無題または単なるぶちかまし

まあ科学の定説なんてのも暫定的な定説であってキホン世に出回っている定説はすべて仮説なのは常識なのであり、別に現代医学、現代科学が頭抜けて素晴らしいシロモノでもないのは原発事故を見ても周知の事実になりつつあろうかと思われる。ガリレオやコペルニクスの例を挙げるまでもなく仮説とは常に180度ひっくり返るものと認識していれば今までの常識が少しくらい揺らいでも何ともないはずだ。

所詮はメディアや学会などは既得権益を保持したい連中の手先なのであり彼らがもたらす情報などはマインドコントロールに過ぎないのだからテメエの思考能力を駆使して洗脳情報を解除し徹底的に疑ってかかって真相を追及していかない限り真実には到達できない。

政治の世界が熾烈な階級闘争へと発展しているのだが、命を守ろうとする1極と既得権益に固執しカネだけが目的の1極の2極の争いになっている。0原発、反TPP、ノー増税をマニフェストに掲げる政党しか私は認めないし投票しない。あとの党はすべて売国壊国連合の一員である。

この国は明治維新からこっちず〜っと西洋列強に侵蝕され富を貪り取られてきた。江戸という世界一の文化国家の資産はここ130年余でその大半が揮発し海外のハゲタカに吸い上げられてしまった。その最終フェーズとも呼べるのがショックドクトリン選挙であるこの311後の衆院選挙なのだ。争点はひとつと言っていいだろう。原発Yes or No、これが争点である。

だから今回の選挙の本質は原発国民投票なのである。そこをよく理解しないと道を間違えてしまう。原発を推進する勢力はTPPを推進するし増税も敢行する。こいつらはすべて売国勢力なのであり、世界を牛耳る大企業群のカシラたちの手先なのである。大企業群のカシラたちは目先の利益しか頭にないケダモノなのであり、人の命も人の食べ物もすべてを換金してしまう連中である。

日本国はずっとこの連中の狩り場だったのであり単なる市場なのでありマーケットなのであり、私たちは家畜同然に今までは扱われてきたのである。彼らには私たちがブタか羊か猿にしか見えていないはずだ。だからこそ模擬原爆であるパンプキン爆弾をそこら中に落とした後に広島と長崎に2タイプの原爆を落として人体実験をしたのだ。

ロンゲラップ諸島の住民を核実験によって意図的に被曝させたのも、インドの下層民やネイティブアメリカンやアボリジニーがウランの採掘にかり出されるのも、ウイグル自治区の地下で核実験が行われるのも、すべて少数の自治的な種族を殲滅する目的にかなっているのだろう。世界の有色人種はこれまで散々な目に逢い続けてきた。日本もまったく酷い目に遭ってきたのだ。

何が経済大国だ?ジジイたちは原発のお陰で日本経済はここまで発展したとほざくのだがその馬鹿げた有毒プラントが通常運転で吐き出す放射能は風下住民を被曝させて日本人を劣弱化し続けてきたのだよ。幸いにも何も発症しないジジイたちは子供の頃にはまだ原発がなかっただけなのであり、いま50代より下の日本人はことごとく放射能を浴びせられて成長してきたのだから大人になれば不妊症になったり、アレルギーで子供の頃から苦しんだり、見えざる内部被曝に恒久的に曝されてきたのである。

そんなことをまったく知らずにいまだに経済力が衰退するから原発を保持するだと?ジジイたちよ、使用済み核燃料をくわえてあの世に行ってくれよ。経団連の親玉の爺さんが浜岡原発に来て万里の長城・津波防潮堤の建設現場を見て「しっかり作られていて安心した。これで再稼働も大丈夫」みたいなニュアンスの言葉を吐いたのだが何を見ているのだろうか。

その真下にメインの取水パイプがあるのでありそれがぶっ壊れれば炉心の冷却はできずにメルトダウンへと一気につき進むのだよ。そんなことも知らないで何が再稼働だい。冗談もホドホドにしてくれよ。いやはや口が汚いのぉ(笑)テレビを見ないからメディア事情はサッパリだが売国政党をヨイショし救国政党にネガティブなイメージを貼りつけるくだらない洗脳情報を凝りもせずにメディアは垂れ流しているのだろうと想像する。

テレビなんてほんといらないよ。新聞もいらないね。このへんは全部グローバル企業群の広報機関&ポチ&奴隷なんだからさ。国民の側にたった報道なんて100年たってもしないし、いや、2万4千年経ってもプルトニウムについての情報など報道しないって。

ということでちょいと養生法とはオモムキを異にする記事とあいなりました。だから未分類に封印(笑)

続けていつも通りの養生法の探求に関する記事を挙げたいと思います(笑)

スポンサーサイト

2012.12.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR