戦記

「健康は平穏なパラダイスに得られるものではなく、絶え間ない自己及び環境に対する闘いの中で獲得される」ルネ・デュポス

A型インフルエンザに罹患するという大変に貴重な経験を味わった。娘が幼稚園で頂いたそのインフルウイルスちゃんはご丁寧にも私の体内に侵入してくれて、「あんたさ、このあいだわたしたちインフルエンザウイルスの噂してたでしょ?だから来てあげたのよ」と語り、「A型インフルエンザに罹るとどうなるのか、しっかり身体で理解してまたブログ記事にしなさい」と、のたまった。

それがね、意外にも非常に経過が速やかで驚きました。熱はポンッと38度越えしたのですが、丸一日は続かない。せいぜい半日うなったというところ。頭痛がね、少々つらかった。まだ少し残っている。でも大汗も出ずに一晩寝たら平熱になり、けっこうすぐに身体は動かすことができた。仕事はだから一日半だけ休みをもらったのみ。

熱が悪いものではないと理屈ではわかっていてもね、やっぱりツライことには変わりない。なぜ身体が治そうとする過程にツラサが伴うのかが今後の探求課題として浮上した。痛みや症状もまた治癒プロセスと言われる。でもそこには快楽はなく苦痛が伴う。そうか!苦痛が伴わずに快楽が生じると人は望んで病気になろうとするし、望んでケガをしようとしてしまうから、あえて症状や疾病には苦痛が伴うのか?う〜ん、まだよくわからん。

人体は未知なる領域ですから、わかった口をきくとしっぺ返しを喰らうと言うことはよく理解できた。やはり歳のせいもあるだろうし、311以来の被曝による免疫の低下もあるにはあるのだろう。まあ寝不足が災いしたのは明白だね。不顕性感染とされるのがウイルスが入りこんでも症状が出ないこと。あぁ、発症した3名以外の残り2名は不顕性感染でイケルんだ、とタカをくくっていたら結局この2名もまたインフルに罹患したのである。なかなかA型インフルちゃんは強力だね。

鍼をしかるべきツボに打っておいて、葛根湯を一服飲んだ。今回の風邪に対する私のささやかな抵抗です。

自然免疫がついて次回からはA型インフルエンザには罹患しない?

いやいや型が144もあるんだから今度はどの型が来るかなんて誰もわからないわけだ。まあ懲りずにタオル温法や日頃の養生に心がけましょうかね。

みなさんも、くれぐれもお気を付けますように。(お前が言うな 笑)

スポンサーサイト

2013.02.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 免疫強化

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR