キモ

手つかずだった活性酸素とフリーラジカルについて少し活字をあたってみました。

ひとことで言えば、「人体の生化学反応において中間産物として生成されてしまうもの」

ミトコンドリアにおいて電子の受け渡しによってエネルギーを生み出す過程では必ず活性酸素が生じる。

しかし、それをまた還元する酵素は用意されている。

活性酸素が疾病の主原因とする活性酸素害悪説が主流であるが細菌を殺したり血圧調整に役立ったりもしている。

いってみれば善悪二面を併せ持つアンヴィバレントな物質。

腸内常在菌を善玉菌と悪玉菌というへんな表現で差別するのと同じで、活性酸素・フリーラジカルについても一面的な評価は禁物と感じた。

養生法という観点からの覚え書きを少し。

抗酸化酵素という活性酸素・フリーラジカルを消去する自前の酵素には代表的なものにSOD(スーパーオキシドジスムターゼ)、カタラーゼ、グルタチオンペルオキシターゼがあります。

そして生体内で作ることができない抗酸化物質にはビタミンC、ビタミンE、ビタミンA(βカロチン)があります。

つまり抗酸化物質を含む食品の摂取は活性酸素・フリーラジカルの弊害を取り除くために有効。

たとえば活性酸素によって細胞膜のリン脂質二重層を形成する不飽和脂肪酸が脂質ラジカルへと変化し細胞膜が老化変異してしまうのをビタミンCとビタミンEが協調して防ぐそうです。

これは放射線障害におけるペトカウ効果(低線量被曝によって容易に細胞膜が破壊されること)の予防になるのではと推測します。

桜沢如一の食養術の薫陶を受けた秋月辰一郎博士が原爆症を発症させない栄養指導をしました。そのキモは塩気を摂ることでした。そしてその塩気を摂る方法は「ごま塩」にあったと記憶しています。

自分があたった本には、以下の食品類に抗酸化物質が存在すると書かれています。

ゴマ、ハーブ、豆類、ターメリック・ショウガ・コショウ、緑黄色野菜、緑茶・ウーロン茶・紅茶、ココア、ワイン、トマトジュース。

トマトジュースに関してはアメリカにおいて放射線障害による白血球減少症を防いだのはV8というトマトジュースだった、などという情報も311後には見られました。

汝の食を薬とすることができれば、未来はそんなに暗くないのかもしれません。

希望を持つことは人体の生化学反応を活性化します。あきらめたらHSPの分泌が消失したという事実もあります。

希望を持ち続けましょう。

スポンサーサイト

2012.03.29 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 内部被曝

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR