アタリ待ち



前記事は現代に生きる普通の鍼灸指圧師が聞けば、

間違いなく強烈な拒否反応を示す内容だ。

そう、かなりヤバイことを私は言っているのだ。

とはいえ、反論もリアクションも

いまのところ皆無だ。

なぜならそもそもこのブログの読者数は、

せいぜい100人程度。

そのうちの何人が鍼灸指圧師の同業者か知らないが、

たぶん数人と言ったところだろう。

つまり私のブログは一般にも、

鍼灸業界にも何の影響力もない。

だが、いつブレイクするか分からないわけで。

もしもブレイクした際に、

例えばブログを始めた頃の記事の文字が

小さすぎて読みにくいというクレームが

予想された。

だから大文字リニューアルを早めに

少しずつやっているのだ。

気や経絡やツボが古代人の捏造だ、

なんて言えば、まずもって、

この業界に居場所などない。

でも、もともと、俺には

居場所なんてないから平気だ。

居場所はこれから作る。

もしかしたら共感する同業者が

出現するかもしれない。

そこからまた新しい時代が始まる。

ガリレオもコペルニクスも、

はじめはドン引きされた。

でも、結果、それが正しかった。

ドン引きを恐れては、

何も出来ない。

ドン引きの後に、

もしかしたら、と

思わせるだけの説得力があれば、

きっと誰かしら、どこかしらから、

反応があるはずだ。

アタリがいつ来るか。

楽しみだ。




スポンサーサイト

2018.02.12 | | コメント(0) | トラックバック(0) | NOISE&VOICE

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR