体は治すのではなく作る

治療とは何だろうか。

治す、は治療師の仕事だが、

治る、は患者の生命力の問題だ。

治すと治るがひとつになった時に、

治療は成功したと言える。

しかし、それは考えてみれば、

そんなに簡単な事ではない。

治す、つもりで治療師が

治療をしても、

治る、だけの生命力が患者の側に

なければ、治すと治るは一体化しない。

あるいは、治す、がヘタでも、

それを補えるほどの生命力が

患者側にあれば、それは治すと治るが一体化して

治療が成功したように見える。

また、治す、がどれほどうまく高度でも、

治る力が落ちてしまった非可逆的な病症では、

治すと治るが一体化する事は不可能だ。

治療師に世間一般が要求するものは、

治せて当たり前、という偏見だ。

しかし、よく考えてほしい。

上述したように、ほんのちょっと思考を巡らすだけで、

治すとか治るがそれほど単純ではないことが

わかるはずだからだ。

先日、常連さんと話していて、

いま言ったような話題になった。

いくら治すと言っても、

治すとか治るとか、そんな単純な話じゃないよね、と。

それでその常連さんは、

「うん、だって、自分が不養生をしていて、

それが原因で症状が出ているんだから、

それを治せ、というほうがおかしいわけよね」

と、まったくもって素晴らしいご返答に、

わたしは感無量になった。

治せて当たり前。

こんな偏見を治療師に押しつけるのは、

お門違いなのだ。

またカリスマ治療師に頼れば、

なんでも治るなどと、思わないほうがいい。

その治った奇跡の例の隙間には、

治せなかった例が夥しく累積しているだろうから。

西洋医に診てもらってもいっこうに良くならなかった症状が、

私の治療で良くなるケースはある。

しかし、それは治すと治るが一体化したそれなりに

マレな例だと自重を込めて言いたい。

ひとつやふたつの成功例を大げさに宣伝して、

まるで万病が治せるようにアピールする、

そんなマーケティングが世間にはたくさんある。

でも、わたしはこれまでそんな破廉恥なマーケティングを

やったこともないし、やろうとしたこともない。

もっとも、治療院の壁には42歳の二人目不妊が

治り、無事に出産した成功例を一例だけ、

貼ってはある。

でも、この一例だけ。

もちろんその他の症例や同様の成功例は

相当数あるが、それは当たり前だが自慢したり、

マーケティングに利用するような事ではない。

治って当たり前。治せて当たり前。

このプレッシャーに私は、

25年間さらされてきた。

自分の症状がその治療師の治療で軽くなれば、

その治療師の腕が良い、と患者は思う。

しかし、もしもたいして症状が好転しなければ、

あいつはたいしたことはない、

とレッテルが貼られるのだ。

いや、一度で何でも治るものではないし、

もしもすべて一度で治るなら、

まさしく神の手、カリスマだよ。

月1回でも通い続けて、

顔面痙攣が完治した御婦人が、

いまも毎月通っている。

体は治すのではなく作る、のだ!

スポンサーサイト

2017.04.10 | | コメント(8) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017/04/11 (火) 14:19:40 | | # [ 編集 ]

Wさんへ

先日は遠くから、お足もとの悪いなか、

はるばるお越しくださいまして、

本当にありがとうございました。

その後、お身体の調子はどうですか。

なるほど!

試行錯誤してみます。

どうも色々とありがとうございました。

またのご来院を楽しみにしております。

2017/04/11 (火) 19:50:41 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

出会いを喜び,セルフケアの日々

 医者で治らなかったのが1回で治ったのは本人(夫)にとってとてつもなく大きいです。あれ以来,夏でもタオルとかできるだけ暖かいものを首に巻いてねてるし,体への気遣いも180度変わりました。
 
 また月1回の先生の指圧も大変意義と喜びを感じているようです。夫の目まい1回で効きましたよ←コメント欄のみなさんへ
 夫は鍼も灸も嫌いですが指圧は喜んで受けるようになりました。一応夫の症状でしたが

近くの医院では血圧と聴診器,体温異常なし,聴力異常なしで,耳鼻科に行くようにと言われた。耳鼻科では前提神経炎の診断。薬を2種類処方された。
 メリスロン錠6mg(目まい改善),ナウゼリンOD錠(吐き気,胸やけ緩和)も2種

 吐き気が強く水しか飲めない時にこの薬を2錠ずつ2日間 計24錠飲んだところ
 何の変化もなかったどころか,胃が気持ち悪いが数段強くなり,1週間分の薬が終わるまでこのままなんて我慢できないというので,先生のところに連れて行き,帰りは普通に歩いて帰りました。医者では,目まいをとるのは簡単ではなく,目まいに慣れる?リハビリもあるそうです。83才夫も68才私も,医者通い全くしていません。私は30年以上。
 ここでは普段の生活ぶりも察知され,柔軟な指導してもらえますよ!頑張りましょう!

2017/04/12 (水) 08:53:08 | URL | ばっちゃんわらす #- [ 編集 ]

1回で治せるものは、その場で治す。

そのくらい出来なくてはいっぱしの治療師とは言えない。

ただ、それは決してそんなに簡単な事ではない。

薬物も使用せず、近代機器も使用せず、

ただこの手、この指だけで、

1回で劇的な寛解をもたらす。

これがどれほど素晴らしい技術か!

と、果たして、この事にどれだけの共感を得ることができるだろうか。

現代人は、マスメディアに徹底的に洗脳されて、

脳味噌がシワ無しのツルッツルになっちまってる。

だから指圧? はぁ〜? ただ手で、指で押すだけで何が出来るの?

というのが、99%の皆さんの認識。

カリスマドクターがコンマ単位の心臓手術や脳外科手術をこなすと聞けば、

誰だって、へへぇ〜と、頭を地面にこれでもかとこすりつける。

でも、指圧で眩暈が一発で治ったと聞いても、

ふぅ〜ん、そんなマグレなこともあるよね、

くらいのリアクションが関の山。

そんななかで、フラフラの旦那さんを、

這ってでも当院に連れてきた、

ばっちゃんの肝っ玉はさすがなんです。

それで、1回の一発治療で良くなったら、

ほな、さいなら〜ではなく、

それから、しっかり月1のルーティンに

当院通いを組み込んだお二人の賢さ。

また養生アドバイスを完璧に自分のものにして実践する姿勢。

出会いをチャンスに、出会いをライフスタイルに、

出会いを移住に(笑)

ばっちゃんご夫婦には、こちらこそ、色々と学ばせて頂いております。

2017/04/12 (水) 19:33:43 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

そうそう移住だった!←忘れてた

やあ よく忘れられる…そもそも 先生ちの近くに移住したんだった…😅
ストーカーと間違われないように50分程離れたところにね…🙆
夫婦共 簡単に移住できるトンデモ夫婦…

2017/04/12 (水) 21:12:47 | URL | ばっちゃんわらす #- [ 編集 ]

リアル養生アルカディア


人生の究極の目的とは何ぞや。

養生の楽園。

それがもしも創設できたら、それはそれで素晴らしい。

ばっちゃんご夫婦は、すでにそれを実践している。

目の付け所が違うんです!

2017/04/13 (木) 05:54:49 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

だから養生法!

移住も定住も最期は一人。

こんなに面白い人生は味わいつくして 飽きたころポックリ死にたいな。
だから養生法!

釣りが好きで,気ままに日本を出て長年世界のあちこちで釣りしてきた人が50才過ぎて東南アジアの国で奥さんもらって定住はじめたら,子供2人できて,子供の出来が良すぎ大学までの学費ねん出の為,70才過ぎて日本に出稼ぎ中という番狂わせも発生するらしいが… ←ちょっと御縁があった人… 

自由人を留め置くことは誰にもできない…

2017/04/13 (木) 08:51:17 | URL | ばっちゃんわらす #- [ 編集 ]

マーケティングのターゲット、付属物として生きるか、

それとも真の自我に目覚めるか。

ほとんどのひとは、自分らしく生きてるつもりで、

じつはメディアや教育が植えつけた洗脳価値観に踊らされてるわけです。

個性を出してるつもりが、ただ選ばされているだけ。

そうして、東洋医学をまともに見ることができない皆さんは、

とても損をしている、ということにも、たぶん、

永遠に気がつかない。

ばっちゃんご夫婦は、そういう意味では、本当に珍しいタイプ(笑)

これだと思ったら、即、遭ってみて、ダメならソッコーで切り捨てる。

良ければ完全にものにする。

自我の欲求に素直に従うことで真贋を見抜いている。

わたしもそうありたいです。

下積み25年。

いよいよ、新星デビューです!

2017/04/13 (木) 19:22:43 | URL | 今村光臣 #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR