ローリング

「行く水はかくの如く昼夜をわかたず」

鍼の師匠がよく口ずさんだ言葉です。

畢竟、生命現象とは「流れ」ではないでしょうか。

円滑に細胞生理が維持できていれば健康といえます。

細胞生理の流れを滞らせないためのカナメとなる機能や物質をあげてみます。

ユビキチンプロテアソーム系(エネルギー依存性たんぱく質分解機能)
オートファジー(飢餓応答性たんぱく質分解機能)
酵素(5000種類あるうちの3000種類は腸内細菌が作り出す、抗酸化物質のSODなどは特に重要)
腸内常在菌(消化、物質合成、感染防御)
ATP(細胞内小器官のミトコンドリアが作る命の動力源)
HSP(タンパク質の合成、運搬、分解の介添え役)
37度の体内温度(酵素反応に必要な温度)

まだあるでしょうが、自分の頭の整理のためもあって暫定的に以上を挙げてみました。

「流水はくさらず 戸枢はくちず」

スポンサーサイト

2012.03.27 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 命曼荼羅

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR