盲信は奴隷の始まり

  


「さて、医書を見るときの心得は、





たいてい一冊の本の中には、





八・九割は嘘が書いてあって、





せいぜい一・二割しか本物は





書かれていない事を知っておきなさい。






『嘘』に該当するものは、






『陰陽の説』、






『十二経絡伝経の説』、





『五行配当相生相剋の説』、





『引経報使の説』、







『運気司天在泉の説』、







『脈論の説』、







『補の説』、







『脾胃虚損の説』、







『元気盛衰の説』、







『方証相対の説』、







『病因の説』など、







みな無用の空論で、







病気を治療するのに役に立たない







ものなのだ。







ただ、医書に書いてあることの







真意を悟って、







空論に惑わされず、








治療の役に立つ本物だけを








取りなさい。」漢方医・中神琴渓











情報は単なる素材に過ぎない。




情報という素材を生かすも殺すも、




こちら次第。




素材をただ盲信するのなら、




それは素材の奴隷だ。




素材を咀嚼して、



分解して消化して、



自分の血肉にして、




はじめてオリジナルになる。




盲信は奴隷の始まり。




くれぐれも、そうならないように、




これからも切磋琢磨だ。鍼灸指圧師・今村光臣

スポンサーサイト

2017.09.15 | | コメント(2) | トラックバック(0) | 未分類

コメント

示唆

示唆ありがとうございます。
盲信、刷り込み、プロパガンダ etc.
クワバラクワバラ(笑)

2017/09/16 (土) 18:24:37 | URL | 見習い①号 #- [ 編集 ]

見習い①号さんへ

学ぶ、は、真似ぶ、なんて言いますがね。

でも、真似は、どこまで言っても真似。

真似を超えて、オリジナルが出せたら、

一人前と、わたしは思ってます。

論説も、だから、コピペばかりのこのご時世では、

ピリッと来るものが少なくなるのは理の当然。

安藤昌益にしろ、この中神琴渓にしろ、

日本の漢方界には、こういう革新的な言辞を遺す者がいるんですね。

私、こういう連中が大好き(笑)

信じる者は騙される。

みずから望んで洗脳の世界に投じる者も多数。

本物の一割をコツコツと集めるほうが、

よほど面白いのに。

常々、そう思います。

2017/09/16 (土) 19:23:37 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR