食薬一如(其の十五、お焦げ、黒焼き、フラーレン)

改革、規制緩和、革命、維新、民主化、国民のため、復興支援、きずな、経済発展のため、トモダチ、聖戦、対テロ戦争、だいたいこういう単語は全部インチキでプロパガンダで乗っ取りの手口で富の簒奪でスクラップ&ビルドでようは既存の平和な体制を壊して新しい基準や規制をかけて侵入者が富を強奪しやすいシステムに変更するプログラムではやい話しが陰謀のセオリー(定石)なのである。戦争とは壊して儲かり再建して儲かるわけで軍事産業と土建産業が一体になった公共事業なのでありアメリカは10年サイクルでこの戦争公共事業を推進することを国是とする獰猛な戦争国家なのである。トモダチなわけねえじゃん。必ず後から請求書が来るのよ。そんなに甘かない。案外、この日中紛争すらその請求書かもしれんぞ。甘んじて受け入れろっていう指示があり三文役者の老知事に好き勝手言わせるが我慢しろ、との通達すら来ているのかもしれない。国民はまあ冷静だからいいけど。あっ、押すプレイなんかも請求書のたぐいだね、きっと。

ルーズベルトが言ったように政治的なことで偶然に発生することなどないのであり、すべて意図的に仕組まれた陰謀のセオリーに従って政治や国家間紛争は捏造されていくのだから、ここはひとつ日中の両国民はじめ世界中の99%の非支配層の無辜の民にとっては正念場なのである。というか常に正念場なのであり1%のタワケが何をしでかそうとしているのかを常に99%の善良なる民は監視し続けなければならないのだ。数では圧倒的に凌駕するこの99%のわたしたちがタワケを徹底的に監視し訴追し糾弾していくことこそが世界を正常化し平和にする方法なのだ。権力統治機関が何を目論んでいるのか?その奸計をいつも想像して洞察する。その姿勢が結果として権力のチカラを封じ込めることにつながるのだ。アフマディネジャド大統領の言うとおりなのだ。われわれが世界を支配し管理する気概を持たねばいつまでもタワケにやりたい放題やられてしまうのだ。自覚を持とう。あなたもわたしも世界の支配者なのだ。

孔子は放火を推奨していないし、老子は盗みを奨励していないし、荘子は暴動を好みはしなかったし、墨子は「兼愛と非攻」を説いて戦争などない恒久平和の世界を築く礎となる理論を提示してくれた。偉大なる中国よ、13億の民よ、55部族よ。超古代に地球外知的生命体に伝授された人の身体を維持し治癒させる銀河連邦御用達の医学の正統なる後継者であった医人たちを輩出した中国よ。どうか冷静になって今後は国家に操られることなどないようにお願いしたい。金輪際、戦争などしてはいけないのだ。スクラップ&ビルド屋を儲けさせる手伝いだけは御免だろう。いつも利用されるのは罪のない人民なのだ。われわれこそが支配者なのだ。タワケにはそろそろ退場してもらわねばならないのだ。もう十分にこの世界の「支配ごっこ」で遊んだでしょ。バトンタッチして交替ね。おれらのほうが世界をうまく管理支配するからさ、見ててよ、って言ってやらないとね。そうもうそういう時代なのさ。つうかそういう時代にしようぜ。(どっかにトンすれ風味な文言があったかな 笑)

ここまでが前振り、随分と長いマクラだわ(笑)

では本題に参ります。漢薬名の粳米(こうべい)とは「うるちごめ」のことであり、薬能のキモは「解糖系への糖の供給」でありましょう。漢薬名の乱髪霜(らんぱつそう)とは「ヒトの頭髪の黒焼き」のことであり、薬能のキモは「止血と利尿」であり、つまりは細胞修復能力を向上させ腎機能を活性化し老廃物の排出を促すのでありましょう。このふたつの生薬の薬能を強引にくっつけると、「おこげご飯は細胞の解糖系を円滑に回転させ結果としてミトコンドリアへ解糖の産物であるピルビン酸を供給しクエン酸サイクルを回転させるのでATPの供給量を増すことができる。また、焦げた成分は炭素Cであり細胞修復の際のタンパク質合成の材料である炭素Cを補給することで止血や傷の回復を促進しかつ細胞まるごとのリニューアルである細胞分裂をも促進する可能性がある。よって『おこげ』を含むような土鍋や石窯で炊いたご飯をつねに頂くことは311後の内部被曝による細胞膜破壊、DNA損傷、『ミトコンドリア内へ核種が侵入したことによるミトコンドリア内部被曝』を防ぎ、ミトコンドリアの疲弊によるATPの供給量の低下が引き起こすブラブラ病を予防し、今後の健やかな生を送るための重要なオプションとなることが予想される」となります。

おこげを頂く者にさいわいあれ!

スポンサーサイト

2012.09.23 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 食薬一如

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR