起き人鍼 5




「オキシトシンが成長を促進するのであれば、


生殖にかかわっているとしても


何の不思議もない。


オキシトシンは卵と精子の両方に見られる。


オキシトシンは卵巣からの排卵や


精巣での精子の産生を促進する。


オキシトシン注射は、


受胎しやすさを増し、


受精後早期の細胞分裂を速め、


胚の成長速度を増す。


このように人生のもっとも速い段階から、


オキシトシンは私たちの道連れとなり、


一生の間、離れない」


シャスティン・ウヴネース・モベリ 著


瀬尾智子 谷垣暁美 訳


『オキシトシン』 晶文社








いま女性の10人に1人が不妊症だと、


言われている。


子供が欲しいのに出来ない。


これは当人たちにとっては、


まことに辛い出来事だ。


いや当人だけでなく、


周囲の人間にとっても辛い場合がある。


どうにかしてやりたいと思っても、


それぞれに事情があり、


デリケートな問題ゆえに、


そうそう他人が立ち入るわけにもいかない。


ただ、わたしは一応は医療人だから、


こうした問題に客観的にアプローチはできる


立場にある。


いや実は経験者としても主観的にアプローチできる。


わたしも子供が欲しくて、


出来なかったクチだ。


それなりに色々あり、


どうにかしようとした。


そんななかで、温灸を試し、


わずか10回ほどの温灸を施しただけで、


不妊体質が改善されて懐妊し、


結果、ふたりの子供を授かることができた。


むかしから、我が業界には、


子宝の灸、というものが知られ、


いわば伝説的に鍼灸指圧が不妊体質を改善できる事が


語られてきた。


しかし、こんな伝説的な語りでは、


科学の時代の今は通用しない。


鍼灸指圧でなぜ不妊症が改善し、


子宝を授かることができるのか?


それは、鍼灸指圧がオキシトシン放出を促進し、


排卵を誘発し、精子の産生を促進し、


受胎をバックアップし、


胚の発育を促すからなのだ!


鍼灸指圧が不妊体質を改善できるのは、


鍼灸指圧がオキシトシン放出を促進するから、


と科学的整合性を持って答える事ができる時代が


いま、ようやく訪れた!


鍼灸指圧はオキシトシン放出を促進することで、


不妊体質を改善できる、という発見。


これもまたオキシトシンが


「バカを治す発見」と


おなじく世紀の発見、


ノーベル賞100個級の発見と言えるはずだ。


こんな凄い発見がオキシトシン研究の世界では、


次々に見つかっているが、


世間は政治ショック・ドクトリンの真っ最中で、


どさくさにまぎれて原発審査をアレが通過し、


相変わらずに洗脳、ブレイン・ウォッシュ、


脳味噌ゴシゴシの、まっさかりだ。


まあ、世の中とは、そんなものだ。


オキシトシンの実力は、


わたしたちの想像をはるかにしのぐ。


オキシトシンを味方につければ、


きっと健康が手に入る。



スポンサーサイト

2017.10.06 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 鍼灸指圧

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR