起き人鍼 4




「オキシトシンは学習能力を向上させる。


とりわけ、オキシトシン注射が数回


くりかえされた場合はそうである。


たまたま、私たちの実験室に、


不快な状況ーたとえば弱い電気ショック


を避けるのを学習することがなかなか


できないラットたちがいた。


ふつうのラットなら、そういう不快な刺激を


避けることを学ぶのは、非常に速やかだ。


ところが、なかなか学べないラットたちに


オキシトシンの注射を五回すると、


ほかのラットと同様に速やかに、


電気ショックを避けることができるようになった。


ふだんは「おばか」なこのラットたちが、


最後の注射から数日たっても、


獲得した記憶を保持していた。


オキシトシンのこの効果は、


ラットの知的能力や記憶機能に直接関係すると


いうよりは、すでに述べたオキシトシンの鎮静効果の


結果であるように思われる。・・・


ちなみに、「おばか」だと思われていたが、


オキシトシン投与のあと、


学習能力の向上を示したラットたちは、


(オキシトシン注射をする前は)ふつうの


ラットと比べて気が散りやすく、


ストレスホルモンの値が高かった。


しかし注射を受けたあと、


「おばか」なラットたちのストレス症状は


なくなり、正常化した。


これは示唆に富む発見だ。


人間でも、ストレスにさらされたり、


気がめいったりしているときに学習が


うまく行かないのはよく目にすることだから」


シャスティン・ウヴネース・モベリ 著


瀬尾智子 谷垣暁美 訳


「オキシトシン 普及版」 晶文社











バカは死ななきゃ治らない。


バカに付ける薬はない。


が常識。


でも、バカは死ぬ必要もないし、


なんと、バカに付ける薬があったんですね!


そっ、そのバカに付ける薬こそ、


自分の体内に自然に湧いてくるホルモンのひとつ、


オキシトシンだったのだ!


バカを治す自前のホルモンが存在した!


コレって世紀の発見、


ノーベル賞100個級の発見だと思うけど。


鍼灸指圧はオキシトシン放出を促進できる!


ならば鍼灸指圧でバカも治る?


おれも自分に鍼を打つ回数を、


もっと増やすか(笑)




スポンサーサイト

2017.10.05 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 鍼灸指圧

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR