スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

ミッション




明治維新から150年も経つと、

現代に生きる普通の日本人の99%の皆さんの脳内から、

私の職域である鍼灸指圧ワールドの何たるかの記憶が

完全に消える。

現代に生きる普通の日本人の99%の皆さんは、

ちょっと具合が悪いとなれば、

普通はお医者さんのもとに駆けつける。

べつにそれはいいことだ。

正確な診断が出来るのはやはり現代医学の方が

一枚も二枚も上だから。

だけど、診断は出来ても有効な治療法がない、

というやっかいな症状もゴマンとある。

そうなると、そこから患者たちの迷走が始まる。

医療難民の出現だ。

こうなると藁をも縋る思いで、アレがいい、

コレがイイを試して、さんざん散財して、

最後の最後に騙されたと思って、

鍼灸指圧の治療院にたどりつく、

なんてケースも多々出現する。

コレって、どうよ?

マガイモノのわけのわからんインチキ医療に行く前に、

なんでうちら鍼灸指圧の治療院に先に足を運ばないのだ?

つまり、そういうことなのだ。

ぜんぜん、医療リテラシーが発達していない。

99%の日本国民には、もはやどれがいい医療なのかを

判断できる能力が完全に欠落してしまった。

教育やメディアで脳内が真っ白ツルツルにされて、

日本の東洋医学の記憶が完全に消去されたその99%の

日本人の脳内に、新たな東洋医学観を植えつける作業。

この0から始める作業を私は今から

やらねばならないのだ。

これがどれほど困難な作業になるか。

猿でもわかるよね。

いくら伝統医学だ、日本の固有医学だ、と声高に叫んでも、

叫ばれた方には、猿が吠えたくらいにしか聞こえない。

どんな高尚な言葉を羅列しても、

どんな美しい言葉を連ねても、

それが99%には届かないんだよ!

私が鍼灸指圧師になった25年前と、

25年後の今で鍼灸指圧ワールドを取り巻く現状に何か

変化が生まれたのか?

99%の日本人が万歳して鍼灸指圧を受ける体制が

出来たとでも?

なんにも変わっちゃあいない。

な〜んにも変わってない。

ぜんぜん変わっとらんわい!

むしろ悪くなってるんとちゃうんかい?

99%の脳内白紙状態の日本人に、

東洋医学の新しい価値観を植えつける。

そのためには現代人にわかる言葉で、

鍼灸指圧がなぜ効くのか、

を懇切丁寧に説明しなければならない。

これが今回の原稿書きのミッションだ。

明治維新への怨みを越えて、

わたしは今立ち上がる。



スポンサーサイト

2018.02.04 | | コメント(0) | トラックバック(0) | NOISE&VOICE

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。