健康長寿じゃないとね

かつての三大長寿村や新長寿村のブルーゾーンに共通することのひとつが歯の構成比である臼歯門歯28本、犬歯4本の比率つまり植物性食7対動物性食1という食の黄金律を守る食習慣であることには再三にわたり触れてきたが、その他の共通項を挙げることで長生きの秘訣が見えるかもしれない。少し列記してみましょう。

①高山地帯であり空気が澄んでいる。
②外部の文明と遮断されている。
③水の質がすこぶる良く弱アルカリ性でミネラルを豊富に含む。
④身体をよく動かす。
⑤基本的に自給自足でありオーガニックなライフスタイル。
⑥老人ほど敬われる。
⑦コミュニティーが情愛深い。
⑧ハレの日には宴席を設けてみんなで歌い飲み食べる。
⑨なにかしら人間以上のモノを設定して信仰している。

おおまかに言ってこんな所でしょうか。さらにオレ流にひねりを加えれば色々と挙げる事ができます。

例えば医療が発展していないから身体自治の精神が自然に養われている、とか。そもそも病気など気にしない人達がほとんどかもしれない、というか、病院なんかがあるから人はそれを頼ろうとする依存心が芽生えるのである。なければ自衛するしかないから自然に自立した医療観、養生観が生まれる。イリイチの脱病院化社会が長寿村では自然に達成されていると言えるだろう。

定期検診を含む五大検診がないから病気に対するストレスもまたないし、外部被曝も激烈な磁気照射もないのだから細胞核DNAもミトコンドリアDNAも無傷を維持し続ける。だからこそ長寿健康が達成できるのである。日本の今の医療システムはまさに短命化を促進していると言わざるを得ない。それゆえにオールドパー越えなど夢のまた夢。まして放射能の雨あられ。いやはやろくでもない国だぜ!

日本は長寿国だなどと言うのだがベッドの上で暮らすことは果たして長寿と呼べるのだろうか?長寿で健康ならば良いのだが。さて長寿は腸寿が合い言葉。日本人の腸環境を育んだ朝食、納豆、味噌汁を頂き本日も活性化したNK細胞と共に楽しい一日を過ごしましょう。

蒸しタオルHSP温法もだいぶ手慣れて参りました。特に頸部リンパ節を温めるバージョンは良いですな。あと今は新しい入浴法を開発中です。水圧を使ってあることをするのです。読者の皆様への宿題です。近々公開しますのでそれまで各自で研鑽しておいて下さい。

スポンサーサイト

2013.02.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 命曼荼羅

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR