ユートピア

「実はミトコンドリアは昔、独立のバクテリアだったのです。今から30億年も前のこと、地球上にまださまざまな種類のバクテリアしか存在しなかったころのことです。当時の地球の表面にはまだ酸素はほとんど存在せず、バクテリアたちわずかな有機物を拾い集めたり、無機分子からわずかのエネルギーを取り出したりして、ほそぼそと生活していました。ところが、その中のあるものが特殊なタンパク質を持つようになり、太陽の光からエネルギーを取り出す能力を身につけたのです。そして、このエネルギーを利用して空気中にふんだんにある炭酸ガスから有機物を作るようになりました。光合成細菌(シアノバクテリア)の出現です。光合成は、ほとんど経費をかけずに、身体を作る材料である有機物を生み出してくれるので、光合成細菌はおおいに繁栄し、やがてより効率の良い方法で光合成を行うようになりました。ところがこの改良型は、最終産物として酸素を放出する性質を持っていたため、何億年もこの営みを続けているうちに、地球環境中に酸素が蓄積されることになったのです。酸素は非常に反応性の高い物質であるため、細胞の内部にまでどんどん侵入して、いろいろな分子と勝手に結合してその性質を変えてしまうので、生命活動を攪乱するまでになりました。私たち人間になくてはならない酸素も、このころのバクテリアにとっては猛毒以外の何ものでもありませんでした。この猛毒から身を守るために、あるバクテリアは地中深くにもぐり込み、別のバクテリアは何匹もが融合して身体を大きくし、DNAを細胞膜に付着させたまま体内に取り込みました。これがミトコンドリアの祖先です。こうしてDNAを身体の中心において細胞質で包んでおけば、侵入してきた酸素は最初に出会ったタンパク質などの細胞質成分と反応してしまい、DNAに取りついてこれを変質させることも滅多になくなります。このようにいろいろなバクテリアが酸素の毒から逃げ回って右往左往しているかたわらで、ミトコンドリアの祖先は、酸素を利用してブドウ糖から効率良くエネルギーを取り出す代謝経路を作り出すことに成功しました、つまり、毒を薬に変えてしまったのです」団まりな著『細胞の意思 自発性の源を見つめる』NHKブックス




アゴ裏のコリをほぐすベンネット考案のアゴ凝りリリース運動法も、

右肩を上げて胃液分泌を高める方法も、

ムーンウォークよろしく後ろ向きに歩く方法も、

三呼一吸の丹田呼吸法で自律神経を調節する方法も、

すべては血流を促進し、酸素を効率よくヘモグロビンに結合し、

全身の60兆個の細胞内に棲む1京8000兆個のミトコンドリアに、

酸素と栄養素をタップリと送り届けてATPと体熱を

ミトコンドリアに旺盛に産生してもらうための最良の養生メソッドだ。

今から12億年前にミトコンドリアが始原真核生物の体内に共生した。

ミトコンドリアは真核生物の体内に住み家を見つけ、

そのなかでホストである宿主細胞と共に生きることで、

すべての真核生物の体内にユートピアを築いたのだ。

わたしたちヒトもミトコンドリア・ユートピア共和国の一員なのだ。

いかにすれば無病息災で健康な一生を送ることができるのか?

その答えを求め続けるなかで、

わたしはミトコンドリアという存在に到達した。

「聖人と称し仏陀と号するも もとよりひとなれば、

畢竟 我 講求討論の友にして師とするものは

ミトコンドリアなり」

懸垂をやり、ストレッチをやり、青竹踏みをやり、

鍼を打ち、灸をすえ、自己指圧に励み、

食事にそれなりに気を使い、

そうしてわが身に共生するミトコンドリアと対話することで、

わたしのコンテンツは出来上がっている。

わたしのコンテンツは無名ゆえにたいしたことがないのか?

名がある者だけが素晴らしいわけでもあるまい。

ここに挙げている文献と同じく私の言葉だって負けていないはずだ。

我が師はミトコンドリア。

スポンサーサイト

2017.06.11 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR