0から始める東洋医学 9

わたしはこのブログを2012年の初めに立ち上げて以来、

ほぼ一貫して、ひたすら、鍼灸指圧がなぜ効くのか?

を説明するために、現代の分子生物学や遺伝子学で使われる

通常医学の用語を使用して説明することに努めてきた。

それはべつに、なにかそうしなければならない、

という特別な思い入れがあったから、そうしてきたわけではない。

ただ、現代人に受け入れやすい言葉で、

鍼灸指圧の治効メカニズムを説明しようとした時、

自然に古典鍼灸の難解な用語を使うよりは、

現代人の耳に馴染んだ生理学用語を使ったほうが、

現代人にはとっつきやすいだろう、という

その程度の思いから、そうしたまでだ。

だから、べつに現代の生理学用語で鍼灸指圧の治効メカニズムを

説明することは、すでに慣れっこであり、

いや慣れっこどころか、もう少し自分的には食傷気味、

飽きてきていたところでもあった。

ようは、わたしはここ5年ほどのあいだ、ここで

ひたすら現代人にわかるように、現代人がわかる言葉で、

鍼灸指圧の治効メカニズムを説明してきたのだ!

すけさん、かくさん、もういいでしょう。

この紋所が目に入らぬかァーーーーー、と

それで、ようやくのこと、新しい「0から始める東洋医学」の

東洋医学観を打ち出すために、

東洋医学の神髄、気の世界をいま少しずつ、

語りはじめたというのが、ここまでの流れだ。

つまり、これまでのここで構築してきた現代人の誰もがわかる

サルでもわかる鍼灸指圧の治効メカニズムシリーズは、

わたし的には、釣りというか、撒き餌というか、

大きな意味での客寄せパンダ理論と言い換えられると

今そんな感慨を抱いている。

鍼灸指圧がなぜ効くのか?

と聞かれた時に、気の調整だの、虚実を中和するだの、

とそんなまだるっこしい現代人にとって宇宙人の言葉にしか

聞こえない用語など使用できるわけがないのだ。

そんな古典鍼灸では当たり前の気という用語を多用する鍼灸コミュ特有の

因習は、一般社会には通じやしない!

そんな因習を反省せずに、気ワードを連発すれば、

現代人はドン引きして、鍼灸指圧を胡散臭い医療と断じてくる。

げんにわたしは自分の説明不足から、そうした暴言を

何度も喰らっているのだ。

でね、アタシはね、

てやんでぇ、コンチクショー、てめえら日本人が今ここにあるのは、

他でもないオメエが胡散臭いと今吐き捨ててツバをかけた鍼灸指圧が

この1500年間ものあいだ、我が国のご先祖さまたちの心身を

慰撫し救ってきたからだろーが、それもわからずに、なにさまっ?

ゴラァ〜〜〜、この罰当たりのアホンダラがぁ〜〜〜という気持ちを

抑えてだね(笑)、それで、どうしてそんなアホンダラもとい、

そんな不届き千万な、もとい、すでに東洋医学をいぶかしげな目で見る

100%の現代人たちの心に、もう一度、

どのようにして東洋医学を愛する火を灯したらいいか、

と頭をひねったわけだ。  

このない頭をああでもない、こうでもないとひねってね。

そして、ここはひとつ、こちらが現代科学にお手をして、

現代科学に寄り添うふりをすることで、現代科学の用語を

使用して、鍼灸指圧の治効メカニズムを説明しきる、という

鉄則をわたしは自分なりに編み出して、

その鉄則を守ることで、なんとか鍼灸指圧がなぜ効くのか?

の説明責任を果たす努力をしてきたというわけだ。

鍼灸指圧がなぜ効くかというと、鍼灸指圧で体表を刺激すると、

その刺激が起点となり、ヒトの体表からは一酸化窒素という

有益な分子ガスホルモンをはじめ、ヒートショックプロテインや

βエンドルフィンやオキシトシンやナトリウム利尿ペプチドなど

多くの有益な分子が分泌されてくる。

この鍼灸指圧により増大する有益な分子成分がカクテル効果を

現すことでヒトの体内外のホメオスタシスがゆさぶられて、

結果として心身の恒常性が正常化する、と説明できるのだ。

と、このくらいザックリと鍼灸指圧がなぜ効くのか?

を説明するのは朝飯前になった。

昼食後だけど(笑)

まっ、そういったわけで、とにかく鍼灸指圧がなぜ効くのか?

は科学的には十分に説明できる、ということくらいは、

完全に100%の大衆に一般化してアピールしてもいい時期となった。

機は熟した!

さあ、みんな、アピール祭りにご協力の程を!

そして、わたしは0の道をひた走る!

エンジン全開、ギュイーーーーーーン!!!!!

アクセルペダル、ベタ踏みだぜ!

スポンサーサイト

2017.07.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR