ランチアデルタ

「ガゼットクロッチ温灸」とは、

内股部分に温灸を当てることを言うハリィー今村の造語。

効能は、足全体の血行改善による足腰の疲労感の軽減。

一昨日に思いつきで、これまであまり温めた事がなかった

太股の内股部分に温灸を当ててみた。

そして内股だけでなく外股も含めて股の周囲360度ぐるり

を温灸した。つまりお尻も、仙骨も、股関節も

すべてを温灸で温めてみたのだ。

鍼灸指圧はやってその場で即座に結果が出る事が多いが、

それだけでなく翌日や翌々日に顕著に効果が出るという

のも鍼灸指圧の特徴だ。

ガゼットクロッチ温灸の効能を昨日はとくに実感した。

わたしの左足は中学高校のバスケット部の激しい運動の

弊害で脛骨骨頭が異形化するオズクット・シュラッテル氏病の

既往がある。そのせいか坐骨神経痛も左足に出たし、

どうかすると左足の股関節に、なんともいえない痛みが

出ることがあった。それから歩くときはいつも

左足が外側に開くクセがあった。

この歩くときに左足が開くクセが、

昨日はほとんど消失しており、

左足の親指に自然に力が入る理想的な足取りが実現できたのだ。

恐らくはガゼットクロッチ温灸のお蔭で、

股関節周囲のユガミが改善されたのだろう。

先の記事で先日の休日に馴染みの服屋に出かけた話をした。

その帰り道にある光景を目撃した。

それはイタリア車専門のお店のガレージで、

タイヤを外されて、下回りの整備のために

高い位置に上げられたアルファロメオの姿だ。

このイタリア車専門のお店は静岡市では老舗で、

このお店の前を通るときは、いつもショールームに

どんなクルマが置いてあるのか見るのが楽しみなのだ。

今回は中古の白のランチアデルタが置いてあった。

カーデザイナー・ジョルジュット・ジュッジャーロが

デザインした90年代の名車だ。

カクカクした特有のエッジなデザインはいつ見てもカッコイイ。

それはともかく、吊り上げられて整備されているクルマを見て、

わたしの脳裡に様々な連想が湧いた。

クルマは言ってみれば四つ足動物いや四つ足マシンだ。

このようにクルマは生き物ではなくマシンだから、

生き物のような自然治癒力という自己再生能力は有しない。

よってあのようにタイヤを外して、

自重を支える部分の一番大事なサスペンション付近を

念入りに掃除し新たな潤滑油を注ぐことで、

クルマとしての寿命を伸ばすのだ。

こういう作業を定期点検とか車検と呼ぶ。

人間は四つ足動物でも四つ足マシンでもなく二つ足動物だ。

さて、ヒトの躰の重さのプロポーションは

どうなっているのだろうか。

ヒトの足1本の重さは体重50キロの場合は、

17.5%、なんと片足だけで8.8キログラムの重さだ!

ちなみに、頭の重さが3.5キロ(7%)、

胴体が23キロ(46%)、

片方の手が3キロ(6%)となっている。

そしてこれらの重さの配分を仙骨付近に重心をとって

バランスを保っている。

相当にアンバランスな自重配分をどうにかいなす曲芸が

ヒトの二本足直立歩行というわけだ。

ということは、ガゼットクロッチ温灸を当てる股関節周囲には、

つねに体重の上屋部分の、頭+両手+胴の重さの65%が

加算されている計算になる。

全体重50キロの場合は32.5キロもの重さが、

つねに股関節周囲の筋群にのしかかるのだ。

30キロを越えるオモリをつねに支えているのが、

両足の股関節とその周囲の筋群というわけだ。

だからこの部位にはあらゆるユガミ、

疲労が蓄積するのは当たり前と言えるのだ。

もしもヒトが四つ足マシンならぬ二つ足クルマならば、

あの吊り上げられたアルファロメオみたいに

両足のタイヤを外してサスペンション付近に相当する

股関節を掃除してその周囲の筋群を新品のパーツと

入れ替えたいところだ。

しかし、いかんせん、ヒトはクルマではないから、

それはかなわない。

ではあるが、ガゼットクロッチ温灸を実行すれば、

ほとんどそれと同じ効果が発揮できることを、

昨日の自分のシットリとした歩行の感触で実感した。

ショールームに飾られたランチアデルタも、

充分にガゼットクロッチ温灸もとい

整備を終えて、またいつか、どこかのオーナーに

引き取られて、ともに生を全うしていくのだろう。

現代人は愛車の車検には熱心だが、

わが身の肉体の整備には随分と無頓着だ。

ガゼットクロッチ温灸を実行していけば、

股関節が長持ちしそうだ。

ガゼットクロッチ+サルエルジーパンが

私に新たな気づきをプレゼントしてくれた。

スポンサーサイト

2017.06.24 | | コメント(7) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

今日の施術大正解でした!

夫 家に着いたら俄然元気に。まさかの借りてる畑に出かけ 草とりと玉ねぎの収穫して戻りました。
近々田舎への移動を控えており不調をあんじていましたが また元気に移動できます。

夫、痛かった足を庇っていて凝ってたのを先生
が丁寧にほぐしてくれたからもう治ったんだそうです。
農作業にも支障ナシ…フフ m(__)m

2017/06/24 (土) 17:55:14 | URL | ばっちゃんわらす #- [ 編集 ]

チャック・ノリスが先駆

英訳すれば、
まんまアブソーバだから。笑

いやいや股関節のお話し。
あたしの記憶が正しければ
(アテになんない)笑
股関節の可動域自由自在のジーンズを
初めて草案したのは、
コロセアムで小龍にのされたはずの
チャック・ノリスだったんだよね。爆笑

履いちゃいないけど、
気持ちは痛いほど分かる。

そんでね、先生。
此処が固くなると、
歩いてても地面の衝撃がモロ
アタマに来るの。
あたしも年取って気づいた。

ご高齢の方々、
歩きゃ良いってもんじゃない。

足首。
膝。
股関節。
腰椎。
首。
と緩衝域は多々あれど、
わけても、股関節の柔軟性!
これに留意すれば、
ウオーキング・ドランカーなんて
マサカを回避出来ると思うのあります。

2017/06/24 (土) 18:49:32 | URL | 陣中見舞い #- [ 編集 ]

ばっちゃん、本日はご来院ありがとうございました。

エッ、おとうちゃんの左足先の通風的痛みが、ほとんど完治?!

で、いきなり帰宅して、畑仕事って。

さすがに市井の仙人は治りが早い(笑)

マジな、はなし、当該部位の膝から足首の前脛骨筋に、

そこそこ強いコリがありましたので、

そこはかなり念入りにほぐしておきました。

和歌山から掛川に帰ってきたら、またご来院ください。

ヨガブログ、まだ? ヒヒヒ(笑)







陣さん、こんなニッチなネタに反応してくれるのは、

陣さんだけです(笑)

チャックの良さは、年とると、わかってくるね。

たしかに、ブルースリーと対決してる時のチャックのパンツも、

ナニゲにいい感じの太パンでしたね。

自分がいつからか、ずっと追及しているのが、

この人間だけがやってる直立二足歩行という身体操作について。

コレって、相当に追及のしがいがある領域なんです。

そう、ものすごく、とんでもなく、超が1000個つくくらいに、

実は大変な作業が直立二足歩行なわけです。

ですが、そこを追及した医療者はこれまで、あまりいないんじゃないか、と。

そもそも、どこに重心を置いて立てば疲れないか、

それすら誰も教えてくれない。

まして、どんな風に歩いたらいいのか。

こんな簡単な命題も解決不能でスルーされてる。

陣さんが挙げたGショックアブソーバーを、いかに活用して、

いかに手入れしたらいいか。

このへんが実は超重要な養生命題としてクローズアップ現代なんですね、ここ的には。

でね、アタシが今もっとも注目してる部位が沢尻エリカじゃないけど、

尻、ヒップ、というか、いやもっとニッチな内股とか腰骨の張った周囲とか。

この大臀部を作る筋群が相当にGショックを吸収して内部で凝ってるとちゃうんかいな?とね。

ここいらを念入りに温灸であっためたら、なんだか妙にハイテンションになってきた(笑)

大小便の解毒のためのエグゾーストパイプが近くにあるのも、関係しているかも。

この問題、今後、最重要ネタとして、自分的に追及していきます。



2017/06/24 (土) 19:32:16 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

追伸、陣の兄ぃ、いや慧眼!

じつは昨日、常連さんが、このヘロヘロのドランク歩きで這うように治療院に来まして。

どうも、仕事で重いモノを持って運び、休日には歩け歩けの仲間と、そこかしこに歩きに行っていたそうです。

ようは歩き過ぎ、Gショック負荷のかけ過ぎ。

その挙げ句の泥酔歩きで、足がうまく上がらないという主訴で来院しました。

それで、股関節付近をよくほぐし、コシやお尻上部にハリで、

治療後、帰るときには、かなりイイー!とマトモな歩きになって帰りました。

重力、直立二足歩行を、あまくみてはイカンぜよ。

2017/06/24 (土) 20:15:15 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

灯台もと暗し


西洋医学はもちろん、東洋医学も見逃している養生の秘訣になるナニカが

きっとどこかにある。

そんな秘宝を私はずっと探している。

例えば先日にピックアップした「顎裏を押す運動法」なども、

そのひとつ、になる得るだろう。

でも、アレはすでにベンネットという御仁が発見したもの。

そういうすでに誰かが発見した借り物ではなく、

まだ人類の先人未踏の養生領域を発掘したい。

沢尻エリカもとい、ガゼットクロッチもとい、

チャック・ノリスもとい、

どうもここいらあたりにキングドラゴンが潜んでいる予感がしてきた。

まずは実践あるのみ。

実践を通して竜王ハンティングに勤しみたい。

2017/06/25 (日) 07:33:40 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

過日、
知り合いだったオねーちゃんと雑踏でバッタリでくわいましたよ。
いや、元オねーちゃんね。
お互い、経年進化した容貌の上に
過去の痕跡を認めて笑い合ったのですが、
ぶらり歩を進めて先行するあたしを見て、
今は貫禄の彼女が言ったもんです。

あんたのお尻何処へ行った?!って。笑

あたしの地力は尻と共に去りぬ、か?
欠を割ったのか!

桃尻観相編

2017/06/25 (日) 09:17:14 | URL | 陣中見舞い #- [ 編集 ]

陣さん、

野球選手好きの御婦人方がお目当ての選手のどの身体パーツに惹かれるかというと、

こぞって皆さん、お尻と仰るのは、たぶん常識でしょうね。

野球選手のお尻、たしかにキレイでカッコイイ、というか、単純にデカイ(笑)

陣さんの往年の桃尻もそれはそれは大きくお綺麗であられたのでござんしょうね。

アタシは、もともとしなびた貧尻ですから、とくに経年変化は感じないかも(笑)

尻内の筋群を解析すれば、かなり面白いのでしょうが、どうも先頃、それらしい出版物が刊行されてしまった。

医道の日本社から有名トレーナーが大殿部にポイントを絞った本を出してます。

一歩先を越されたか。

いやいや、こちらは、さらに奥深くまで解析しますさかいに。

クンダリニーなんかも仙骨オンリーで捉えますが、これを拡大してもエエんとちゃうかいな?とか。

丹田をもっと拡大していくとか。

大きな意味で銀河系の中心のブラックホールのように腰部を捉えてみる。

ふむ、やっぱ俺、富田勲のCD「コスモス 宇宙幻想」を治療院のBGMにしてるだけのことはあるな(笑)

2017/06/25 (日) 09:39:39 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR