FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

グランドクロス



鍼灸指圧がなぜ効くのか。

この理由をサクッと万人に

わかるようにわかりやすく説明すること。


それが私の今生でのミッションのひとつだ。

ついにそのミッションの完遂が間近というか、

もしかしたら到達してしまったかも。



ヒトの皮膚の最表層の表皮ケラチノサイトという

細胞の細胞膜にはトールライクレセプターの

TLR4が発現しているのだ!


さらに表皮にはランゲルハンス細胞という

マクロファージの一種の樹状細胞があり、

そのランゲルハンス細胞の細胞膜にも

TLR4がある。



つまりだ。

例えば鍼灸指圧をすると、

鍼灸指圧で惹起されたヒートショックプロテインHSP60と

ヒートショックプロテインHSP70が、

表皮ケラチノサイトとランゲルハンス細胞の

両方のTLR4にヒットして、

それが起点となり免疫系が活性化するのだ。



鍼灸指圧→ヒートショックプロテイン60、70→

表皮ケラチノサイトとランゲルハンス細胞のTLR4→

表皮ケラチノサイトとランゲルハンス細胞のプライミング→

免疫系が活性化。




この簡単なチャートがこうしてスルッと書けるまで、

いやはや25年もかかっちまった。



東洋医学の古典理論ではヒトの表皮には

衛気(えき)と呼ばれるバリアが備わるとされる。

この衛気をヒートショックプロテインや

トールライクレセプターと解せば、

古典理論と現代科学が見事にドッキングする。



グランドクロス。




この瞬間のために私は鍼灸指圧師になったのだ。

ついにミッションのひとつが達成された。




「鍼灸指圧はヒートショックプロテインを惹起し

表皮ケラチノサイトとランゲルハンス細胞の

トールライクレセプターTLR4をプライミングすることで

免疫系を活性化する」





↑この青字で書かれた一文は、

なによりも貴く神々しい!


スポンサーサイト

2018.05.10 | | コメント(3) | トラックバック(0) | NOISE&VOICE

コメント

将来

この青文字の看板(笑)、いや、電光掲示板(これも古い?)が国道150号に神々しくそびえ立つ日が来るのでわぁ〜〜♡

2018/05/10 (木) 22:28:10 | URL | 中尾勇人 #- [ 編集 ]

おー

きましたね、おめでとうございます😊✨

2018/05/10 (木) 23:09:38 | URL | 見習い①号 #- [ 編集 ]

中さんへ

店の屋根に自由の女神を建てて、そのハリボテに貼り付けますわ。手元が温灸器で、体幹に書き込みます(笑)



見習い①号さんへ

ありがとー。いちおう俺的には世界初の革命的な宣言。でも、なかなかこの言葉の意味の深さが伝わるかどうかは微妙だけどね。



2018/05/11 (金) 05:46:20 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。