わかりにくいは素晴らしい

いつからか、わかりやすい、という事が、

もっとも大事なことのように言われ始めた。

漢字でそれまで表記されていた地名や町名が、

いきなり平仮名に変わったりして、

驚いたのも今は昔だ。

あらゆるものがわかりやすくゆるくなるトレンド。

そんななかで生まれたのが、ゆるキャラだ。

たいしてカワイクもないテキトーなデザインの

意味不明なキャラクター。

本当にこんなものが世界に誇るクールジャパンなのか。

私にはこうした、わかりやすいゆるゆるトレンドは、

まったくもって恥も外聞もないくだらないシロモノに

しか思えないのだ。

職人たちが魂を込めて作ったものは、

決してわかりやすくもないし、ゆるくもない。

アスリートをはじめとした一流を目指す者たちは、

決してゆるい日々を送ることはない。

ゆるいモノを作り、ゆるい生き方をしていれば、

そんなモノは売れなくなり、そんな生き方では

一流にはなれないからだ。

わかりやすくゆるくすることは、

低レベルに合わせることと同義だ。

わたしたち鍼灸指圧師は、

わかりやすく鍼灸指圧の効くメカニズムを

一般に公開する義務がある、と私は思い、

これまでわかりやすい科学的な説明に

注力してきた。

しかし、どういうわけか、ここに来て、

そのわかりやすい科学的な説明が、

とても幼稚で荒っぽい論説に思えてきたのだ。

なぜ、そんな風に思えてきたのか、

自分でも不思議でわからないのだ。

たぶん、もうそんな時代に迎合して媚びる論説に、

飽きてしまったという事はどうもありそうだ。

中世の鍼術指南書の古典文献などは、

どうにもわかりにくい。

専門に研究している鍼灸家でも、

その意味がわからない言葉が幾つもあるのだ。

同じ時期に書かれた同様の書物などと照らし合わせて、

一言一句を吟味する地道で粘り強い探求心が要求される。

そんなアスリート同然の求道者が解凍した古典コンテンツは、

わたしのような在野の凡人が読んでも

一度ではとても理解できない。

しかし、何度も読んでいるうちに、スッとその意味が

溶け込んでこちらの体内に入りこんでくる瞬間が訪れる。

そんな時、この道を選んで良かったと思えるのだ。

わかりにくいからこそ、しがみつく。

わかりにくいからこそ、飽きない。

わかりにくいからこそ、わかった時の感動が大きい。

わかりにくいことに、本当に大切なことが隠されている。

わかりやすいゆるゆるトレンドは、

人々からわかりにくいことを探る楽しみを

奪っているとしか思えない。

鍼灸指圧は胡散臭くわかりにくいだって?

そうだよ。

だから鍼灸指圧は素晴らしいんだよ。

ちょっと聞きかじったくらいで鍼灸指圧の凄味なんか

アンタにわかるわけがないじゃん。

こっちは25年かかって、鍼灸指圧の凄味が

ようやくわかってきたんだからさ。

わからない世界をわかろうとする。

そこからコミュニケーションが生まれるのだ。

わかりにくい世界に入って本当に良かった。

わかりにくい万歳(笑)

わかりにくいことはまったくもって素晴らしい。

スポンサーサイト

2017.04.10 | | コメント(0) | トラックバック(0) | 養生クリエイター

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

プロフィール

kouhakudou

Author:kouhakudou
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR