FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

スポーツ雑感 追記



スポーツイベントなんて、

見てるとアホもとい

思考停止状態になるショック・ドクトリンじゃね?

だから、しょっちゅう、スポーツイベントが

テレビで繰り広げられているわけ。

スポーツ選手というよりあれはスポーツ芸人だな。

まっ、こういうことばっか言ってると、

間違いなく友だちが減る(笑)

スポーツ、ほんと、身体に悪い。

これほど身体に悪いものはない。

でも、のめり込むと脳内に麻薬のようなホルモンが

出てくるから、やればやるほどのめり込む。

そしてハイになってやっているうちに、

そこら中の関節に過重な重力負荷が加算されて、

気がつくと廃人同様の身体になる。

なんで、いまだに誰もこうしたスポーツの危険性を

問題にしないのだ!

オレが言ってもダメ。

学歴と権威のあるしかるべき人物が、

このスポーツの弊害問題を取り上げないと、

これからも子ども達がサディストの指導者の犠牲に

なりつづける。

せっかく普通に動ける身体を、

ヒトの身体生理などまったく知らないスポーツ指導者に

壊されてしまう。

だが、その責任を指導者が自覚することは、

絶対に無い。

オレってこの問題に相当しつこく食い下がるな。

なんか怨みでもあるのか?

う〜ん、あるかもな。

でも、のめり込んだ自分の責任もあるし。

ただ、若気の至りで、やっぱり、

レギュラーの座を摑み取りたいという欲望が

上まわった。だから、何度も何度もジャンプした。

何度も何度もジャンプしてシュートした。

それが青春だと酔っていた。

ツケは左の膝に来た。

33年前の中学生の時に夢中になったバスケ。

その時に痛めた膝がいまだに時に痛むのだ。

もしも、あの時、無理してはイカン、

と適切な指導があれば、オレの膝は今でもマトモだろう。

だが、もう取り返しがつかない。

そんなオレと同じ思いを抱いて、

不具合を抱えて生きている者が、

いったいどれほどいるのか?

とんでもない事態が依然として進行しているのだ。

人間の身体は重力にそれほど強くできていない。

骨はコラーゲンで柔らかさを保ち、

重力負荷をいなす。

コラーゲンはタンパク質だ。

タンパク質はアソビのある柔軟な構造ゆえに、

重力をいなすが、それ以上の過重がかかれば、

押しつぶされる。

脊柱管狭窄症。

まさにこれこそ重力に骨が負けた疾病だ。

重力に負けたオレの膝はなんとか灸や鍼でしのぎ、

やり過ごし、いまをつないでいる。

膝の骨が歪み、もしかしたらオレの性格も

だいぶ歪んだかもしれない。

いや、それはもともとか(笑)

スポーツ選手や筋肉ムキムキが、

長生きしたとは、あまり聞かない。

たぶん寿命分のATPを早食いしてしまうからだろう。

健康で長生きをするための真の意味での体育とは何か。

こうした本質的で根本的な体育学すらどこにもない。

ないならこれから自分で作るしかない。





スポンサーサイト

2018.02.28 | | コメント(0) | トラックバック(0) | NOISE&VOICE

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。