未知なる世界



よく心と体が対比されて語られる。





最近のトレンドは、





心と体はひとつ、






という言い方が主流だ。







わたしもそんなものいいを







してきたひとりだ。








ただ、そうは言っても、







心と体について、わたしたちは、









ほとんどなにも知らないのだ。






心はどこにあるのか?







一般的には脳にある、と





いうのが、世間の常識だ。







だが、しかし、その脳の研究者が、







こんな言葉を吐露している。







「心が最高位の脳機構によって



働いたり働きを止めたりするのは



事実である。



だが心はエネルギーを持っている。



しかし、そのエネルギーは、



神経繊維を伝わる電気的なものとは



異なっている。



ここから先は、



わたしの出る幕ではない。」


脳神経外科医 ペンフィールド









ペンフィールドの脳地図を作成したあの






ペンフィールドにして、この発言だ。







つまり、心がいったい何なのか?







は脳だけでは解決できない、






と明言しているのだ。






だから、では、






心は脳を含む体全部にある、







と、単純に言い切ってしまうのは、






どうだろうか?






いささか勇み足だが、






それほど間違ってもいないだろう。






いや、やはり早計かもしれない。







とにかく心のことも、





体のことも、






たぶん、まだ、ほとんど、






なんにもわかっていない、






というのが、正しい認識だ。





であるのなら健康だの、





なんだのというそんな世界も、






まだまだわからないことだらけだ。





わからないことだらけの世界で、





わかったような語りをするには、






そうとうの修練、






背景を積まねばならない。





そうして、修行したうえで、





わたしは私なりの見解を語ってきた。





でも、どこまでいっても、





心身が未知なる世界であることには、






変わりない。







スポンサーサイト

2017.09.18 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR