きほん

原発は即時0でオッケーなのに2030年までに段階的に減らすって宣言しただけなんでしょ。とんでもないインチキじゃん。お湯沸かすだけなんだから電気は超キケンな原発で作る必要などさらさらないのだし天然ガスで代替すれば一番効率がいいのだし、そうでなくても今でも電気は十分に足りてる。この夏はウラン利権の胴元が主催するオリンピックなるスポーツイベントが開催されて夜な夜なクーラーをつけて電気を使い放題使いながら都心部のオジサン、オバサンをはじめ老若男女がテレビをつけっ放しにして電気を使いながらこのスポーツイベントを楽しんだ。クーラー、部屋の照明、扇風機、テレビなどで夜間に大量に電気を消費したはずだ。でも電力不足にはならなかった!

他の都道府県でも日本列島において同様な動態をこの国の国民は示したのだろうけど日本のどこでも電力不足で電気が止まったりはしなかったし、病院が電源喪失して人の命に関わる事態が発生したりもしなかった。東電管内では原発は動いていないし、今は大飯原発だけしか動かしていない。総合的にみてこんだけ暑い夏だったにも関わらず何の問題も発生しなかった。十分に原発なしでイケルじゃん。経団連とか原発0で経済が落ちこむとかほざくんだがアフォなのかここのジジイっちは。

と相変わらずにマクラは不穏な始まりなのでたいへん恐縮であるが(笑)まずは時事問題でお茶を濁してってのがここんとこの定番になってましてマイブームなので当分はこんな感じでいきますかね。まったく相も変わらぬくだらない情報操作であり情報汚染であり洗脳でありマインドコントロールなのが原発関連である。冗談じゃあないよ。本音はなんて言ってるかって言うとそうは言いながらも今後も再稼働するって言ってるでしょ。止める気なんてないでしょ、たぶん。選挙対策だって。それだけと思っていたほうがいいね。

もっとも原発問題だって反米自立しなければ根本的な解決には至らないのだし、あのフクイチの1号機なんてアメリカ製の欠陥商品だったんだから実はアメリカにも責任の一端はあるのだし、それをマスコミが追及するかっていうと絶対に追及はしないのだし、54基すべてがアメリカの息がかかった物件でありかつアメリカの原爆利権に関わるのだからもうどうにもならないほどに日本は親米隷属でここまでやってきた結果のF1大惨事なのだ。そこをまず理解して今後はわれわれ日本人はどうあるべきか、という論点へと移るのが筋だろう。首都の老人知事があれだけ取り乱しているのもアメリカの命令なのだし、息子がサティアン失言したのは性根が腐っているだけの事だし、まったくどこもかしこも劣化しまくっている。

ようは反米自立こそがキーワードなのだろう。反米とは反・米国支配層であり反・米国民では断じてない。米国民は同じく世界支配層による搾取の犠牲者であり104基もの大量の原発と核関連施設から吐き出された、また今現在も吐き出されている放射能の犠牲者でもあるのだ。われわれと同じく共闘すべき同士こそが米国民なのだ。そこは絶対に間違ってはいけないのだ。

それは常にそうなのだ。国単位で人を判断してはいけないのが悟学では基本ルールである。基本テーゼと言ったほうがいいのだろうか。とにかく中国人とか韓国人とかロシア人とかドイツ人とかイラン人とかオーストラリア人とかアメリカ人とか十把一絡げで単純化して国民性を決めつけて判断などできるわけがないのだし、そもそも人種など幻想なのだし、ようは地球人なのだし、たまたま地図上では線が引かれて仕切られた中にカタカナで国名が書かれていたりするだけで、地球を外から見たら茶色と緑のまだらな大陸が時折雲の隙間から顔をだすほとんどは青い海に覆われた丸い星ってのがこの地球という惑星の相貌なのだ。

つまりは幻想の国家観を植えつけられた幻想の国民が住む幻想の国こそがこの国なる幻想概念の真相なのだ。何を竹島や尖閣の小島で争うのだ。その小島は自分がどんな名前で呼ばれているのかすら知らないしそんな事にはツユ程も興味のないただ海に静かに浮かぶ平和を愛する地球という生きた惑星の一部に過ぎないのである。45億歳の寿命を生き長らえてきた生物の大先輩こそがその小島でもあるのだ。単に地球の一部なのだよ、その島たちは。誰の持ち物でもない。地球の持ち物なのだよ。たかが近代史100余年しか経ていないアジア人たちが何をもめるのだ。図々しいにも程がある。

人種などない、国家などない、あるのはただ島だけ、あるのはただ大陸だけ、あるのはただ人だけ。悟学の基本定理である。

ということで悟学の基本講座みたいな感じでした。なんか適当な終わり方や(笑)

スポンサーサイト

2012.09.15 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 墨興安国論

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR