0から始める東洋医学(小休止)

ということで、快調に飛ばしてきました

本シリーズですが、まずは、ひとまず、

小休止とあいなりました。

アッ、べつに古典鍼灸の大御所からクレームが来たとか、

嫌がらせががどこかから来たとか、

そんな物騒な理由ではありません。

いよいよ夏本番。

昨夏は突発的な発熱と熱中症を経験しました。

それもこれも、たぶん、寝不足が原因と

いま思い出す次第だ。

であるからして、昨夏の夏のライフサイクルを

反省して、今夏は熟睡を心がけるのだ。

よって、朝早く起きてブログを書く習慣を

今夏は厳禁とした。

それに、庭の草がすさまじい。

早起きしたときは、草刈りをしたい。

そんなモロモロの理由から、

これから1ヵ月ほど本ブログの記事更新を休止する。

幸いというか、アクシデントというか、

いまこのブログのアクセス数はだいぶ減っている。

そりゃあ、そうだ。

こんなコアなネタしか扱わないんだもん。

アレを食えば身体にイイ、これをやれば身体にイイ、

という、こうした即物的な養生アドバイスを

世間一般の100%の皆さんが欲していることは、

十分に承知している。

でもね、この論理、よ〜く、考えてみてよ。

ほんとうに、そんなアレを食っただけで健康になった者、

アレをやっただけで健康になった者、

そんな者が果たしてそのへんにコロコロといるのかってね。

もしも、そんなに簡単に健康になるんだったら、

とっくのとうに、この世界から病苦は消え去っているはず。

でも、そうなってないでしょ?

ぜんぜん、病苦は減っていない。

増えるいっぽう。

って、ことは、そのアレもコレもぜんぶ、ウソってことなの!

なにかを食べろ、なにかをやれ、これぜんぶ商売。

そういう商売ではないところにホンモノの養生メソッドは潜んでいる。

そんな商売を度外視した養生メソッド情報を

ここでは、これまで存分に公開してきたつもりだ。

そのつもりで、わたしが記事更新をしないあいだは、

過去の記事アーカイブを眺めて、熟読吟味のほど

お願い申し上げます。

では、そういうことで、

1ヶ月間、ゆっくりと沈潜いたします。

アッ、コメ欄での返信はしますので、

なにか書き込みたいことがありましたら

ご自由に書き込んでください。

もっとも、返信は恣意的にしたり、しなかったりになるかと存じます。

そのへん、よろしくです。



※ 告知



フォースを操るハイクオリティーな


鍼灸指圧治療を


驚きのロープライス


15分間1000円


30分間2000円


45分間3000円


60分間4000円


90分間6000円


120分間8000円


でお届けする


世界にひとつだけの治療院


それが「鍼灸指圧 光伯堂」





7月の残りの営業スケジュール

休業日は、17日、海の日(月)

     23日(日)、24日(月)

     31日(月)

     休業日以外は営業日





8月の営業予定

休業日は、7日(月)

     13日(日)、14日(月)

     20日(日)、21日(月)

     27日(日)、28日(月)

     休業日以外は営業日



「鍼灸指圧 光伯堂」
 

予約用 電話 0548ー22ー8740






新ブログ「ハリィーの掌」

↑クリックしてお読み下さい

スポンサーサイト

2017.07.11 | | コメント(14) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

このシリーズが

始まってから、違和感と言うか、う〜〜んなんだろ。
どないしたんやろ、感が。(笑)
だから、小休止でホッとしてます、ハイ。
新たなるマスターハリーに期待しております。

2017/07/11 (火) 21:53:00 | URL | 桑畑五十郎 #- [ 編集 ]

<ある物理学者の悩み>~みーんな悩んで大きくなった


素粒子物理学における弦理論の創始者の一人であるレオナルド・サスキンドの言葉です。

「宇宙の大部分は、私たちにとって知ることのできないものなのだろうか? これは、何人かの物理学者にとって本当に深い悩みなのだ。
こういう考え方がある。何かが観察できないなら、つまり、原則として観察不可能ならば、それは科学の一部ではないというのだ。
ある仮説を正したり、確認したりできないなら、それは占星術やスピリチュアルと一緒で形而上学的思索の領域に属する。
その基準によれば、宇宙の大部分は科学的な実体を持っていないことになる」
「ほぼ間違いなく、私たちはとんでもなく見当違いな描像を持ってまだ混乱している初心者である。
そして究極的な実在は、まだ私たちの理解のはるかかなたにある。
昔の地図製作者が使った『未知の土地』という言葉が心に浮かぶ。
発見すればするほど、知っていると思っていることが少なくなる。
物理学とはそういうものなのである」
(レオナルド・サスキンド アメリカ物理学者 1979~2000スタンフォード大学理論物理学教授 1940~)


ソクラテス、プラトン、ニーチェ、サルトル
みーんな悩んで大きくなった(笑)

悩みやプレッシャーを<笑い>でブッ飛ばそう!

2017/07/11 (火) 21:58:29 | URL | 亡六爺 #- [ 編集 ]

今朝の夢

に今さん出演されまして、
夫婦でモバイルハウスを作っているとこに
今さんからとてもユニークな指導を受ける
、、そんなかんじの夢でした。
出演料は夢を介してお支払いします。
おやすみなさ〜い!

2017/07/12 (水) 01:53:45 | URL | 中尾勇人 #- [ 編集 ]

桑さん、エンタープライズ号が星間ガスを越えた先に

生まれたばかりの新銀河系ハリィーが待っている(笑)





六さん、はい、笑いでぶっ飛ばす、これ、世の中を楽しく渡るコツですね。

そこを目指します。

ほんと知ることが増えるほどに、疑問も増える。

永遠の道程です。






中さん、ボストンバックにつまったキャッシュを夢のなかで受け取りました。

こんなにたくさんコンサル料を頂いちゃってイイの?(笑)

アタシ、そうえば、スペイン在住の御婦人の夢にも出没したらしい。

なんだか、ひとさまの夢の中に、お邪魔虫でイヤだわ〜ん(笑)

2017/07/12 (水) 19:08:36 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

日本の学校教育に限らず諸外国でも
およそ標準的な教育機関とは「家畜訓育センター」のような所である。

考える力や想像力、豊かな情感を育(はぐく)むよりも
暗記中心の詰め込み教育の方が
時の為政者にとっては都合がよいからである。

その結果
暗記中心の詰め込み教育は、多くの人の脳を歪(いびつ)なものにしてしまった。

そうして、多くの人は、その後の人生を慣性の法則に従って変化を厭(いと)い
惰性で生きるようになってしまっている。

しかしながら、一方で
家畜として洗脳されず、強(したた)かに生き抜いている人たちも少数ながら存在するのである。

人は人、自分は自分である。
断固として自分を貫くべし。

2017/07/12 (水) 22:45:55 | URL | 亡六爺 #- [ 編集 ]

亡六爺さんありがとう!

何だか私まで力もらいました!🙌
いい話は ついわが身に引き寄せ…

2017/07/13 (木) 06:34:50 | URL | ばっちゃんわらす #- [ 編集 ]

ばっちゃんわらすさんへ


十代半ば頃、私は担任教師の家に乗り込んで、暗記中心の詰め込み教育を罵倒し
家畜教育を拒否して以降、一般世間からは少々外れた人生を歩んでいます。

家畜教育され思考停止に陥った人を思い煩(わずら)う必要なし。

未知の大海に帆を揚げ、あとは風の吹くまま、気の向くまま。

ガッハッハーと大笑いして、ストレスをブッ飛ばしましょう (⌒∇⌒)

2017/07/13 (木) 13:56:31 | URL | 亡六爺 #- [ 編集 ]

時々、ここに顔を出す本ブログ・オーナーです(笑)


ほい、これが、ばっちゃんのブログ

http://kamumi.blog24.fc2.com/

ついにヨーガネタを連載開始。

ばっちゃん、はたしか、30年以上、風邪知らず。

で、おとうちゃん(旦那さん)は50年以上、風邪知らず。

とんでもないご夫婦と、わたしは知り合いなんですな(笑)

ちなみに佐保田先生のヨーガ入門は、アタシも中学生の時に読んで、

独学で月の光を浴びながら、ベランダで瞑想してた。でも、それっきり、ヨーガとは縁無し。

だはは。







六さん、これからは、尊敬と親しみを込めて、こう呼ばせて頂きます。

すげえねぇ、家畜教育に、殴り込みですかい(笑)

アタシはそんな根性は無いけれど、高校の時は、よく授業中にボンヤリと外を眺めては、

こんなエエ天気の日は、やっぱ、ピクニックだよな、と夢想していて、

ゲンコツを喰らったもんです。

Xジェネレーションは、元祖しらけ世代とか。

それなりに、洗脳臭を進学校の学校教育に嗅ぎ取っていたかどうかは、怪しいもんですが、

この道、東洋医学界に参入してからは、だいぶ、目が覚めてきてます。

まあ、世の常識は、すべからく、洗脳ですな。

健康関連はもうすべてウソばっか。

すべてを疑った先にしか、真実、真理は見えない。

経絡を軽楽と書き直す。

まさに、この経絡とは軽く使うのに便利で楽だから、編み出されたと、わたしは見て取りました。

間中博士は、経絡治療をして効果が出たからといって、経絡の実在を証明することにはならない、と看破していた。

経絡などないと現代鍼灸で治療しても効果が出る。

両者に共通しているのは鍼灸指圧というツールで体壁筋肉経に働きかける、という一点。

これがつまりは、治療の真理、コアなわけだ。

そこを徹底的に掘り下げれば、鍼灸指圧がなぜ効くか、の本当が見えてくる。

2017/07/13 (木) 20:15:46 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

あっ 嬉しい ありがとうございます!

今日は忙しくしてたから 
いきなり 六様と先生様ありがとうございます! たくましい人達がここにはゾロゾロおられますね! いつもワクワクです。
これからも 思いっ切りお願いいたします!

2017/07/14 (金) 00:06:41 | URL | ばっちゃんわらす #- [ 編集 ]

<クリエイティブとは>


6年程前、TVで「スタンフォード白熱教室(ティナ・シーリグ講師)」という放送があり、ユニークで実践的な内容だったのでメモしていました。以下は当時の私のメモからです。

テーマ「クリエイティブとは」

① 注意深く観察すること
② 前提を疑う(考え方を解放する)
③ 見方を変える
④ 実験する姿勢を持つ(早く多く失敗の経験を積む)

上記①~④の内、④は長いスパンで人生を考えた時に役立つと思います。

「人生でもっとも興味深いことは、定められた道をはずれ、常識を疑い、リスクをとり、自分自身で幸運を呼び込んだときに起こります。問題というのはたいてい、見方を変えればチャンスなのです」(ティナ・シーリグ)

[ティナ・シーリグ:スタンフォード大学医学部で神経科学の博士号取得。スタンフォード大学工学部アントレプレナー・センターのエグゼクティブ・ディレクター。1958~]


一方、「ハーバード白熱教室(マイケル・サンデル ハーバード大学教授)」は、素人哲学教授による無意味な議論でありました。
重箱の隅を爪楊枝でほじくり出す議論とは、まさにこのことです。

「アメリカ人の哲学者」はこの世に存在しないものの一つ、とは言い得て妙。

2017/07/14 (金) 23:25:16 | URL | 亡六爺 #- [ 編集 ]

六さん、この①から④、まさに至言、言い得て妙です!

ある概念に染まると、前提を鵜呑みにし、見方が固定化する。

わたしは、これがたぶん、嫌いというか、そういうのが我慢ならない性分なんでしょうね。

だから、東洋医学の固定概念の、経絡がある、気やツボがある、という前提を疑い、見方を変えようとしている。

そうして浮かび上がってきた暗在系からの言葉が、

ケイラク=軽楽。

傷みが軽く楽になる。からだが軽く楽になる。こころが軽く楽になる。

心身を軽く楽にするための経(たて)と絡(よこ)に広がった体壁のフォースフィールドが、

つまりケイラク=軽楽フィールド、という新概念。

こんな安藤昌益がやったような経絡という用語での言葉遊び、漢字変換は、たぶん、まだ誰もやっていないこと。

もちろん、気をフォースと呼び換え、ツボをドラゴン・スポットと呼び換えたのも、わたしが初めてだろう。

初めにクリエイトした初出の物件は、最初は大衆にドン引きされて、奇異な目で白眼視される運命にある。

しかし、それが本質を突いていれば、いつかスタンダードになって、それが当たり前になる。

新しい潮流を引き寄せるのは、並大抵の事では実現できない。

東洋医学は2000年の前提と見方で固定化した世界。

その見方を変え、考え方を解放しようとわたしは目論んでいるんだから、そりゃあ、ドンキホーテ並みに無謀な行為なのはわたしも百も承知。

でもこの25年余の臨床で指の底、コリの底を注意深く観察し、実験を重ねて出てきたのが、

フォース、ドラゴン・スポット、軽楽フィールド、という3つの新概念なのだ!

2000年の時代を超えて、さらなる2000年の時代へ。

クリエイティブを受け継ぐとは、こういう事をいう。

2017/07/15 (土) 05:36:41 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

重要告知!


このたび、「eしずおか」という静岡県の中部地区のサイトで、新たなブログをスタートいたしました。

業種は異なりますが、おなじ自営業を運営する知人より、アクセス数が桁違いだから、ぜひこちらでやったらどうだ、と催促されていたこともあり、

また、自分も新しい事に挑戦したいと、かねがね思っていたところでしたので、

思い切って、心機一転、新ブログを開設しました。

こちらのヨータンブログでは、これまで思う存分に、書きたいことを書いてきました。

それはそれでたいへんに有意義で充実しておりました。

しかし、いかんせん、やはり内容が濃いゆえに、どうしても読者数は伸び悩みました。

そんな事もあり、昨年末あたりから、ずっと、もう少し内容は優しくして、文章の量も小さくして、

できれば写真を付けた、そんな体裁のブログをやりたいと切望するようになっておりました。

晩年のマティスは切り絵のようなグラフィックを手がけましたが、

あんな軽いタッチのブログもいいな、とそんなブログを目指します。

こちらヨータンブログは、わたしもとても愛着がありますので、とりあえず、このまま開放しておくつもりです。

規約上、ブログ同士で誘導などは、あまり宜しくないようです。

ただ、今回はこちらの読者の皆様に何の知らせもなしに、新しいブログを開設しては申し訳ないと思い、こうして告知した次第です。

新ブログの名は「ハリィーの掌」です。

以下がサイトのURLです。

http://harikyusiatuharii.eshizuoka.jp/

まだ新しい方の管理画面の使い勝手がわからず、ページが殺風景ですが、

おいおい、画面を充実させたく思っております。

写真ももう少し大きくアップしたいのですが、どうもうまくいかない(笑)

こちらでご交流頂きました読者の皆様、コメンテーターの皆様には、

これまでのご厚情にあらためて深く感謝する次第です。

新しいブログの内容では、物足りないかもしれませんが、

またご支援、ご鞭撻の程、なにとぞ、よろしくお願い申し上げます。

まずは、ご報告まで。

2017/07/15 (土) 20:00:28 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

濃い薄い

濃いハリーと薄い(薄めたと見せ掛ける)ハリーの二極化Blogから→統合する、へ進むって今の地球の流れを表現する感じですなぁ。

ルネサンス ハリー 正に水を得た魚ですね。

2017/07/15 (土) 21:05:05 | URL | 見習い①号 #- [ 編集 ]

見習い①号さん、

いやいや、そんなたいそうな者では、まったくござんせんです、はい。

なんとなく構築的な方向からデッサンの方へ、行きたくなりまして。

マティスのあの軽いタッチ。あの軽やかさをまといたいと。

はい、そんな感じで、ひとつ新ブログも宜しくです!

2017/07/16 (日) 19:19:56 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR