コワモテ志願

「歯磨粉で腹痛が治る程度のも暗示なら、悪名高きメスメル博士の磁気療法も暗示である。メスメルは、始め磁石を病気の処にあてると天地間に充満しているエーテル(といっても麻酔剤のエーテルではない。昔は西洋でも天地の間には『気』がみなぎっていると考え、これをエーテルと呼んだ)が伝って病気を治す自然治癒力が動きだすのだと思った。しかし彼は程なく、それは磁力の効果ではないことを見破って、自分の手で触れる一種の触手療法に切りかえた。あまりにメスメルの磁気療法の名声が高まったあとなので、これは人間にそなわった『動物磁気』のなす業だというような説明を加えた。ドイツのミュンヘンにまねかれ、アカデミー会員であるオストヴァルトという有名な学者の「完全な麻痺症状と視力障害」を磁気療法で見事に治した。彼は「絶望的な状態や、それまでどんな医者の治療もうけつけずに身体にすっかり染みついてしまった病苦から磁石療法がたちまちのうちに不思議な力で救い出してくれた」時の様子を臨床的に精細に記述して報告した。その結果、王立バイエルン・アカデミーは、荘重な様式のもとでその会員に任じ、「その学識と発見が、まったく測り知れないほど有益なるものであることを実証し、秀れた、反論の余地なき研究によって自らの名声を不朽のものたらしめたこの卓越した人物の努力は、わがアカデミーの光輝ある歴史にさらに多大の貢献をなすであろうことを当アカデミーは確信するが故にこの人物を会員に推挙するものである」という賛辞まで与えている。彼の治療法は後に「暗示療法」であるという定評になって、メスメリズムということばは「催眠術」の意味にしばらく用いられるようになった。メスメルは、痙れんや神経発作の患者を見ると、そのこめかみを撫でたり、自分の息きを吸かけたり、筋肉の走行に沿って手をぐるぐると廻した。すると突然神経にあの神秘的な震えが生じたり、不意に痙れんがおこったりし、病状が最悪の状態まで高まった時、また急にこれが寛解して、病気が治ってしまう。彼はこれを「神経分利推進学説」などと説明した。問題はこういう強烈な暗示を与え得る人は特殊な「暗示力」の所有者なのか、そういう暗示を非常にうけやすい「敏感人」がいるのか、メスメルの処に集まる患者が、世上に流布する感謝文や治験報告で「前暗示」をうけて感じ易くなっているのである。いづれにせよ、すこぶる強烈な作用であって凡手のなかなか真似しがたい療法である。素人は、どこか悪いと、「何か薬を下さい」という。くすりということばの内容は千変万化で、ただ薬といっても漠然としている。彼は一人の人間であるというのと同様である。だから鍼灸など暗示だという毒舌は無意味である。鼻くそを丸めて丸薬にしてのませるほどの暗示ということなのか。メスメルのやった位の強い暗示なのか。くやしかったら、難病の一ッも暗示で治して見ろといいたい」『ちぐあん随筆』医博 間中善雄 医道の日本 平成3年12月号




鼻くそ丸めて万金丹。

信ずる者は救われる。

たとえ鼻くそでも高貴薬と信じて飲めば、

不眠症くらいなら治るかもしれない。

しかし、長年の重いものを持つ肉体労働がもたらした

脊柱管狭窄症を原因とする激痛の腰痛症が、

鼻くそ如きを飲んだくらいで治るとは断じて思えない。

西洋医巡りを経て、どこに行っても治らなかった

激痛の腰痛が、わずか1回の私の鍼治療で治った。

これが暗示なのか?

わたしはカリスマ治療師として名が知られているわけではない。

はっきりいって、まったくの無名だ。

だから前評判の「前暗示」効果はまったくなし、0だ。

鍼灸指圧を暗示効果となじる連中にひとこと言いたい。

そもそも鍼灸指圧を受けたこともない、

鍼灸指圧をやる側になったこともないお前さんがたに、

いったい何が分かるというのか?

わかりもしない領域には敬意を持って口を慎むが宜しい。

暗示などでコリの底から竜は立ち上がらない。

気の実体など、ズブのド素人に掴めるものではないのだ!

俺の25年の臨床実績を甘く見るんじゃねえぞ!

フンッ、たまにはこんなコワモテ・ハリィーもいいでしょ?

エッ、ぜんぜん、怖くないって、アハハ(笑)

スポンサーサイト

2017.06.28 | | コメント(4) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

怖くない

優しい

2017/06/28 (水) 12:16:51 | URL | ジェミニ #- [ 編集 ]

「近ごろ、科学的な西洋医学にかぶれて、
この経絡説に疑いを持ち、これを否定する
ハリ・灸師があらわれていますが、

これこそ漢方の真実をみだし、
みずからの学問を放棄するものと
いわねばなりません。

経絡は人体に現れる事実で、
否定などできる性質のものではありません」



「ところが、わが国では大正のはじめに、
文部省に西洋医学者を主体とする経穴調査会
というものができました。

そして大正七年に文部省経穴調査報告書
というものが発表され、ついにこの中で、
『経絡の説を廃す』と規定され、
漢方医学は事実上まったく滅びてしまったのです。

そしてハリ・灸は改正孔穴というツボに
ハリと灸で刺激を与えるだけの
民間療法に堕落して、
完全にわが国の医学界から
閉めだされてしまいました。
バカなことをしたものです。

ですから、わが国には現在でも、
この経絡を否定する針灸師が
大手を振って横行しています。

このような現象はわが国だけです」



僕のバイブルの一冊、
『漢方問答』荒木正胤からの引用ですが、

「気」にしても「経絡」にしても、

人間って、
自分が理解不能なものは、
その存在を認めようとしない
ものなんだなぁ、と。

わからんから、
無かったことにする、なんて、
浅はかで、おこがましいことですね。


なんか放射能の件にも
似てるように思いますが。。



≫ わかりもしない領域には
≫ 敬意を持って口を慎むが宜しい。


ほんとに、まったく、その通り!

自分がわからないことを、
わかろうと努力するつもりがないのなら、
ハタ迷惑をかけないように、ただ黙っとけ!

2017/06/28 (水) 13:22:40 | URL | 瓜食めば #- [ 編集 ]

市販の

感化されまして、ん十年ぶりに市販の温灸を再開しました。
怠いところ、痛い処へすえてみる。あら快適。
ツボらしき⁈痛気持ち良い処へすえて熱くなるとふっ⁈っとだるさが動きます。そこへピンポイント温灸するとこれまた気分良し。
翌朝の身体の楽な事、またうれし。
素人ながら経絡はあるよと結論👍😉

2017/06/28 (水) 16:36:39 | URL | 見習い①号 #- [ 編集 ]

ジェミニさん、アレですね、

子ども相手に、怖い顔しても、

子どもはオトウがふざけてると思って、

ゲラゲラ笑ってる。この記事感、

そんな感じですかね(笑)






瓜さん、その荒木氏の本、わたしも持ってまして、

以前に常駐していた某陰謀系サイトの東洋医学掲示板で、

引用文をピックアップした時、医師などがもの凄く食いつきが良くて、

な〜る、ホンモノは、やはり心を打つもんだ、と感心した記憶がございます。

経絡説に関しては、江戸期の中神琴渓も、ウソの妄説と断じているようですが、

このへんは、有る無し論争に、なるので、今は避けます(笑)

経筋治療の名手の故・入江正氏は、古代人が実体を感得できたから経絡説が成立したという立場で、

独自の治療法を開発し、その妙技は紙面で捉えるしかありませんが、

スゴイというしかありません。ただ、ある意味、これはこれで入江流なわけで、

わたしがこれを簡単に真似するのは不可能。

そういう意味ではコレは名人芸の領域で、入江さんは、名人芸ではなくシステム化できると仰っていますが、

やはり、なかなか、このへんの壁は厚いですね。

はなし、いろいろ、ごちゃ混ぜで、スミマセン。

間中博士も五行説に関しては、口が重かったそうです。

古典を100%踏襲すべきか。ディレクションして現代風に直すか。あるいは、まったく新しい東洋医学を生み出すか。

じつは、わたしはこの最後の選択肢、まったく新しい東洋医学を生み出すルネッサンスを狙っています。

経絡はあると思えばある。ないと思えばない。そんなものかもしれません。







見習い①号さん、まったくもって素晴らしい!

ブラボー!

ご自分で温灸を始めたんですね。身体自治への最初の一歩。

身体は真剣に向き合えば、無限の可能性の扉を開いてくれます。

養生王国へのゴールデンキーは自分自身が握っているのです。

カギを開けるか開けないか、はすべて自分次第。

ヒートショックプロテインは2日後くらいにピークになるといいます。

灸後の翌日、翌々日に身体は生まれ変わっていきます。

2017/06/28 (水) 19:22:16 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR