群知能

セロトニンという神経伝達物質は腸管上皮のEC細胞(クロム親和性細胞)のオメガ顆粒という袋に90%存在している。つまり人体のほとんどのセロトニンは腸に存在する。残りの8%が血小板に内包されており、あと残りの2%が脳内にある。この脳内セロトニンが不足することがウツ病の原因とされるのである。へぇ〜、ほんとにそうかい?ここんとこはよく吟味しないとイケナイと思うけど。

実はこの脳内セロトニンは腸内細菌がセロトニンの前駆体を作ってくれてそれが血流にのって脳関門という選別フィルターをかいくぐって脳内へと到達すると脳内セロトニンができるとされている。だから腸内細菌がセロトニン前駆体を作るチカラこそがウツ病の予防になるとも言えるのである。セロトニン再取りこみ阻害剤なんざ飲むとさ、逆に腸内細菌が死滅して腸内細菌バランスが攪乱されて結果として腸内細菌がセロトニン前駆体を作る能力が低下するか、もしくはまったく作れなくなるだろうから、腸へ薬物を投入することは極力控えるほうが無難と言えそうである。

ようは腸内細菌を豊かに元気にすることが結果として脳内セロトニンをよく供給することになる。腸内細菌は植物繊維が腸内へ来ると数を増して元気になるのだから、植物性の繊維をよく含む食材を食べていれば腸内細菌は元気になる。そこへ肉や魚や卵などに含まれるトリプトファンというアミノ酸を投下してやると元気になった腸内細菌がこのトリプトファンからセロトニン前駆体を産生してくれて血流にのってセロトニン前駆体が脳内へと到達すると脳内セロトニンが満たされてハッピーな気分になるというわけなんだね。門歯臼歯で植物性食7、犬歯で動物性食1の理由がこれでよくわかるってこと。

で、セロトニンってのはもともとはバクテリアが仲間とコミュニケーションする際に使っていた物質なんだって。だから腸内細菌がセロトニン前駆体を作るのも当たり前なんだろうけどね。人間もまたこのバクテリアが使っていた物質を流用させてもらったんだね。実は生物界ではこういう使い回しはよくあることでハエの目を作る遺伝子と人間の目を作る遺伝子は同じものを使っているからね。だいたいハエもサルも人間も遺伝子の総数とか種類はたいして違わないんだよ。ただトリガーが引かれて発現するものが違うから出来上がった生命体の様式が異なるということなんだ。

そいでさ、アフリカなんかでたまに大発生して公害をもたらすイナゴの大集団ってのが発生するスタートにセロトニンが関わっているんだよね。イナゴは普段は単独行動しているんだけど、ひょんな拍子に仲間の足に自分の足が触れたり、仲間の匂いに感応したりすると、そのイナゴの体内にセロトニンが分泌されちまうんだ。するとそのイナゴたちはちょいとイイ気分になっちまって、ヘイベイビー!ご機嫌だぜ!もっともっと仲間を呼んでパーティーでもしようぜ!ってなってくる。それが結果としてイナゴの大集団を形成してしまう、ということらしいんだ。

つまり群知能という法則に深く関わっているのがセロトニンというホルモンと見なせる。人間の単独個体もまた細胞数60兆個、ミトコンドリア数1京8000兆個、常在菌数101兆個という巨大な群衆であるわけで、この超巨大な微細生命体の集合体をいかにうまく群知能で導くかということは健康でいるうえで大きな課題なわけ。その群知能を統率するホルモンこそがイナゴ集団を統率し、腸内細菌が前駆体を作るセロトニンそれであると仮説を提示してみたい。人間が使う神経伝達物質は100種類以上あるそうだがそれらもまた人間という1個の群衆を導き統率する物質なのだろうと推測される。

人間という種の群知能は腸内細菌に依存している?いいじゃないっすか。いまだにバクテリアと等しい存在、いな、バクテリアに依存しなければうまく生きられない種族が人間だって?その通りだよ!人間中心主義を捨て去りミトコンドリアや常在菌と仲良く共生するユートピアこそが養生の秘訣である。正常な自己組織化の鍵を握る物質がセロトニンと言えそうである。

スポンサーサイト

2013.03.01 | | コメント(10) | トラックバック(0) | 腸内細菌

コメント

セロトニン、見っ~けぇ~♪

これですね!
イナゴの大群の話。。。
セロトニンじゃないですか!!!

実はね、ミトコンドリアとセロトニンが深い関係にあるので、ハリィ~今村さんはセロトニンについて、何を書いてるかなぁ~って思って検索したら、出るわ、出るわ!やっぱりぃ~って感じです。

この間書いた、詩のようなものの元となった、記事を書くきっかけになった、知り合いの記事のコメントを読んでいただくと、わかるのですが、ミトコンドリアを活性化するためには、セロトニンが必要らしいです。
それは、卵が先が鶏が先か的な関係だけど、セロトニンがきっかけなんですって。

http://blogs.yahoo.co.jp/shihihaida/10922668.html

私が先日書いた最後のコメントに書いてくれたコメントにそのことが書いてあります。


そして、セロトニンについては、これまた、詩のようなものを書いているんですよねぇ~(笑)
今年の6月、夏至の直前。。。
半年経ってまた戻ってきました。。。
http://blogs.yahoo.co.jp/shihihaida/9777252.html

今日、思いっきり、セロトニンにはまって、検索結果のツィートいっぱいしちゃいました(笑)
http://twilog.org/hiromiamigo/date-131222


5511
3579

2013/12/21 (土) 23:30:43 | URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]

俺も見っけ(笑)

ひろみさん、過去記事から来てるネタをピックアップするのウマイっすね。

もう群知脳について記事挙げてたんだ、俺。

ちったぁ、自分の記事も読み返したほうがいいね(笑)

セロトニンとメラトニンの分子構造はよく似ていて、どうもメラトニンが出来ると、それを少し手直ししてセロトニンに使い回す、あるいは逆に、なんて生化学反応が体内では行われているかもしれない。

筋肉を動かすとβエンドルフィンが分泌される際には、まずアドレナリンやドーパミンが分泌されてそれがトリガーになってビリヤードの玉突きみたいに次々に色んな分子構造が生まれていき、βエンドルフィンもその過程で産出されるとか。

ランナーズハイというマラソンやって気持ちよくなるのも、最初は苦痛でそこを越えるとβエンドルフィンが出て来てハイ状態になる。

実は苦痛感がストレッサーでストレス反応として苦痛を和らげる快感ホルモンが拮抗的に分泌されてくるとも言える。

苦痛を生み出すリガンドはサブスタンスPとかブラジキニンあたりかな。

苦あれば楽あり。これじゃあチンケな道徳教育だわ(笑)

道徳と言えばさ、幼児みたいな顔のどこぞの首相が学校教育の道徳に力を入れるみたいに息巻いてるけど、なんでも秘密のコッカ状態で、何言ってんだかね?

黒塗りの資料を出してくる官僚たち。あんたっち子供に見せる顔あるの?無いよね。だからゾンビと言ったまで。

ホラー映画よりもタチの悪いホラー国家。

あっ、マイケルがスリラーとか作った意味が分かった。

ゾンビホラー体制の揶揄だね、たぶん。

人間性を取り戻すにはセロトニンが欠かせない。

実はね、ひろみさん、西原克成博士が申すには、ホルモンを産生するのはミトコンドリアの仕事で、ホルモンを受容するのもミトコンドリアだと。

つまりホルモンはもしかするとミトコンドリアにとっての分子言語かもしれないの。

ボニー・バスラーさんの講義で、バクテリアが使う分子言語に驚いたんだけど、ミトコンドリアはもとはαプロテオ細菌、つまりバクテリアじゃん。

もとバクテリアだったミトコンドリアが分子言語としてホルモンを使って全身のミトコンドリアと連絡しあっていると仮説を立てても、何もおかしくないでしょ?

たぶん、西原説は正しいと思うよ。

あとね、ミトコンドリアは細胞内で常に原形質流動に従ってゆっくりとダイナミックに核から細胞膜へと上昇し、また中心核へと沈降してを繰り返しているそうだよ。

地球の内部でマグマが動くマントルプルームの動きとソックリ。

それで、細胞内のミトコンドリアのいくつかが異常化したりすると、その異常を希釈する為に個体であったミトコンドリアが融合し始める。ツリー状にひものようにくっつく。

そうしてミトコンドリア同士が結合して、ミトコンドリア内膜の内容物を混ぜて、活性酸素なんかを中和してしまう。

これって、まるで粘菌みたいでしょ?

自律的にミトコンドリアは自分自身で自分を養生している。

養生法の原点はもしかするとここに、ミトコンドリアの動態にあるのかもしれない。

ねっ、ミトコンドリアって凄いでしょ?凄すぎだよね。

2013/12/22 (日) 06:06:32 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

セロトニンって、医学の常識を超えているみたいです。。。

今日もまた、セロトニンをちょっくら探っていて、気になるブログの記事を見つけてしまいました。

ストレス環境下で、セロトニンの過剰分泌がうつやがん、アトピーなどアレルギー疾患を引き起こしている、という説です。
とりあえず、下のURLのストレスについて、という記事の中に、セロトニンのことが書いてあります。
http://t-chiro.blog.so-net.ne.jp/search/?keyword=%E3%82%BB%E3%83%AD%E3%83%88%E3%83%8B%E3%83%B3

このブログ主はカイロプラクティックの治療師さんで、 「癒しのしくみ」 http://a.r10.to/hhYnEQ という本に、セロトニンのことが書いてあるようです。

私は、まだ全部読んでいない上に、今まで考えていたことと反対の内容なので、頭の中が混乱してしまっている状態です。。。

これって、要するに、ミトコンドリアを活性化しようとして、セロトニンが分泌されたはいいけれど、ミトコンドリア活性に使われずに、余ってしまって、悪さをしている。。。ってことなんでしょうかね。。。
セロトニン分泌過剰によって、「あきらめ」てしまっている状態、ということなのですが・・・。

ここでも、パラダイムシフト?!


それと、ばったの大群のこと、こんな風に書いている人がいました。
http://t.co/o5mggUak7C

これは、ある意味、理解できるんです。
危機的状況において、想像以上のばか力が働いているというか・・・。
アメーバの生態からも想定内だし、このばか力的な脅威のパワーが現代人にも発揮されるんじゃないか・・・って、期待しているんですけれど・・・(笑)


ハリィ~今村さんの見解がお伺いしたいです。
よろしくお願いしまーす♪

9339

2013/12/23 (月) 02:51:35 | URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]

ふむふむ

セロトニンがもし大量に産生されても、負のフィードバックが働いて、普通は干渉抑制するリガンドが拮抗的に作用して、自家中毒的な状態を脱するんじゃないのかな。

セロトニンの不足障害はよく聞くけど、セロトニン過多障害ねぇ、ホンマかいな?

そもそも脳内ホルモンという概念だって、それほど確定した学説でもないし、つまり精神科、心療内科にとっては便利な理屈ってわけです。

セロトニンが不足しているから、セロトニン再取りこみ阻害剤の有効性を信じ込ませる事ができる。

でも、本当に脳内セロトニンが不足したから、ウツになってるのか?どうかすら怪しいんですな。

そういう非常にアヤウイ領域が精神疾患の周辺。

情動や精神を無理やり脳内神経伝達物質の作用によって起こる現象と定義づけたいビッグファーマ(製薬企業)のバイアスがあったと言われているんです。

このへんをさっぴいてね、例えばヒトにおいては90%のセロトニンが腸管上皮にある。脳内はたった2%しかない。

で、俺流アヴァンギャルド唯腸論をぶったってわけです。

脳内オピオイドもね、脳内だけの現象とは思っていない。皮膚という巨大な臓器に起こっている現象だと自分は認識してる。

バッタちゃんも足がこすれ合うことでセロトニンにスイッチが入るじゃん。頭、脳じゃない。肌が触れあう事がキッカケ。

ここ超重要よ!

実はね、ハリィ〜今村(これからはこの表記にする 気に入った 笑)もさ、人類が原発文明から脱却するパラダイムシフトを達成するカギが、今回のフクシマ事故ショックになると、なってほしいと思ってるんですな。

そいでさ、こうやってネットで情報を発信するのは、つまりはバッタが足と足が触れるのと一緒でね。

不特定多数を対象に自分の思いをつづっていると、そのうち共鳴してくれるヒトが出てくる。これ足が触れたってこと。

その輪がやがては群生相への転換を促し、集合意識のパラダイムシフトを引き起こす。

俺、これ狙っているんだけどね(笑)

だから情報発信は俺からのリガンド放出なの。粘菌やバクテリアはミトコンドリアとやってる事は一緒だぜ!

だって、俺らは彼らの末裔だもん。

彼らが危機的な状況に遭遇してやってる動態を真似すりゃあうまくいくんじゃない?

ひろみさんの一発逆転の夢を現実化するには、もっともっと大勢の者が声を上げて、裸踊りしないとね。

ユーラシア大陸の西端スペインと東端ジャパンでさ、こうやってネットでつながって情報が行き来しているから、とりあえずユーラシア大陸は制したかもね(笑)

あとはアフリカ、北米、南米、オーストラリアか。

これら4大陸にお住まいの皆さん、リガンドの放出よろしくです!

こんなん出ました(笑)

2013/12/23 (月) 06:36:41 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

ふと思ったのですが、セロトニンが十分に分泌されていても、受容体の数が少なければ、必要な場所できちんと機能しないわけで・・・。

ほんと、生命は不思議です。

裸踊り!そうなんです。
私自身が裸踊りを始めるわけじゃないけれど、始めた人をサポートしたいと思っています。
ミトコンドリア関係では、ハリィ~今村氏が始めてくれたから、私も一緒になって踊ってます(笑)

今日、別の人からも裸踊りの話が出てて・・・。
ちょっとしたシンクロにびっくり・・・。

前にも書いた、3年半前にアメーバの記事を見つけたときから、紆余曲折ありつつも、右往左往しつつも、表現は少しずつ進化したり変化しつつも、ずっと同じようなことを言い続けてきたような気がします。

それが、ミトコンドリアとつながって、セロトニンともつながって、ほんと、点と点がつながり、線になり、線と線がつながり、面となっている・・・そんな感じです。

次は、立体へ・・・(笑)

おそらく、複雑に絡み合った多重構造だと思うので、いろいろな側面から、スポットを当てて生きたいと思っています。

そして、これも、おそらく、複雑に絡み合った多重構造だけど、実は、案外シンプルで、なーんだ、ってことなんだろうな・・・ってことも、思っています。

「生命が生き残りを賭けた営み」ってことなんだろうな・・・って。

ハリィ~今村さんを始め、鈴森さん、クチブラさんなど、こちらにコメントを書き込みされている皆さんにお会いできて、いろいろお話ができて、未来への希望が生まれてきました。
本当に、感謝、感謝です♪

1898

2013/12/23 (月) 18:33:05 | URL | ひろみ #3USpdlJ2 [ 編集 ]

駄文

ボニー・バズラーのビデオ見て一番強く感じたのは、意外だけど怖さでしたね。
バクテリアが分子言語を使ってコミニケーション取っているくだりは、今まで推論されていた事を映像で見せてくれて面白かったです。
エンディング手前、今後の可能性部分を見ていて、背筋に悪寒が走ったのを思い出しました(笑)
応用と言っても白黒両面有るから、純粋に感動できない自分が居ましたね。

脳内物質と脳内物質受容体(笑)、自称医学の精神科にとっては錦の御旗ですから(笑)
この業界の診断基準て、担当医の判断でコロコロ変わる似非医学だもん(笑)

東海アマ氏いわく、愛知までは全滅とコメントしてましたね(笑)
ダストと土の測定で、三島周辺でkg当たり50ベクレル前後の汚染だそうです。
311前の汚染基準が判らないから何とも言えないけど、東京都下と比較すれば低いことだけは確かですね。
山本太郎議員の国会での質問で、食品の汚染は事故前で平均0・5ベクレルという数字が出てたの覚えてます。


2013/12/23 (月) 19:35:13 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

クチブラさんへ

あの講演、エンディングをちゃんと覚えていないというか、最後のほうなんか急に面白くなくなって最後までちゃんと見たのかどうかさえも怪しいのですが・・・。

薬に応用とか言う話ですか?(おぼろげな記憶・・・)

あのあたりは私も違和感があって、またか・・・って感じ。
結局西洋医学の研究はそっちへ行ってしまうんですよね。
コントロールしたいという欲求が強いんでしょうね。。。

体内の細胞同士がコミュニケーションを取っている、じゃぁ、そのコミュニケーションがおかしくなった原因は何だろう・・・、ってそこを追求して、今度は、その原因となった出来事をどうしたら回避できるか、という方向へはいかないんだなぁ~って。。。
そちらは、薬の開発に関係しないから、研究対象にはならないってことはわかるので、私たちは、違うスタンスで、答えを見出し、みんなで健康になりましょう~♪って方向性でいけばいいんだと思っています。

ある意味、世界は、分かれてしまっているんです。
でも、きっとね、もう一つの世界にいる人たちも、心の奥底深くで気づいているんだと思います。
でも、お金にならないから、それに気づかない振りして、薬の開発へと走ってしまう。。。
でも、その人の体の中にある細胞は、ミトコンドリアは、逆転の機会を狙っているんじゃないかと思うんです。

そしてある日突然、それが衝動という形になって奇跡が起こるんじゃないかな・・・と、私は結構楽観的に考えているんですよねぇ~(笑)

私たちの中にある細胞、ミトコンドリアは、個体内でもコミュニケーションをしているけれど、個体を超えてもコミュニケーションしていると信じているから・・・。

1015
7995

2013/12/23 (月) 20:46:16 | URL | ひろみ #ngtcWdFE [ 編集 ]

プライマリー・パーセプション

クリーブ・バクスター氏はデスク脇の観葉植物ドラセナの葉に電極を設置して、「葉をライターの火であぶったら、どんな反応をするか?」と心に思っただけで、ドラセナが電気的に反応したのを機に、この世界の生きとし生けるもの全てに心と呼べるものがある事を実験で確認していきました。これは、ホルモンのようなリガンドではなく、すべての電磁波をも貫通し、物理的な距離をもものともしない(ヒトの白血球は500キロも物理的に離れてもホストの心に電気的に同調現象を示す)情報系であり、バクスター氏はこの情報系を原初的知覚(プライマリー・パーセプション)と名づけた。

この情報系が恐らくは万物をつなぐ系の有力候補で、あとアーヴィン・ラズロという思想家がAフィールド仮説を提唱している。これもプライマリー・パーセプションを取りこんだ概念で、この宇宙は量子真空という情報媒体に満たされており、すべての情報はこの宇宙の中に仕舞われ蓄積している。もしもその情報が欲しければ実は誰でもアクセスは可能であるが、アンテナが張られていなければキャッチできない。宇宙にはまずこのアカシック・フィールドと呼べる情報の場があるから、万物が生み出された的な仮説。

バクテリアがコミュニケーションに使っているリガンドに似せた人工リガンドを作って、バクテリアの増殖を邪魔しようとしても、それすらに対抗するリガンドをエピジェネティックに遺伝子が発動し速攻で生み出すだろうし、そういう薬剤でいくら干渉しようとも、さらに上をいくプライマリー・パーセプションがあるからね。

ブラちゃんが危惧するのは、さらに恐ろしいバイオハザードを人為的に引き起こす危険性ね。すべての抗生剤に耐性があり、新たな抗生剤であるリガンド様物質にすら耐性を持ったら?

最強の強毒性をもった病原菌や病原ウイルスが出来るね。生物兵器にすりゃあ、とてつもない殺傷力でしょうね。

まあ、意外にも、今度はそいつにも打ち勝つ種が勃興してくる。

現生人類のホモサピエンスは、なんで上から目線で自然界を支配しようとするのか?

このへん理解不能。もともと仏教的なアジアには無い思想だよね。

精神医学がエセなのはキチガイ医先生が暴露済みかね。そんな背景を追ったアメリカのドキュメンタリーも見た。そもそも脳内の事も、ほとんど分かっていないでしょ?適当に整合性のある理論を捏造してヤリクリしてるってのが実情で、心がどこにあるのか?すら判然としないわけでさ。

え〜、只今、目下、HSPやらのデータをパワーアップしている最中でして、いずれそのへんも記事に反映させて、さらにミクロの分子世界に迫るつもりです。

俺、飽きっぽいから(笑)こぼれネタシリーズが終わったらね。

2013/12/24 (火) 05:44:32 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

駄文

ひろみさん、先生こんにちは。

原初的知覚、Aフィールド仮説、シェルドレイクの仮説等々、プライマリー・パーセプションの概念は、考えてるとワクワクしてきますね。
ひろみさんが書かれている通り、最後の最後にミトコンが逆襲して、気付かせてくれる事を期待したいです。

自分が危惧してる点を、コンパクトに纏めてくれるとは、流石先生です(脱帽っす)

人間の生み出したモノは、最終的には自然の中に消えて行くんですよね(時間の長短は有るけど)



2013/12/24 (火) 12:49:24 | URL | クチブラ #2JEUmp5Q [ 編集 ]

パンゲア

ブラちゃん、そうそう、所詮は地球のダイナミックな生理には勝てない。

2億年余前にはひとつの大陸パンゲアとひとつの大洋パンサラッサしかなかったのが、プレートテクトニクスによって地核が動き続けて今現在の五大陸三大洋へと変化した。

で、あと2億5千万年もすると、またひとつの大陸パンゲア・ウルティマ、もしくはアジアユーラシア大陸とアメリカ大陸がくっつく事を言うアメイジア大陸が出現する。

結んで開いて、の宇宙の根源的なキネティクス(動力学)に抗うスベなどチンケな人間には一切ない。

だから、人工ウイルスもやがては耐性ウイルスに抑制されるし、恐らくは放射性物質すら原子転換する微生物がいて、地球はまた浄化される。

単細胞→多細胞→単細胞という粘菌の生態は、まさに地球の大陸と海洋の動きとフラクタルであり、それはそのまま宇宙の動的恒常性・ホメオダイナミクスのありようでもあるね。

Aフィールド系の話しはオモロイんだけど、いささかエビデンスが不足しがちな領域でね。俺的にも凄く興味があるんだけど、まずは既存の科学用語で幾ばくかパラダイムを拡充しながらという戦法が有効かなと思い、最近はあまりネタにしなかった。クラドニパターンとか、共鳴共振のバイブレーショナルな世界もまたいつか煮つめてみたいね。

2013/12/25 (水) 06:24:39 | URL | 養生法の探求 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR