FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

エネルギー場なメソッド




最近は意識的に左手を動かしている。

もちろん狙いは右脳を活性化するためだ。

ではあるが果たして本当にそんな程度の動きで

右脳が活性化しているかどうかは定かではない。

もっともまだ始めたばかりであるし、

少しつづけてみる。

よくピアノを習うと両手を使うので、

右脳、左脳、両方の脳の活性化になるとされる。

また両脳をまたぐかたちで連絡するグリア細胞の層が

ピアノを習うと厚くなるともいう。

私は残念ながらピアノは幼稚園の頃に

ソッコーで脱落したクチだから、

48才のオヤジの今頃になって左手を動かしたくらいでは、

右脳もグリア細胞も増えないかもしれない。

無駄な抵抗かもしれないが、

まあプラシーボ効果込みでやっていく。

ここまでの記述で何を言いたいかというと、

ようは肉体を操作することで、

どうにかエネルギー場との接続をスムースにする、

そういう方法を探っているのだ。

これまでの健康法はすべて単なる肉体の健康に焦点を

絞ったものしか提示されていない。

それでそうした物質レベルの健康法がどれほど

効果が上がっているのか、そのへんがじつに怪しい。

それでいったんそうした肉体レベルのみの健康法を

解脱し、いち早くエネルギー場を視野に入れた方法を

世界初でここで練り上げていこうという算段だ。

まずは睡眠の新しい意味を前稿で取り上げた。

そして本稿で右脳を活性化するために

左手を動かす事を取り上げた。

じつはまだそうしたエネルギー場と肉体の両面を対象にした

メインテナンス・マニュアルは無いのだ。

筋トレとかストレッチとか、抗酸化物質とか、

そういう肉体レベルのメソッドは、

もうみんな知ってるしね。

そういうのは、ぜんぜん新鮮味がない。

ある意味、もうウンザリ。

やっぱり新しさ、奇抜さ、面白さ、

こういうのが求められているはず。

おっと真夜中じゃん。

アストラル体へ意識を移行して英気を養わねば!

では。




スポンサーサイト

2018.04.19 | | コメント(0) | トラックバック(0) | NOISE&VOICE

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。