FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ボツ報告



ある鍼灸業界きっての老舗の超有名誌へ

わたしが1月末に寄稿した原稿について、

本日、メールにて掲載可否の確認をいたしました。

結果は見事に、ボツ!

掲載は見送りとあいなりました。

ということで、公開されるのを楽しみにしていた

本ブログの愛読者の皆々様、

まことに小生の面目ない有り様、

見せる顔もございません。

まったくもって、あいすんません。

ではありますが、原稿の著作権が

本人の手元に帰還した次第でして。

こんご、コレをどのように扱うかについて

いま逡巡しておるわけですな、はい。

そのまんま、ドッカーンと

トリニティの連載にぶつけて、

一気に公開してしまうという手も悪くない。

あるいは、ここで小出しにしていくか。

もっとも、分子レベルなんで、

いまのトリニティの連載の流れとはシックリこない。

たぶんいったんお蔵入り(笑)

この原稿は実はこれで終わる予定ではなく、

続編をリリースして、最低でも5回くらいは

続きものにするつもりだった。

いわば長編の序論みたいなナリ。

それも相当に圧縮した。

だから多少は受けが悪いのは俺も承知してた。

ただ、たぶん、今の某誌のトレンドとは

違う路線なんだろうね。

まっ、そんなこんながわかっただけでも良し。

寄稿しておいてボツになった言い訳みたいで、

みっともないけど、やっぱり俺は

権威筋とは折り合いが悪いタチなんだろうね。

手の内をバラシタだけ、なんだか損した気分(笑)

まっ、気にしない、気にしない。

お蔭でバイブレーショナル・メディスンの理解が

ここのところグッと深まってきた。

これもいわゆる人間万事塞翁が馬。

東洋医学はかつてもっともっと自由だった。

それが肉体と経絡という二つの図式に

固定されてしまった。

それはなぜか?

支配者が万民が自由に宇宙と

通じることを嫌ったからだ。

自由だった頃の真の東洋医学を取り戻す。

2000年の壁を今こそぶち破ってやる!





スポンサーサイト

2018.04.04 | | コメント(2) | トラックバック(0) | NOISE&VOICE

コメント

オー!!!

ドンドンドンドンッ!!!!!

2018/04/06 (金) 05:00:47 | URL | 中尾勇人 #- [ 編集 ]

中さん、オウ、やったるでー!

2018/04/06 (金) 05:58:52 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。