スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

前へ進め

自分で先の記事に投稿論文を

公開しておいてなんだけど、

分子レベルは、やっぱり相当に重いね。

まあ重いということは、つまりエビデンス、

実証があるという証拠だから、

現代人で科学を信奉している99%の一般人には、

納得がいくはず。

もちろんそれが狙いでこの論文はモロに

分子レベルだけで鍼灸指圧がなぜ効くのか、を

描ききったわけだ。

この鍼灸指圧の治効メカニズムを現代科学で

完璧に説明しきるということが、

いかに大事か、というのは

25年以上も鍼灸指圧師をやっている俺だから

ハッキリと自覚できること。

ガリレオじゃああるまいし、

いまだに鍼灸指圧はなぜ効くのか?

という世間のプレッシャーに抗うことができずに、

鍼灸指圧師をやめた若者も近年は珍しくないとか。

せっかく鍼灸指圧師になって、

そんな理由でやめるんじゃないってぇの!

俺なんか25年以上も火炙りに遭ってるんだから。

俺を見習え!

そしてそんな世間を見返すためには、

必死になって独学で鍼灸指圧の治効メカニズムを

科学的に説明しきる仮説を構築するんだよ。

俺みたいに。

たとえその作業の結晶である論文が

有名誌に掲載されなくても、

きっとここのブログの読者ならば、

ずっと自分のやってきたことを見守り、

その努力をわかってくれる。

だからそんな読者になら、俺の労作の論文を

是非読んで欲しいと思って、

ソッコーで公開したんだ。

公開すればその時点でこのアイデアの特許は

俺の側に移る。

うっかり投稿したアイデアをどこかにパクられたら、

はなしにならんしね。

今回の論文の見所は、

例えばヒートショックプロテインという用語を

使用するにしても、ちゃんとHSP70という風に

ディテールの細部まで詳細に明記している点。

そしてそのHSP70がトールライクレセプターの

TLR4にヒットする、とこれもまた細かく明記した点。

このへんの細部にこだわった論説部分に

注目してほしい。

そうすることでボヤッとしたユルイ論説ではない

ソリッドでシャープでエッジが立った論説になったと

自分では自負している。

ここまで来るのに25年以上もかかってる。

もちろん公開した以上、この論文の

骨子をパクる不届きな同業者が

出現する可能性は否めない。

だが、それはそれでとくに気にしない。

バイブレーショナル・メディスンの解読に

着手した今、分子レベルはあまりに重いからね。

網の目が一番大きいのが分子レベル。

網の目を細かくすると、

もっともっとべつな身体観が見えてくる。

さあ、前へ進まねば!

スポンサーサイト

2018.04.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | NOISE&VOICE

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。