある、という事実がこうして公開されたという事がモノスゴク意義深い。鈴森さん、ブラちゃん(笑)、まことにありがとうございます。

美とエロと健康もまたミトコンドリアの賦活からだから、ミトコンドリアが侵襲される放射線障害には電子治療器や各種栄養素や鍼灸指圧や各種運動法を組み合わせることが有効でしょうね。栄養素の中に人工核分裂生成物の濃縮を防ぐ多糖体やクエン酸を加えればなお良しです。


古守豊甫「健康と長寿への道しるべ」風濤社より
【〈里芋〉長寿学の大家・近藤正二博士と共に棡原の食生活を調査したのは早くも12年前のこととなった。
この日は折からの台風の影響で8月末のどんより曇ったむし暑い空からは時々小雨がぱらついた。
まず訪れたのは用竹部落の佐渡さんの家。近藤博士は縁側に腰かけメモを手にして70歳のしまさんから子供の時から何を食べたかを丹念に聞かれた。しまさんは子供10人。
この道50年、二人とない先生のやさしいお人柄と相まって、しまさんはいささかも臆することなくスラスラと答えた。この時、博士がやや驚きの面持で聞き出されたのは里芋のことだ。
棡原では秋の収穫から翌年の4,5月頃まで1日1食、主食として食べる。
こんなに長期間、大量に里芋を食べる長寿村は日本中どこにもないと博士は強調された。
主婦たちは毎晩「いろり」の自在鉤に吊した大きな真黒い鉄鍋に親芋、子芋もろともに入れて、味噌でくつくつ2時間煮る。そのまま翌朝まで置くと冷えてみがしまる。これを再び暖めてゆうべのほうとうの残り汁をすすりながら食べる。
村人にとっては最高のおごりである。

私はこのネバネバ物質が健康上非常によいと思う。
ネバネバは食道などでなめらかに呑み込まれるのを助けたり、ナメコ、納豆などいわゆる「うまみ」として感じる。
ネバネバは『粘性物質』と呼ばれ3種類ある。
ナメコ、昆布、山芋などに含まれる『植物性粘性物質』と
納豆、酵母、サルノコシカケなどに含まれる『微生物性粘性物質』と、
ウナギ、ドジョウ、ナメクジなどの『動物性粘性物質』である。
生化学的には多糖体、糖蛋白といわれ、動物性のものは蛋白と結合している。
ここ10数年来、急に注目され、各方面で研究されている。

粘性物質は人体では老化防止に役立つ。年をとってこれが少なくなると保水力、みずみずしさが減少して皮膚は小皺が増え弾力性がなくなる。
棡原の老人、とくにお婆さんたちが80歳、90歳になってもシミがなく若々しいのは、里芋や山芋のネバネバのせいではないかと思う。

里芋には八ッ頭、小芋、シメ芋の3種類がある。シメ芋は収穫が多い反面、えご味があり、長時間かけて煮る必要がある。
質より量を尊んだ昔は主としてこれを栽培したが、今は八ッ頭と小芋だけとなった。
里芋は湿地を好むため、棡原の急斜面での日当たり、水はけのよい畑での栽培は乾燥との闘いで、その労苦は筆舌を絶するものがある。
それだけに芋の王様で、セイダを銅とすると里芋は金に相当するという。
里芋で忘れてならないものにイモガラがある。茎の皮をむいて天日に干したものだ。
今アメリカでも日本でも食餌性せんいが見直されているが、棡原ではとうの昔からそれを地で行っている。
里芋と日本人との歴史は古い、古来、子孫繁盛の象徴とされてきた。
大いに食べるべし】

この本も絶版です。D党時代からずっと多糖体をプッシュしているソースがこれです。プルルン肌とエロは多糖体から、かも。

>粘性物質は人体では老化防止に役立つ。年をとってこれが少なくなると保水力、みずみずしさが減少して皮膚は小皺が増え弾力性がなくなる。
>お婆さんたちが80歳、90歳になってもシミがなく若々しいのは、里芋や山芋のネバネバのせいではないかと思う

コラーゲン繊維の構成材料こそが多糖体ではなかろうか。あるいは腸内細菌の栄養源が多糖体。どちらも当たっていると思う。

2013/06/30 (日) 07:03:12 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

内部被曝の被害を抑えるポイントは
美やエロや健康(=若返り)のポイントに通じ、
しかも、それらは全てミトコンドリアの割賦に関係している。
と理解すると、非常にわかりやすいですね。

2013/06/30 (日) 08:51:52 | URL | さすらいの旅人 #UJ6LMiGc [ 編集 ]

まさにその通りです!

さすらいさんのシンプルなまとめですべてが説明できます。ようは酸化ストレス障害という身体から電子が抜けてしまう状態を改善するために電子を供与してあげる。それが食であり、鍼灸指圧であり、各種運動法であり、電子供与治療器であるということになりますね。

電子という概念を東洋医学の根幹概念である気という言葉に置き換えたらまた一つ新たな地平が見えそうです。「気とは電子である仮説」、持ちネタに使わさせて頂きます(笑)

2013/07/01 (月) 05:48:40 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

希望

今村さんの発言からは、希望が貰えます。
原子・イオン
http://contest.japias.jp/tqj14/140054/gensi.html
放射線の特性
http://contest.japias.jp/tqj14/140054/tokusei.html
電離作用や励起作用について、わかりやすいです。

http://blog.optimallife.jp/?eid=327082
「オプティマルライフ タカダイオンで放射線障害の撃退その4」
放射線→電子を奪う
タカダイオン電子治療器→電子を与える
 ↓
プラスマイナス0になる
 ↓
体を構成する原子が安定する。
という正のスパイラルはおこってくるのだ。
体の細胞が不安定になっている状態に、タカダイオン電子治療器を使う事により、細胞が再び安定する可能性は高い。

放射線によって身体の細胞の電子が弾き飛ばされる。
電子を失った細胞は、電子を求めて暴れだし、周囲の電子を奪うという負の連鎖が起きる。
被曝によって電子を求めている細胞が多い身体に、電子治療器で大量の電子を与えてやれば、身体を構成する原子が安定する。
つまり健康になる。

私はいつも自分が理解できるように、物事を単純に捉えるようにしています。
オプティマルライフという会社は、タカダイオンに関する情報の宝庫です。

2013/07/01 (月) 07:06:38 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

これ分かりやすいです!

鈴森さん、いつも貴重でクリアな情報提供まことにありがとうございます。人工核分裂生成物が放つ内部被曝における放射線の影響がこれらの説明でたいへんよくわかりますね。

こちらのサイトに貼り付けられた動画に奴らの手口が暴露されています。気になったのが低周波攻撃という手口。これもまた放射線なみの活性酸素攻撃かもしれません。低周波などの波動系の歪みを生み出して人々の免疫系をかく乱するのも常套手段になりつつあるのでしょうか。一部ではデマと言われていたケムトレイルにも言及しています。まあすべてをそのまま受け取るのも何ですがけっこう参考になりました。

http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11561109250.html

私も基本的に自分の言葉で理解できるまでに咀嚼してから記事などにアウトプットするよう心がけてはいます。単純に捉える事は本質をつかむ近道ですね。本質さえ掴めばいいのです。

2013/07/02 (火) 05:24:33 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

マインドコントロール

今村さん、動画を見て恐ろしくなります。
「奴ら」は人類を、「家畜」として見ています。
『よくもここまで騙したな これが〔人殺し医療サギ〕の実態だ!』にも、同じような内容が書かれていました。

http://www.thinker-japan.com/index.shtml
「THINKER」という素晴らしいサイトがあります。
THINKERは、ケムトレイルや子宮頸がんワクチンの害を、かなり前から伝えていました。
私は1度だけTHINKER氏にお会いして名刺を頂きましたが、お子さんがまだ小さい30代の方でした。
デザイナーという職業を生かして、素晴らしくセンスの良い映像や画で、日本の危機をわかりやすく伝えていました。
「マスコミとお金は人の幸せをこうして食べている」という本を出していますが、今まで読んだ本の中で、最も衝撃的な内容でした。
世の中の仕組みや、歴史観を根こそぎひっくり返されて、自分が洗脳されていたことを、嫌と言うほど自覚させられた本です。
天皇家に関する記事は、特に衝撃的でした。
「THINKER」というサイトを全て読むだけでも、隠された真実を垣間見ることができます。

2013/07/02 (火) 06:04:10 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

おはようございます。

飛行機雲とケムトレイル どう違うんでしょうか。ケムとは気象条件ではできないはずの航跡なんでしょうか。そこのところがよくわかりません。自分で調べるべきなのかもわかりませんが、たまたまこの話題をされていたのでご存知でしたら。空を見上げて判断がつくんですか?

お時間がありましたらよろしくです。

2013/07/02 (火) 07:24:50 | URL | マツダマツコ #- [ 編集 ]

ぼくの知らないケムトレイル

http://www.thinker-japan.com/PDF/a4_thinker_mini_book_vol1.pdf
マツコさん、こちらにわかりやすく書いてあります。
私はケムトレイルに関して喰わず嫌いで、半信半疑でしたが、これからは注目していきます。

2013/07/02 (火) 07:40:20 | URL | 鈴森 #- [ 編集 ]

空は誰のもの?

ケムトレイルは真相追及者の間では一種の地雷というか踏み絵みたいな感じだった。実際に、ある派と、デマ派がいて、どんなに素晴らしい陰謀解析ができていても、ケムトレイルに触れると一気に信用を失う。そんなネタがケムだった。

でも、THNKER氏の情報分析ではどうも真実っぽい。私も鈴森さん同様に今まではスルーしていたけど、今後は少し考察を試みようかと思う。本当かどうかはまだ半信半疑だけど。こんなシナリオはどうか?

実際に過去にそういう実験的な事をやった時期があって、それなりの結果が出たが、あまりに露骨な手段で空に雲の痕跡がありありと残るので今はほとんど行われていない。普通の飛行機雲とそうでない感じの雲が出るのは単に飛行機の機種が違うから?で、それをケムトレイルと言い続けていると、どんなに他の情報分析が正しくても最後に信用を失う。そういう真相追及論者を騙すための仕掛けでは?ようは、手の込んだハーフ・トゥルース混ぜ。半分は真実で半分は嘘という騙し戦法。まあ、あくまで私の想像ですが。

ケムトレイルよりもはるかに実害があるのが原発からの放射能。こっちの目くらましという手かもしれないし。あらゆる毒素をミックスして何が原因かわからなくするのも奴らの手口。奴らの実体は本当のとこ不明だけど、たぶん奴らと呼んでいい奴ら(笑)はいるだろうと確信している。

2013/07/03 (水) 05:51:01 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

ありがとうございました

 ケム疑惑。いろんな核種がいろんな状態で日本上空に存在するようになってから、ああ、きれいって空に見とれることがなくなりました。空にまで疑惑。。。ふう。ひどいことを。でも何も知らなかったのでこれもMEMO、応答ありがとうございました。

2013/07/03 (水) 07:24:03 | URL | マツダマツコ #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。